<< 心地よい「そよかぜ」 | main | 2020年7月5日の釧路キリスト福音館オンライン礼拝へようこそ! >>
社会を明るくする運動(釧路)
0

    昨日は、MOOの3階で

    釧路保護司会分区長会議

     

    コロナ禍での

    久しぶりの会議

     

    釧路の保護司の皆さん

    皆さんのご存知の方も

    いらっしゃることでしょう。

     

    接触型の広報活動は避けて

    今年はパネル展

    生涯学習センターにて

    3密を避けて

    じっくりご覧いただけます。
     


     

     

     

     

     

     

    桜ヶ岡分区では

    毎年コープさっぽろ桜ケ岡さんの前で

    「社会を明るくする運動」のタスキをかけて

    ビスケットや

    ティッシュを配布させていただき

    市民の皆さんに喜んでいただけましたが

    今年は、控えることになりました。

     

     

     

    市民の皆さんとの接触型の広報活動は

    今年はできず

    ふるさとかるた大会も

    中止となりました。

     

    それでも

    執行猶予期間中の方々との

    定期的な面接や

    刑務所から帰る予定の

    身元引受人の方との

    定期的な面接や

    話し合いのときは

    継続して行われています。

     

    ステイ・ホームの期間は

    数か月でしたが

    ステイ・プリズンの期間は

    数カ年から

    さらに長くなるケースも

    あります。

     

    どちらも

    ステイ期間が終わった後に

    新しい日常生活の

    構築をはからないで

    「元通りの生活」に戻ると

    「元の木阿弥」になりかねない

    逆戻りという点では

     

    似ています。

     

    少しでも励まし合える

    雰囲気が広がることを

    願っています。

     


     怒っても、

    罪を犯してはなりません。

    憤ったままで

    日が暮れるようであってはいけません。

    (新約聖書エペソ書4:26)

     

    釧路市では

    新任保護司さんを募集しています。

    ご関心のおありの方は

    職業性別を

    問いません。

    ご関心のおありの方は

    ぜひお気軽に

    お知らせください。 

     

    私にとって

    保護司の理想のモデルといえば

    何といっても

    明治時代釧路集治監の

    教誨師を務めたこともある

    原胤昭氏ですかね〜

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

     

     

     

     

    カテゴリ:- | 17:58 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする