<< 「幻とさせないために・・・」(2020釧路湿原マラソン) | main | 「半沢直樹」の「感謝と恩返し」 >>
「居酒屋兆治」と「イエス・キリスト」
0

    兆冶さんにとって奥さんの茂子さんは

    イエス・キリストのひな形のよう!

     

    新聞のテレビ欄で興味深そうな番組があると

    録画していつまでたっても観ないで溜まておくと

    録画可能時間が少なくなり

    早く消去するように

    懇願されかねないこともあり・・・

     

    先日録画した

    「居酒屋兆治」を観ました。

     

    高倉健さんが主役でなかったかなと

    思いましたら

    遠藤憲一さんでした。

    リバイバルドラマということで

    今まで

    高倉健さん、渡辺謙さん、そして遠藤憲一さんと

    なんと主人公役が

    「健」「謙」「憲」と

    Ken Ken Kenと

    つながっているのですね。

     

    なぜこの山口瞳さんの長編小説が

    かくも人気が続くのか

    これには日本人の多くの琴線に触れるテーマが

    数多く含まれているからだと

    思いました。

     

    何といってもクライマックスは

    今までの人生を

    振り返って

    主人公の夫が

    「自分はこれで良かったのか?」

    と自信なさげに妻に問いかける時に

    「これで良かったのよ」と肯定し完璧に

    微笑みながら夫を受容するシーン

    その言葉を聴く夫の目から涙がこぼれる。

     

    こちらも泣けてきます。

     

    ドラマの冒頭で

    主人公は

    昔別れた恋人が

    29年ぶりに自分のところに現れ

    「あなたのせいだから」と

    恨み節を呟き

    呟かれた主人公にとって

    その言葉がトラウマとなって

    自責の念で

    押しつぶされそうになり

    ついにその女性が

    重篤な病気で亡くなった

    葬儀に参列した後に

    その自責の念がピークに達しかけた時

     

     

    かつて高校時代

    ピッチャーだった

    自分の女房役の

    キャッチャーだった友が

    愛を持って

    いさめるシーンも見事でした。

     

    「自分のせい」と自分を責めることは

    言い方を変えると

    自分がコントロールできると

    思うこと

     

    それは思い上がりだと

    友として忠告する

     

    野球の試合はピッチャーに

    よってコントロールされているわけではないにも

    かかわらず

     

    とかく野球の勝敗では

    勝利投手

    敗戦投手という言い方をされ

     

    ピッチャーとは

    勝っても負けても

    とかく自分に

    勝因が自分にある

    敗因が自分にあると思い込みやすく

    実際に周囲からも

    注目が注がれるポジション

     

    野球では

    敗戦投手という言い方はあっても

    敗戦遊撃手という言い方は聴かないし

    勝利捕手という言い方も聴いたことがない

     

    勝っても負けても

    ピッチャーが

    やり玉にあげられる

     

    私たちの人生でも

    ピッチャーシンドロームがありうる

     

    いいことがあると自分に栄光を帰し

    うまくいかないと全部自分のせいと

    責めて落ちこんでしまうという

    郵便ポストが赤いのも俺のせいだ

    みたいに

    全然関係ないことまで

    自分のせいだと思い込みやすくなることがありうる。

     

    そこに悪魔もささやく「わびろ・わびろ・わびろ・・・」と

    際限のない責め地獄に引きずり込もうとする

     

    主人公は

    かつてサラリーマン時代に

    総務課長として

    リストラの断行を命じられるつらさを通り

    退職届を出す・・・

     

    実に、高度成長期〜バブル〜バブル崩壊時に至る

    日本社会がかかえていた

    さまざまな社会問題が

    さりげなく内包されているドラマだ

     

    このドラマを観てつくづく考えさせられたのは

    なぜ、これほどコロナウイルス感染症拡大の危険が叫ばれながらも

    依然として

    日本では

    居酒屋という場所に

    庶民が集うのか

    居酒屋には

    日本社会の縮図が

    観られるのかもしれない。

     

     

    なんか、そこに居場所を求める人たちの

    人間模様というか心理的背景が見えるよう

     

    日本社会において

    「居酒屋」の存在は

    キャバクラとかナイトクラブとか

    ホストクラブなどとは

    簡単に

    ひとくくりにはできないと

    思わされました。

     

    人はいつの時代も

    居場所を求めている

    その居場所を提供してくれる

    安らぎの場所が必要

     

    コロナ禍で、居酒屋が

    その機能を果たすことに困難さが

    あるなら

    それに代わる場所が必要だと

    思わされました。

     

    主イエスがこの地上で

    活動されていた時につけられた

    あだなが「食いしん坊の大酒のみ」

    (実際はそうではないのに)なぜそういうあだ名が

    付けられたかと言えば

    日本で言うと居酒屋のようなところで

    よく人々の心の声を聴いて

    寄り添ったから

     

    世の中には

    「あなたのせいだから」と言って責める人もいれば

    「あなたのせいではない」といってかばってくれる人もいる。

     

    イエスキリストは、間違いなく後者である。

    その何よりもの証拠が十字架である。

     

    私たちが頼む前から

    イエス様は私たちの罪を

    全部かぶって

    身代りに刑罰を

    十字架で釘づけられて受けてくださった。

    死んで葬られても三日後によみがえり

    今も「おまえのせいではない」

    そう言い続けてくれるのみならず

    「わたしはお前の過去の罪失敗

    過ちの償いを完成させた。」

     

    だから

    私たちが正直に自分の罪を

    神様の前に言いあらわし

    キリストに信頼を置くなら


    もし私たちが自分の罪を告白するなら、

    神は真実で正しい方ですから、その罪を赦し、

    私たちをすべての不義からきよめてくださいます。

    (新約聖書 1ヨハネ1:9)
     

     

     

    「その事実さえももはや思い出すことはしないよ」

    そこまで

    言ってくれる権威と愛に満ちたお方は

    イエスをおいてほかには見いだせない。

     

     「わたしは、もはや彼らの罪と不法を思い起こさない」

    と言われるからです。
    (新約聖書ヘブル書10:17)

     

     

    ほかの誰でもない

    この罪なきキリストが

    「あなたのせいじゃない」と言う時に

    初めてそのことばが

    生きた有効な言葉となりうる。

     

    このリバイバルドラマで言うと

    「あなたのせいだから」と呟く女性の背後には

    サタンの気配と声を感じ

    「あなたはあなたでいいのよ」という主人公の奥さん茂子さんの背後に

    愛とゆるしに満ちた

    イエスキリストの気配と声を感じました。

     

    兆治は「もつ」に串をさす時

    時々指を刺しては

    血豆を作る、

    何年たっても・・・

     

    「もつ」の形はみな、同じではなく

    どこをどう刺せばいいか、毎回試行錯誤

     

    そういう点では

    私たちの人生の選択ととても似ている

    何年たっても

    同じ失敗をしやすい不器用な

    やさしさがとりえの

    兆治は多くの日本人(とりわけ中高年)の

    われわれにとって

    共感される

    愛される存在なのかもしれない。

     

    兆治の名前が

    プロ野球の

    村田兆治からきていることも

    ドラマを観て初めて知りました。

     

    剛腕ピッチャーだけど

    暴投数も記録的であるところが

    なんとなく親近感を覚えるところ

     

    私たちの人生もそうだ。

    人生で暴投はつきものだ。

     

    問題は

    その自分を受け入れられるかどうか。

     

    見事なフィクション作品と

    感心しました。

     

    ドラマの最後に

    主人公が全治一カ月の怪我をさせた相手が

    お客さんとして再び来るシーンの中に

     

    ゆるしと和解のメッセージが込められていて

    実に後味が良かったです。

     

    教会の集まりにも

    居酒屋兆治のような雰囲気が

    あったらいいなと思いました。

     

    このドラマから

    イエスキリストの福音メッセージを

    多くの日本人が必要としていることを

    確信させられて

    伝道意欲がさらに掻き立てられ感謝しています。

     

     憎しみは争いを引き起こし、

    愛はすべての背きをおおう。
    (旧約聖書 箴言10:12)

     

    ところで兆治の名前の由来の村田兆治に

    兆治役の3人のkenさん(高倉健さん、渡辺謙さん、遠藤憲一さん)

    に最も似ているのは遠藤憲一さんかなあ〜と思うのは私だけかな?

     

    なつかしのまさかり投法

     

    好きだな〜この表情

     

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

     

     

     

     

     

     

    カテゴリ:- | 18:57 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする