<< 別保公園が変身しました! | main | 保護司づきあい、異業種交流の醍醐味も >>
バラがスバラシイ!
0

    昨日は午前中の会堂での礼拝、

    その後のスタッフミーティングを

    終えてから

    釧路市昭和のAさん宅にお招きをいただきました。

    Aさんは美しいバラを御庭で栽培されていて

    毎年、咲く時期に

    お招きをいただき観賞の恵みに

    預かっています。

     

    バラの種類は1万種類以上あるそうですが

    わずか数種類の名前を聴いても

    すぐ忘れてしまう私

     

    1日たって覚えている名前は

    ジャズミーナ

    ラブリーメイアン

    メアリーローズ

    グラハムトーマス

    うたげ

    ・・・・なんとかプリンス・マルゲリータ

    う〜むそのくらいかな・・・

     

    庭にいるだけで心癒されます。

    毎冬、レイアウトの構想を練る楽しみが

    あるそうです。

    壁を伝わるジャスミーナ

    ピンク色が

    優しく心にしみてきます。

     

     

    さまざまな趣向がこらされています。

    車のマフラーも

    フラワーと合う!

     

    居間から

    外を眺める楽しみ

     

    バラの花びらのポプリをお土産に

    いただきました。

    私もキンレンカで

    ポプリ作ってみようかしら

     

    3時間半ほど談笑してから

    帰る際に

    Aさんが親切に

    ラブリーメイアンを

    花瓶にさすように、と

    お分けくださいました。

    やさしいAさん

     

     

    Aさんからいただいたラブリーメイアンを

    我が家の玄関の花瓶にさしましたら

    玄関の雰囲気が一変しました。

     

    ラブリーメイアンのあるなしで

    明暗が分かれるよう!

     

    宅配で訪れる配達員さんの心に

    少しでもねぎらいの

    思いが伝えられると幸いです。

     

    お花の存在理由は進化論では説明不能

    でも創造主が目的をもって造られたと考えると

    合点がいく・・・

     

    創造主なる神が

    お花を創造されたのは、

    何のため?

     

    私たちを楽しみ喜ばせるため

    私たちを慰め力づけるため

    冠婚葬祭いかなる時も

    お花がつきもの

    創造主は折に触れて

    お花を通して

    私たちへの愛を表現してくださる。

     

    なぜ創造主は花を散らすのか

    それは花を見る私たちが

    自分自身のこの地上の人生には

    花咲く時期もあれば

    枯れる時期もあること

    そしてその日がやがて到来することを

    気づかせるため

     

    散る花にさえもこれほどの愛情を

    注いで美しくよそわせてくださるのだから

    私たちがこの地上で

    どんなに短く思える人生でも

    美しくよそわせてくださる愛のお方であることを

    気付かせるため

     

     

    養う創造主がいることに気づかせるため

     

    そして

    私たちは決して枯れることのない

    永遠の命を

    イエスキリストを

    信じることを通していただくことができることを

    かみしめさせるため

     


    草花がどのようにして育つのか、よく考えなさい。

    働きもせず、紡ぎもしません。

    しかし、わたしはあなたがたに言います。

    栄華を極めたソロモンでさえ、

    この花の一つほどにも装ってはいませんでした。
    (新約聖書 ルカ12:27)

     


    「人はみな草のよう。

    その栄えはみな草の花のようだ。

    草はしおれ、花は散る。
    1:25 しかし、主のことばは永遠に立つ」

    とあるからです。

    これが、あなたがたに福音として宣べ伝えられたことばです。

    (新約聖書1ペテロ1:24〜25)

     

     神は、実に、そのひとり子を

    お与えになったほどに世を愛された。

    それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、

    永遠のいのちを持つためである。

    (新約聖書 ヨハネの福音書3:16)

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 11:35 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする