「銀行にあって、天国にないもの」
0

    常務「わざわざ掘り起こして何になる!」

     

    半澤「警察にあって、銀行にないものが一つあります。」

     

    常務「銀行にないもの?」

     

    半澤「時効ですよ。」

     

    半澤「・・・隠ぺいが隠ぺいを生み、その原因は組織の体質にある。・・・

    過去を正してこそ、未来は正しく拓かれる。・・・」

     

     

    だあれも知らないように倉庫に

    隠している機密文書

     

    私たちの人生でも、思い出したくない過去のさまざまな履歴は

    心の中の見えない倉庫の引き出しにしまっているかもしれませんね

     

     

    誰にも知られないところに

    隠しているつもりでほくそ笑んでいても

    全知全能の神はすべてをお見通し

     

    私たちの人生の過去の履歴はすべて

    全知全能の神の前で明らかにされるのみならず

    その履歴に応じて裁かれる時が来る

     

    棺に納めたくても、納められないものがあります。

     

    過去の履歴です。

     

    聖書の中には、私たちがやがて死後

    神の前に立って裁かれる時のことについて

    ヨハネが地中海のパトモス島で幻として観て記録しています。


    また私は、

    死んだ人々が大きい者も小さい者も御座の前に立っているのを見た。

    数々の書物が開かれた。書物がもう一つ開かれたが、

    それはいのちの書であった。死んだ者たちは、

    これらの書物に書かれていることにしたがい、自分の行いに応じてさばかれた。
     海はその中にいる死者を出した。

    死とよみも、その中にいる死者を出した。

    彼らはそれぞれ自分の行いに応じてさばかれた。
    それから、死とよみは火の池に投げ込まれた。

    これが、すなわち火の池が、第二の死である。
    20:15 いのちの書に記されていない者はみな、火の池に投げ込まれた。

    (新約聖書ヨハネの黙示録20:12〜15)

     

     

    この聖書箇所を読んでわかることは、私たちが最後の審判を受ける際に

    数々の書物プラスいのちの書があるということですね。

     

    いのちの書に名前が記されていなければみな、一人残らず

    悲しいことに、火の池に投げ込まれるというのです。

     

    上の聖書箇所で「自分の行いに応じて裁かれる」人とは

    いのちの書に名前が記されていない人のことで、その人たちは

    そのほかの「数々の書物」に記録されている

    過去の履歴に応じて神の前にさばかれるというのです。

     

    私たち人間は生まれながら罪深いので、無数の罪を犯します。

     

    思いの中で、考えの中で、言葉を通して、行いを通して

    なすべきことをしなかった罪、すべきでないことをしでかした罪

    自分で記憶している罪も、忘れている罪もすべて含めて

    この聖書箇所で言う「数々の書物」に記録されているので

    本来であれば、全人類一人残らず火の池行きのはずです。

     

    この「数々の書物」の中には、私たちが「話した言葉の履歴」が含まれます。

    この「無益なことば」の中には、独り言も含まれます。

    すべてをお聞きになる神がおられる以上完全な独り言は、ありえないのですね。

     

     わたしはあなたがたに言います。

    人は、口にするあらゆる無益なことばについて、

    さばきの日に申し開きをしなければなりません。

    (新約聖書 マタイ12:36)
     

     

    しかし、神は実に

    そのひとり子イエスを与えるほどに私たちツミビトを愛されました。

    それは御子を信じる者が一人として「数々の書物」に

    書かれたところに従って裁かれて永遠の滅びることなく

    「いのちの書」に名前が記されて永遠のいのちを得るためでした。

     

    神は一人の人が滅びることも望んでおられません。

    すべての人が悔い改めて真理なるキリストを信じて救われて

    いのちの書に名前が記されて、永遠のいのちに回復されるようにと

    願っておられます。

     

    創造主なる神の前で、自分がツミビトであることを認めて

    イエスが自分の罪のために十字架で死んで葬られてよみがえられたことを

    信じるなら、罪なきイエスが十字架で流された償いの血に免じて

    罪ゆるされ神の子供とされて

    いのちの書に名前が記されることになります。

     

    「いのちの書」に名前が記されている人にとって、

    「数々の書」の記録はもはや効力を持ちません。

     

    イエスの血によって悔い改めた人の過去の罪は完全抹消される

    「わたしはあなたの不法を思い出すことはしない。」

    そう神様はおっしゃってくださるから。

     

    「数々の書」を恐れるのは、イエス・キリストを信じていない人です。

    その中に書かれていることが、ひとつ残らずやがて暴露されるからです。

     

    隠れているもので、あらわにされないものはなく、

    秘められたもので、明らかにされないものはありません。

    (新約聖書 マルコ4:22)

     


    しかし、

    すべてのものは光によって明るみに引き出され、明らかにされます。
    (新約聖書エペソ書5:13)

     

     

     ある人たちの罪は、さばきを受ける前から明らかですが、

    ほかの人たちの罪は後で明らかになります。

    (新約聖書 汽謄皀藤機В横粥

     

    やがていつかは明らかになるのですから

    一刻も早く神様の前で正直に告白することが得策でしょう。

     

    この世では罪を認めたら

    「そんなことをしたのか!とんでもないやつだ!」と

    責められることが少なからずあるでしょうが

    神の前で、罪を求めて「こんなツミビトを憐れんでください。」

    とへりくだってキリストの十字架の愛にすがるならば

    赦ししかありません。

     

    それにしてもドラマ半澤直樹の登場人物の顔の表情はとても豊かですね。

    顔を近づけ合って大声で怒鳴る場面が多いですね。

    テレビモニターの

    画面に占める顔の面積比率がやたらと大きいよう

     

    幼子たちが音声抜きで観ていたら

    「おじちゃんたち、にらめっこすきね〜!」

     

    「にらめっこしましょ。わらったらまけよ、あっぷっ〜」

    「ぷ〜」

     

    「銀行にあって、天国にないものなあに?」

     

    「お金カネ!!」

     

    「天国にあるものは、ぜんぶ、無料!感無量!」

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 11:37 | comments(0) | - | - | - |
    お互いに「ありがとう!」(結婚記念日)
    0

      2020.9.15

      昨日は

      結婚28周年記念日

       

      敬老の日

       

      ささやかにケーキでお祝い

       

      お互いに

      「結婚してくれてありがとう」

      コーヒーで乾杯

       

      25周年は銀婚式

      30周年は真珠婚式(パール婚式)だそう

      1〜15周年までは毎年

      名称があるのに15周年以上になると

      なぜか5年おきになるようですね。

       

       しっかりした妻をだれが見つけられるだろう。

      彼女の値打ちは真珠よりもはるかに尊い。

      (旧約聖書 箴言31:10)

       

      真珠よりもはるかに尊いのだから

      真珠婚式を越えないと・・・

      と思わされます。

       

      それにしても結婚に導かれたことも

      結婚生活が今日まで

      続けられていることも

      どちらも

      神様の憐み以外の何ものでもありません。

       

      もし私たち夫婦がキリストの十字架による

      ゆるしの世界を知らなければ

      今日まで結婚生活が維持されることは

      なかったに違いありません。

       

      「真珠」といえば

      今日の聖書通読箇所の

      ヨハネの黙示録の21章に「真珠」が出てきました。

       


       十二の門は十二の真珠であり、

      どの門もそれぞれ一つの真珠からできていた。

      都の大通りは純金で、

      透明なガラスのようであった。

      (新約聖書ヨハネの黙示録21:21)

       

      使徒ヨハネが

      パトモス島で見た

      天の都の幻の情景

       

      天の城壁の12の門の

      一つ一つが

      一つの真珠からできているという

      描写がいつも

      印象的に心に残ります。

       

      神によって贖われた民は

      キリストの花嫁として

      描かれ

      その花嫁なる民を迎える

      城壁や門は

      究極的な安全と美しさでおおわれている・・・。

       

      イザヤ書26:1〜3

      54:11〜12の預言的な成就の

      光景として黙想すると

      ヨハネの黙示録21章21節が

      より立体的に見えてくるようで

      ため息が出てきます。

       

      「あなたの門をきらめく石にする」

      (イザヤ書54:12)

       

      門や城壁が

      究極的な安全を象徴することを

      考え合わせると

       

      このヨハネが黙示録を書いていた当時

      ローマ皇帝デュオクレティアヌスによる

      組織的迫害

      (それはかつてのネロ皇帝の時代を

      はるかにしのぐ規模で行われていた)の中で

      生きることが死と隣り合わせだった

      クリスチャンたちにとって

      どれほど大きな慰めと励ましだったことでしょう。

       

      そしてその黙示録は

      今日も

      多くの苦難の中にあって

      主を見上げる以外に

      なすすべをもたないクリスチャンたちにとっても

      どれほどの

      慰めと励ましでしょう。

       

      天の都を指差しながら

      歩むことの大切さを覚えさせられます。

       

      結婚記念日に

      あたり

      やがて教会が

      キリストの花嫁として

      整えられて

      花婿を迎える日

      究極的な婚姻・祝宴の日が近づいていることに

      思いをはせ

      その日を忍耐をもって

      待ち望む者とされていることを
      改めて感謝します。

       

      北海道の某村で

      「核のごみ」最終処分場の選定に

      かかわる議会審議の様子が

      連日のように報道されています。

       

      私たち人類は

      創造主が美しく創造された

      海も土も川も空も

      汚してしまっている。

       

      毎日、ウオーキングしていて

      路上に無造作に捨てられた

      マスクを見かけない日がないほどです。

       

      空が泣いている

      大地も泣いている

      海も川も泣いている

       

      イエス・キリストは
      私たち人間が心から排出する

      無数の罪という臭い廃棄物の

      最終処分するために

      十字架にかかられました。

       

      釧路市高山の

      ゴミ処理場の煙突が目に入ると

      いつもイエス・キリストの

      十字架を思い出します。

       

      キリストも一度、

      罪のために苦しみを受けられました。

      正しい方が正しくない者たちの身代わりになられたのです。

      それは、肉においては死に渡され、

      霊においては生かされて、

      あなたがたを神に導くためでした。

      (新約聖書 1ペテロ3:18)

       

      結婚と言えば

      コロナ禍の中で

      釧路市内も結婚式を挙げる方が

      激減しているよう・・・


       

       

       

      みなさまのワンクリックは
      大きな励ましとなります!

       にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

       

      カテゴリ:- | 10:12 | comments(0) | - | - | - |
      希望のラッシュ!
      0

        米国で4日間で1万6千人の方が

        このオンライン動画を観てクリスチャンになる

        決心をしたそうです。

         

        「アメリカの人は大多数の人が

        クリスチャンじゃないの?」

        と思う人も多いでしょうが

         

        実際イエス・キリストが

        自分の罪のために

        十字架で死んで葬られてよみがえられたことを

        信じている人は

        アメリカ合衆国においては

        ごくごく(のどが渇くほど!?)わずかです。

         

        しかも聖書の価値観に基づいた

        生活をしようとしている人は

        米国においては

        さらに

        ごくごくごくごく(のどが極めて渇くほど!?)

        わずかです。

         

        今回の動画は英語によるもので

        そのうちどなたかが

        日本語字幕を付けてくださるでしょうが

        おおよそ

        次の内容が主要なメッセージとして

        含まれているようです。

         

         

         

        「あなたは神と出会うために存在しているのです。

        あなたの心の空洞を満たすものは、

        この世に存在しません

        。神ご自身によって満たされるように造られているからです。

        どんな薬を使っても、どんな体験をしても、

        何を所有しても、心の空洞が満たされることは決してありません」

         

        「クリスチャンになるというのは、

        何かの信条に従うことではありません。

        聖句を暗記することでもありませんし、

        時折、教会に行くことでもありません。

        クリスチャンになるとは、

        あなたの内にキリストを住まわせることです」

         

        「キリストを知るということは、

        風変わりで宗教的な人間になることではない」

         

        「それは神との友情を育むことです。

        あなたは一人ぼっちで生きているのではありません。

        イエス様は約束されました。

        『わたしは、決してあなたから離れず、

        決してあなたを置き去りにはしない』

        (ヘブライ13:5)と」

         

        「私はなぜ存在しているのでしょうか。

        それは、神とそのような関係を築くためです。

        そして、人生の意義は、神と共に歩み、

        神が私に用意してくださったご計画を見いだすことにあります」

         

        「すべての人はいつか神の前に立つことになるが、

        神に問われるのは、どれほど善良な人生を送ったかではない」

         

         

        「問題は、あなたがイエス・キリストを

        自分の罪からの救い主として

        信じたかどうか」

         

        「罪深い人類と聖なる神のギャップを埋める資格のあるお方は、

        イエス様だけでした」

         

        「希望のラッシュ」が100万回以上視聴され、

        最終的には「希望のラッシュ」は180万回再生され、

        1万6941人が信仰を決心したそうです。

         

        日本の教会でも

        日本人の文化にあった形で

        イエス・キリストの福音を

        正確にかつ

        クオリティーの高い

        オンライン動画として

        配信できる日が

        近いことでしょう。

         

         この方以外には、

        だれによっても救いはありません。

        天の下でこの御名のほかに、

        私たちが救われるべき名は人間に

        与えられていないからです。」

        (新約聖書 使徒の働き4:12)

         

        みなさまのワンクリックは
        大きな励ましとなります!

         にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

         

         

        カテゴリ:- | 10:25 | comments(0) | - | - | - |
        秋はニンジン色
        0

           

           

          我が家の裏庭で収穫した

          「小指サイズニンジン」

          間引きを怠ったこともあり

           

          小さなサイズにとどまりましたが

           

          一口サイズで

          食べられることもあって

          スープカレーに

          そのまま投入することに

           

          次第に

          自分の小指が

          ニンジンに見えてきました。

           

          からみついているニンジンもあって

          聖書で神様に信頼するという言語には

          「からみつく」意味があるという

          ことを思い出していました。

           

          からみついていると

          離れない

           

          ああ〜

          離さないで〜

          ニンゲンナラヌ

          ニンジンの叫び

          聞こえるようで

          すぐもどしました〜

           

          からみつきニンジンは

          引き離すことができましたが

          神を愛する人は

          神から引き離されることは

          ありません。

           


           高いところにあるものも、

          深いところにあるものも、

          そのほかのどんな被造物も、

          私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、

          私たちを引き離すことはできません。

          (新約聖書 ローマ書8:39)

           

           

           

          目をつけたら

          子鳥さんの顔のよう

           

          この二股ニンジンを見て

          私がとっさに

          頭に浮かんだのは

           

          抜けた歯ではなくて

          鉄腕アトムでした。

           

          今日1日

          イエスキリストの愛から引き離されない

          安心感の中で

          主にからみつくようにして

          歩ませていただきます。

           

           

           

          みなさまのワンクリックは
          大きな励ましとなります!

           にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

          カテゴリ:- | 09:32 | comments(0) | - | - | - |
          野菜を食べて愛し合おう!
          0

            2020.9.13

            教会のGキッズのおともだちが

            教会敷地の畑で収穫した人参をもって

            大喜び

            みんなに分かち合ってくれていました。

             

             

             

            「髪がぼっさぼさになっちゃった〜」

            髪の毛切ったばかりのハズのAくん

            人参の葉っぱも

            おひたしにして

            食べられるんですってね〜

             

            野菜を食べて愛し合おう!

             


             野菜を食べて愛し合うのは、

            肥えた牛を食べて憎み合うのにまさる。

            (旧約聖書 箴言15:17)

             

            みなさまのワンクリックは
            大きな励ましとなります!

             にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

            カテゴリ:- | 10:52 | comments(0) | - | - | - |
            << | 2/1051PAGES | >>