<< 4か月ぶりの宗教教誨(釧路刑務支所) | main | 釧路市も!「新しい避難様式」 >>
究極の愛の衝立!(釧路刑務支所)
0

    4か月振りに行われた

    宗教教誨

    受刑者の皆さんが真心こめて作ってくださった

    ビニル貼りの3つの衝立のおかげで

    飛沫感染防止がばっちりなされている中で

    遠慮なく大きな声で

    イエスキリストの福音を語らせていただくことが

    できました。

     

    真心こめて衝立を作っていただいたことで

    作ってくださった受刑者の皆さんとの

    心の距離(ディスタンス)は、むしろ接近できました。

    本当に感動の日でした。

     

     

    この日も

    皆さん、大きな声で

    イエス様を信じる信仰の告白のお祈り

    をされていました。

     

    天地創造の神の前に

    どんな罪でも

    正直に告白するなら

    イエスが十字架で流された血に免じて

    罪がゆるされ永遠のいのちにあずかることができる

     

    イエスキリストの十字架の血こそが

    私たちに

    死後の裁きという飛沫がふりかかるのを

    完全に防御する究極の衝立です!

    ハレルヤ!

     

    宗教教誨が行われた

    講義室の正面には

    観音扉があって

    その向こうには

    十字架という

    死後の滅びからの信じる者たちを

    完璧に守る

    究極の衝立が

    見えます。ハレルヤ!

     

    受刑者の皆さんのマスクは

    それぞれ自作です。

    大きくて立派でした。

     

     

    6月の刑務所教育行事はコロナ禍のために

    ほとんどの外部関係者がかかわる教育行事は

    ことごとく中止でした。

     

    今月は、釧路地域の感染状況が落ち着いていることも

    あって外部関係者がかかわる教育行事数が増えました。


    教誨の冒頭

    おひとりおひとりに

    コロナ禍の中で

    思ったこと、考えたことを

    分かち合っていただきました。

     

    皆さん

    総じて、ご両親や

    ご祖父母の健康を案じおられました。

     

    とっても心優しい

    親思いの

    方々だと思いました。

     

    この教誨に参加された皆さんは

    ひとりとして再犯して

    刑務所に帰ることはないと

    期待して信じて

    お祈りしています。

    帰る場所は刑務所ではなくて

    家族のところ

    そして究極的に帰るところは

    そして天の父のふところ

     

    それは塀の外にいる私たちも同じこと


    悪しき者は自分の道を、

    不法者は自分のはかりごとを捨て去れ。

    主に帰れ。そうすれば、主はあわれんでくださる。

    私たちの神に帰れ。豊かに赦してくださるから。
    (旧約聖書 イザヤ書55:7)

     

    昨日は、いくつかの

    訪問先まで徒歩で移動しました。

     

    イエス様は

    車も自転車もない時代

    1日にこれくらいは、

    いやもっともっと

    歩かれていたかもしれませんね。

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 11:35 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする