「小さなコミュニティ」
0

    教会堂の2階で毎週行っている

    セルグループのひとつ

    「ジーザス」の仲間たち

     

    聖書のことばに

    自分自身と

    自分自身の生活を

    照らして

    見えてくる部分を

    自由自在に分かち合い

    祈り合う場

     

    フラットな

    関係

    みんなニックネームで

    呼び合います。

     

    私は「HIROさん」

     

    このセルグループの

    ルールは三つ

     

    1.一方的に教え込むことはしない

    (「互いに」教え合うことこそ大事

    我以外皆師!)

     

    2.裁かない

    (裁かれると、

    人はみじめな気持になり

    心を閉じて

    二度と話したくないもの)

     

    3.秘密厳守

    (これがあってこそ

    安心して

    自分自身の弱さを

    分かち合えるもの

    それと同時に、

    言いたくないことは

    言わなくていい自由も保障)

     

    いわゆる聖書研究会とか

    聖書の学び会などで

    知識を詰め込むだけでは

     

    私たちの人格は

    なかなか成長しません。

     

    私たちの人格の成長は

    関係性の中で初めて

    培われていくもの

     

    そんなことで

     

    わたしたちの教会には

     

    みなが

    主イエスのような品性に

    変えられていくことを目指して

    12のセルグループの

    集まりが

    ウイークリーベースで

    設けられています。

     

    聖書によると

    創造主は

    人間を

    創造するにあたり

    「神のかたち」に似せて

    創造されたと

    書いています。

     

    「神のかたち」=神のご性質

     

    聖書の神は、

    父、子、聖霊

    三位一体にして

    唯一という

    「関係性の中で存在する」お方

     

     

     

    「一」神ではなく

    「三位一体唯一」神

     

    「ひとりの神」の

    「ひとり」に相当する

    旧約聖書ヘブル語は

    「エハド」で

     

    これは

    他と離れた「一つ」の意味ではなく

    関係性、つながりを持った

    有機的な「一つ」の意味です。

    (たとえば、一房の葡萄の「一房」のよう)

     

     

    つまり

    そういう神に似たものとして

    私たちが創造されたということは・・・

     

    わたしたちは

    神との関係

    人との関係の中で

    はじめて人間らしく

    生かされていくことが

    できるということ

     

    コミュニティが必要だということ

     

    人は

    人によって傷つきもしますが、

    人を通して癒しも与えられる


    4:9 二人は一人よりもまさっている。

    二人の労苦には、良い報いがあるからだ。
    4:10 どちらかが倒れるときには、

    一人がその仲間を起こす。

     

    倒れても起こしてくれる者のいない

    ひとりぼっちの人はかわいそうだ。


    4:11 また、二人が一緒に寝ると温かくなる。

    一人ではどうして温かくなるだろうか。


    4:12 一人なら打ち負かされても、

    二人なら立ち向かえる。

    三つ撚りの糸は簡単には切れない。

    (旧約聖書 伝道者の書4:9〜12)

     

    友人の精神科医の

    話によると

     

    精神疾患をかかえて

    関係性を築くのが困難な人の場合

     

    一定期間「ひとりきり」に

    させてあげることも

    必要な場面が

    あるそうですが・・・

     

    たとえ

    そのような人でも

    いつまでも

    「ひとりきりのまま」に

    しておくことは

    良くないそうです。

     

    私たちも

    今一度

    周囲を見回して

    みたいもの

     

    「ひとりきりのまま」に

    なっている(されている)人

    (とくにご高齢者や幼子)が

    いないか?

     

    「ひとりきりのまま」

    でいることは

     

    「神のかたち」からずれた

    ままでいるということですから

    何らかのヘルプが必要

     

    適切なお声かけや

    援助、サポート、寄り添いが

    必要

     

     

    日本人は、

    自分の心を

    分かち合う時

    個人差はあるでしょうが

    一般的には

    5人を越えると

    それが、難しくなる

    そうです。

     

    心を

    定期的に

    分かち合う仲間のMAXは

    5名ということに

    なりそう

     

    わいわい

    がやがや

    多ければいいって

    もんでもないようです。

    多すぎると

    むしろ疎外感を

    覚えてしまいやすい

    ともいいます。

     

     

    釧路市内で

    異業種間で

    「アルコール」のヘルプを

    借りなくても

    心を自由にシェアできる

    コミュニティーが

    あちこちに

    たくさん増殖できるようにと

    願ってます。

     

    朝夕の冷え込みが

    厳しくなってきて

    釧路ではここ最近

    あいさつ代わりに

    「秋だね〜」「そだね〜」

     

    人間関係も

    天候も

    冷え込むと

    さまざまな体の部位に

    痛み生じてきますね〜

     

    コミュニティへの

    渇きが増す季節かな〜

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    「和の教会」(津軽三味線教室 2018.8.8)
    0

      2018.8.8

      昨晩、教会堂で行われた

      第5回 津軽三味線教室

       

       

      みなさん、お仕事帰りのお稽古

      弟子屈町でお勤めの方も

      退勤後

      運転して来られました。

       

      ふだん講師として来られる

      新田昌弘さんは公演と重なり

       

      今回は

      新田さんのお弟子さんのおひとりである

      Aさんが

      ご指導くださいました。

       

      お弟子さん

      とは言え

      今年の津軽三味線日本一決定戦で

      全国3位のすごい腕前!

       

      Aさんは

      お仕事をされながら

      30歳から津軽三味線を習い始め

      わずか5年

      若干35歳で

      全国3位受賞

      驚きです!

       

      すぐれた師(4年連続全国優勝の経歴)から

      学ぶと

      すぐれたお弟子さんが

      育つのですね。

       

      われも、主イエスの

      弟子とならん・・・

       

       

      みなさん熱心にお稽古に集中!

       

       

      私は2階に居ましたが

      アメイズイング・グレイスの

      メロディーも聴こえてきましたね〜。

       

       

      お稽古後

      さわやかな笑顔

      お疲れさまでした!

       

      和の雰囲気が漂う教会堂

       

      和気あいあい

      とても楽しかったようです。


       新しい歌を主に歌え。

      喜びの叫びとともに巧みに弦をかき鳴らせ。

      (旧約聖書 詩篇33:3)

       

       

      みなさまのワンクリックは
      大きな励ましとなります!

       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

      カテゴリ:- | 05:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      「今月の宗教教誨」(2018.8.7)
      0

        2018.8.7

        午後6時40分

        釧路刑務支所駐車場にて

         

        朝夕は

        肌寒い釧路ですが

        講堂はぽかぽか

        ランニング姿の受刑者の姿も

        そこに集う方々の

        聖書に対する熱い視線に加えて

         

        階下にある

        洗濯・炊場から伝わる

        熱気も・・・

         

         

        「胴上げされて

        コンクリートの上にたたき落とされたこと」

         

        「お酒飲んで、ハイキックして転倒して

        後頭部をぶつけたこと」

         

        「ステージから前方に

        落ちて

        鼻を床にぶつけたこと」

         

        「オートバイに乗っていて

        前方の車両の窓ガラスに頭をぶつけてたこと」

         

        「高校球児だったころ

        キャッチャーをしていて

        打者のファールボールが股間に当たり

        激痛と吐き気がしたこと」

         

        「工事現場の3階から

        足場が崩れて

        落下して

        肋骨を折ったこと」

         

        「小学生のころ、

        足の親指をぶつけて

        病院で

        ツメをペンチで

        抜かれたこと」

         

        などなど

         

        昨日は

        毎月定例の

        釧路刑務支所での宗教教誨

         

        9名の受刑者と2名の刑務官の方々と

        濃密な1時間を

        過ごさせていただきました。

         

        今回は

        冒頭で

        「痛かった思い出」を

        お互いに分かち合い

         

        旧約聖書のイザヤ書53章全体を

        みんなで声を合わせて読み

        その意味を考えて

        味わうひとときを

        もちました。

         

        人生で私たちが直面するありとあらゆる痛みを

        理解し、同情することができるお方は

        この方(主イエス)

        をおいてほかにはいないことを

        みんなで確認して

        励まし合うことができ

        感謝でした。

         

         

        自分の自己中心的な

        罪のために

        神のひとり子

        主イエスが

        十字架で

        苦しみ

        痛みを味わい

        神からのさばきを

        身代りに

        受けて

        くださったこと

         

         

        主イエスを

        罪からの救い主として

        信じるだけで

        罪ゆるされ

        永遠のいのちにあずかり

        神の子とされることの恵みを

        覚えました。

         

        最後に

        全員で

        大きな声で

        神の前で罪の告白と

        悔い改めの祈りを

        おささげしました。

         

        来月4日の再会を

        待ち望みつつ・・・

         

         

         


        53:4 まことに、彼は私たちの病を負い、

        私たちの痛みを担った。

        それなのに、私たちは思った。

        神に罰せられ、打たれ、苦しめられたのだと。
        53:5 しかし、彼は私たちの背きのために刺され、

        私たちの咎のために砕かれたのだ。

        彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、

        その打ち傷のゆえに、私たちは癒やされた。

        (旧約聖書 イザヤ書53:4〜5)

         

         


         

         

        みなさまのワンクリックは
        大きな励ましとなります!

         にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

        カテゴリ:- | 08:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        「ガイアの夜明け」今晩必観!
        0

          https://youtu.be/8fLgrKonsP4

           

          今晩午後10時TVH「ガイアの夜明け」

          釧路湿原が紹介されます。

           

          われらがくしろっこ

          釧路湿原カヌー&釣りガイド

          高橋秀幸さんが

          紹介されます!

          ぜひ、みなさん、観ましょう!

           

          みなさまのワンクリックは
          大きな励ましとなります!

           にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

           

          日本最大のカルデラ湖、屈斜路湖から

          日本最大の湿原、釧路湿原を

          貫く釧路川の案内人

          高橋秀幸氏

           

          高橋さんは

          釧路湿原を幼いころから

          体で知りつくされた

          代表的ツアーガイドさんで

          グレイス・フィールドという

          ツアー企画会社

          https://www.gracefield946.com/

          を立上げ

          多くの方々に

          ダイナミックかつ優しい

          釧路湿原という自然の

          醍醐味を紹介してくださっています

           

          会社をたてる準備に

          あたり高橋さんは

          なんと年間2500キロメートル

          釧路川をカヌーで移動され

          1日8キロコースを

          3〜4回

          回られることも

          おありでした。

           

          私は高橋さんのファミリーには

          大変お世話になっていて

           

          お父様は釧路管内の自然を

          地図に記載されていない

          細かな部分

          (たとえば

          どっから新鮮な湧水が出ているかなど)まで

          知りつくされて

          地図を携行せず

          釧路管内の山川を

          めぐりつくせる方

           

           

          1年中自然を満喫されていて

          私も

          ご一緒にきのことりに

          連れて行っていただいたり

          自然水の湧水を

          汲みに連れていっていただいたりして

           

          お世話になっています。

           

          秀幸さんは

          そのご子息として

          幼少のころより

          お父様に連れられて

          釧路湿原のあちこちの

          素晴らしさを

          体に沁み込ませて

          いただけたのではと思います。

           

          お母様は

          わたしどもの教会メンバー

          お母様の

          愛の祈りによって

          育まれた秀幸さんは

          釧路湿原を創造された

          愛とやさしさに

          満ちた創造主を知らされ

           

          釧路湿原への

          郷愁もさらに深められたことと

          思います。

          幼いころ

          教会の日曜学校へ

          顔を出していたころの

          秀幸さんのこと

           

          高校時代の秀幸さんとは

          教会堂の中で

          腕相撲したりして

          楽しんだ思い出も

          よみがえります。

          数年前

          兵庫県から60代の実業家夫妻が

          釧路を訪ねるにあたり

           

          事前に

          「釧路の自然を体感できる

          ツアーを紹介してほしい」

          と頼まれた際

           

          高橋さんの

          グレイス・フィールドを

          紹介させていただきました。

          ご夫妻は後で

          興奮されて

          大変喜ばれていました

           

          釧路湿原というと

          バスやレンタカーで

          北斗展望台、

          細岡大観望

          コッタロ湿原等を回り

          湿原の木道を歩いて

          「湿原良かった〜」と

          済ませてしまう方が

          少なくないかもしれません。

          それはそれで素晴らしいですが

           

          (とくに旅程が詰まっている方は)

          しかし

          釧路湿原を本当の意味で

          体感されたい方は

           

          湿原の内側に

          入りこむという

          ことも

          願うはず

           

          蛇行する川から湿原を

          観ることは

          外から眺める風景とは

          感じ方も異なることは

          言わずもがなでしょう。

           

          (時間は要しますが)

          人間も自然も

          本当の意味で

          「知る」には

          時間をかけなければならない

          しかも内側を知る必要がある

          ということでしょう。

           

           

          この点

          グレイス・フィールドさんは

          結構時間をかけて回って下る

          ツアー企画が満載という点で

          極めてユニークです。

           

          陸上自衛隊で鍛え抜かれた体力に加え

          ツアー客の命を守るために

          上級救命の資格を持ち、

          狩猟技術(熊にも対峙可能!?)

          と豊富な経験も兼ね備え

          大型脅鑢筏も有する高橋さんと

          ともに釧路湿原の息吹を

          堪能されたら

          素晴らしいことでしょう。

           

           

          拙ブログの読者の皆様にも

          ぜひ味わっていただくことができれば

          嬉しいです。

           

          夏休みのわが子(6歳以上)に

          生の自然を体験させたい方にも

          大変おススメです。

           

          (ゲームソフトを買い与えるよりも

          はるかに

          貴重で価値ある教育投資!)

           

           

          陸上と河川上と湖上の風速と言うのは

          異なるそうで

          高橋さんのお話によると

          湿原は

          陸上の風速の2倍から

          2.5倍になることがあるそうです。

          湖上は3倍だそうで

          こういうことも経験の中で

          身について知る「生きた知識」なのですね。

           

           

          カヌーと聴くと

          不安定で怖いというイメージを持つ方

           

          いくらライフジャケットをつけているとはいえ

          ジャポンと落ちたら

          得体のしれない湿原の生物に

          絡まれるんじゃないか

          イトウに襲われる!という

          イメージをお持ちの方

           

           

           

          ご安心ください!!

          グレイス・フィールドさんでは

          カナディアンカヌー2艇連結W艇という

          安定したものもあるそうです。

           

          グレイス・フィールドの

          お問い合わせ先、ご予約先はこちら

          ↓↓↓

          gracefield946@gmail.com

          090-8631-0946

          Fax0154-51-6400

           

           

          ちなみにグレイス・フィールドの

          「グレイス」は

          日本語では「恵み」あの

          アメイジング・グレイスの「グレイス」と

          同じ意味です。

           

           

          「恵み」とは、私たちが努力して

          頑張って得るものではなくて

          一方的に無償で、無代価でいただけるものを

          総称することばです。

           

          何かをしていただくものは「報い」

          何もしていないのにいただけるものが「恵み」

          釧路湿原の恵みは

          私たちが頑張って得たものではなく

          神が一方的な愛で

          すでに備えてくださっているまさに「恵み」に

          ほかなりませんね。

           

          わたしたちの身の回り

          わたしたちの生活の中には

          たくさんの「恵み」(グレイス)が

          満ちているにも

          かかわらず

          「これが足りない」「あれがほしい」

          と不平不満を言いやすいもの。

           

          恵みに目を留めながら生きると

          おのずと感謝が口からほとばしり出るもの

           

           

           

           

          今日一日

          恵みに目を留めて生きるなら

          あなたのいるところも

          わたしのいるところも

          グレイス・フィールドとなるに

          違いありませんね。

          (文中の写真はグレイスフィールドさんの

          HPから掲載させていただきました。)

           

           

          みなさまのワンクリックは
          大きな励ましとなります!

           にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

          カテゴリ:- | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          「それが大事」
          0

             

            2018.8.1

            初めて

            訪ねた

            釧路管内の某共同墓地にて

             

            なんと墓碑に字が彫られる代わりに

            すてきな

            タンチョウと亜寒富士の

            絵が彫られた

            ユニークなお墓を発見

             

            こちらもユニーク

            かわいい熊さんの墓石

            熊が出没する地域だからかなあ〜

            と思いましたら

            お名前に「熊」がついていた

            からかも知れないな〜

             

            最近は

            墓守りする人が不足して

            墓じまいされる方が

            この共同墓地でも

            多いそうです。

             

             

            (これは、なんと!●000万円の墓石)

             

            「ここの墓地にはね、

            ●000万円かけて

            墓石を外国から

            取り寄せた人がいるんだよ。」

             

            「えっ!墓に●000万も

            かけたんですか?

            ●000万もあったら

            立派な家が建つじゃないですか!

            教会堂だって建てられそう・・・」

             

            「そうだよねえ。

            でもね、

            地元の業者が

            その仕事を請け負うのを

            断ったんですよ。

             

            だって

            間違ってその石

            落としでもしたら

            損害賠償できないからってね。」

             

             

            とりあえず

            ●000万の墓の前に立ってみました。

             

            「でも、他の墓とあまり変わらないような

            感じがすますけどねえ。」

             

            そう言いながら

            ちょっと墓石に

            触れてみました。

            感触も特に

            特別なものではなさそう

             

            「でも、違うらしいよ・・。」

             

            その●000万の墓のことを

            友人に話しましたら

             

            「『それが大事』って歌の歌詞思い出すな〜」

             

            「えっ、どんな歌詞なんですか?」

             

            「確か、『高価な墓石立てるより

            安くても生きている方が楽しい・・・」

             

            「へ〜そんな歌があったんですか?

            誰が歌っているんですか?」

             

            「大事Manブラザーズオーケストラ、

            当時けっこうはやったんだけどね」

             

            さっそく帰宅後に

            YOUTUBEで調べてみました。

             

            てっきり

            大自慢ブラザーズ?

            大魔神ブラザーズ?

            かなあって

             

            漢字の当て字を

            誤解していました。

             

            「負けないこと、

            投げ出さないこと、

            逃げ出さないこと、

            信じ抜くこと、

            ダメになりそうな時

            それが一番大事・・・」

             

            ああ〜

            なかなか

            いい元気ソング

            すてきな応援ソングだなあと

            思いました。

             

            それにしても

            なぜ、私は

            この歌を知らなかったのかなあと

            思いめぐらしたら

            この歌がはやったのが1991年

             

            ちょうど私が英国留学して

            日本から離れていた時だったのです。

             

            当時はインターネットもない

            時代でしたので

             

            英国にいる間は

            日本でどんな歌がはやっているかは

            まったく知る由も

            なかったのです。

             

            歌詞の中には

            「その人がいないことがさびしいことではなくて

            その人がいないと『思うこと』がさびいしいこと」

             

            というようなフレーズも

            ありました。

             

            なるほどと思いました。

             

            信仰生活にも適用できるなと

            思いました。

             

            試練、痛みの中にも

            絶えず

            主イエスがともに

            おられるにもかかわらず

            もし

            「いないと思う」

            「いないと感じる」ならば

            それは

            どれほどつらいことでしょう。

             

            それだけに

            「見よ。わたしは世の終わりまで、

            いつもあなたがたとともにいます。」

            (新約聖書 マタイ28:20)

            そう仰った主イエスのことばを

            信じきることが

            いかに大事なことか

            改めて思わされました。

             

            繰り返しのフレーズで

             

            負けないこと

            投げ出さないこと

            逃げ出さないこと

            の後に続くのが

             

            信じ抜くこと

             

            すごい、これまさに

            聖書の信仰を

            言い表しているじゃない!

             

            何を信じ抜くか?

            「主のことば」

             

            草は枯れ

            花は散る

            しかし「主のことば」(聖書)は

            とこしえに変ることはない、のですから!

             

            歌詞がわかりやすいので

            教会でも歌っていいかも

            そう思いました!

            ↓↓↓

             

            https://youtu.be/jnLdrzfKAPM

            「それが大事」

            by大事Manブラザーズバンド

             

            はじめて

            教会に来られる人が

            そこで感じる違和感の一つが

            賛美することばの

            わかりずらさが

            あるかもしれません〜

             

            「あがない〜」とか「血潮〜」とか

            「みたま〜」と言われても

             

            「???」

            むしろ

            「信じ抜くこと、だめになりそうな時

            それが一番大事」

            の方が

            むしろ心に届き

            心に伝わるかも


             キリスト・イエスにあって大事なのは、

            割礼を受ける受けないではなく、

            愛によって働く信仰なのです。
            (新約聖書 ガラテヤ書5:6)

             

             

             

            みなさまのワンクリックは
            大きな励ましとなります!

             にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

            カテゴリ:- | 08:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            << | 2/876PAGES | >>