<< 抜かなくてもいい、抜いてはいけない | main | 別保公園が変身しました! >>
地上で残された時を
0

    2020.7.25

    今朝も、曇天の釧路ですが

    キンレンカ畑は快晴!

    朝のお祈り会の後

    教会の敷地のキンレンカたちは

    やさしく励ましてくれる

     

    キンレンカは

    誰も傷つけない

    ただ微笑んでいてくれる

    観る人に

    今日も生きていていいんだよって

    微笑んでくれている

     

     

    キンレンカ

    が釧路市民のお花として

    選ばれていることに

    感謝しています。

     

     

    会堂玄関横のキンレンカたちは

    天に昇っていくよう

     

    教会駐車場南側も

    キンレンカで

    駐車する車を優しく迎えてくれる。

     

    今朝の聖書通読の箇所から

    (新約聖書1ペテロ4:2〜5)

     


    4:2 それは、あなたがたが地上での残された時を、

    もはや人間の欲望にではなく、

    神のみこころに生きるようになるためです。

     

    地上で残されている時間は

    一人一人違いますね。

    今日が人生最後の日かもしれない

    今日、自分の欲望のためにではなく

    神のみこころに生きるように・・・

     


    4:3 あなたがたは異邦人たちがしたいと思っていることを行い、

    好色、欲望、泥酔、遊興、宴会騒ぎ、

    律法に反する偶像礼拝などにふけりましたが、

    それは過ぎ去った時で十分です。

     

    ここにあげられている6つの営みは

    3密の典型的な様相

    新しいライフスタイルである

    マスク着用、手洗い、フィジカルディスタンスを

    守るのみならず

    上記の6つの営みをもう過去のこととして

    新しい生活習慣を心がけたいものですよね。

    一部の人だけでなく

    全員が・・・

     


    4:4 異邦人たちは、あなたがたが一緒に、

    度を越した同じ放蕩に走らないので不審に思い、中傷しますが、
    4:5 彼らは、生きている者と死んだ者をさばこうとしておられる方に対して、

    申し開きをすることになります。

     

    学生時代も

    教員時代も

    周囲から鮭を勧められて

    食べることはあっても

    酒は避けてきました。

     

    たしなむ程度ならばということも

    あるでしょうが

    「度を越した放蕩」を

    いやというほど見てきました。

     

    いつでも福音のために

    車の運転をして

    駆けつけられる状態に

    しておきたいと思う

     

    飲む自由、権利もあるが

    飲まない自由、権利もある

    どちらからの権利によって

    他方の権利が蹂躙されることが

    あってはならない

     

     

    やがて

    「さばき主」が来られるときが

    そこまで近づいている。

     

     

    我が家の路肩の深紅のキンレンカ

    二輪目が咲きました。昨日までは

    一輪のみでした。

    二輪見ると

    ああ、イエスの血潮によって

    贖われた二人の者が

    微妙な距離感を持って

    助け合いながら寄り添いながら

    歩むことをイメージしました。

     

    二人は一人よりもまさっている

    この聖句は別に夫婦のためだけの聖句じゃない

    すべての人のための聖句だ

     

     

    我が家の玄関前の灯油缶の下が

    明るくなった。

    何度も言うが

    このエリアはかつて雑草がボウボウ生えて

    目をそむけたくなるところだった。

     

    私たちの人生も

    罪と咎の雑草がボウボウ生えて

    いる領域に

    イエスキリストをお迎えして

    イエスの血によって洗いきよめていただくことを

    通して

    みったくなかったエリアが

    美しく変えられる

     

    キリストを信じて

    キリストと共に生きていくということは

    キリストの姿へと日々造りかえられていくということ

     

    朱に交われば赤くなる

    主と交われば明るくなる

     

    人生大切なことは

     

    どれだけ生きたか?じゃない

    誰と生きたか?だ

     

    どれだけ得たか?ではない

    どれだけ自分を与えつくしたか?だ

     

    イエスキリストが

    今日も中心に

    すべてが動きますように・・・


    4:10 それぞれが賜物を受けているのですから、

    神の様々な恵みの良い管理者として、

    その賜物を用いて互いに仕え合いなさい。
    4:11 語るのであれば、神のことばにふさわしく語り、

    奉仕するのであれば、神が備えてくださる力によって、

    ふさわしく奉仕しなさい。すべてにおいて、

    イエス・キリストを通して神があがめられるためです。

    この方に栄光と力が世々限りなくありますように。アーメン。

    (1ペテロ4:10〜11)

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:49 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする