<< 「同じところへ行ける」 | main | イエス君に、胸キュン! >>
「再婚するならイエスさま!!」
0

    クリスマスシーズンに購入した

    ソーラー電飾が

    夕方会堂玄関を照らしてくれます。

     

    レインボー色にしたのは

    虹は神様が

    聖書の中で

    ノアの大洪水の後に

    愛の契約のしるしとして

    示したことを

    想起させるため

     

     

    梯子に上がって

    プレハブの屋根のヘリにも

    つけてみました。

     

    10メートルなので

    ここまでで限界

    電力費用かららず

    毎日、天気の日には

    夕刻時から日没後わずかの時間までですが

    見られます。

     

    この電飾の中

    会堂に

    娘さんご夫妻と

    お訪ねくださった

    80代のご婦人が

    お話合いの後

     

    主イエスを

    救い主として

    受け入れる信仰告白のお祈りに

    導かれました。

     

    Aさんは

    年末年始

    娘さんご夫妻に

    連れられて

    日曜礼拝に

    続けて来られていました。

    明日

    札幌へ帰られます。

     

    ユーモア感覚に秀でた

    素敵なAさん

     

    「Aさん、イエス様を救い主として

    信じますか?」

    とお尋ねしますと

    「イエス!」

    としっかりと

    お答えになりました。

     

    私の伝道生涯の中で

    信仰告白の応答で

    「イエス!」

    という応答は初めてでしたので

    とっても新鮮な想いがいたしました。

     

    まだクリスチャンでない

    娘さんご夫妻も

    お祈りの間中

    涙されて

    共にお母さまの救いを

    お喜びくださいました。

     

    ああ、喜びの笑顔

    写真お撮りすれば良かった〜

     

    ご主人さまを

    亡くされて

    ご労苦の連続だったAさんは

     

    教会堂に来られる前

    「再婚したい、イエス様と・・」

    とお車の中で

    お話されていたそう

     

    「イエス様を信じて生きるというのは

    イエス様の花嫁となることですよ。」

     

    「クリスチャン生活は

    イエス様という花婿を迎える

    お嫁さんの

    婚約時代のようなものなのですよ。」

     

    そうお話させていただきました。

     

    この日は、

    娘さんご夫妻が

    お母さまを

    鶴居村にお連れになられ

    たんちょうを

    ご覧になられていました。

     

     

    たくさんのたんちょうを

    ご覧になり

    喜ばれていました。

     

    夫婦タンチョウが

    愛し合う姿は

    イエスキリストと

    教会が愛し合う姿を

    象徴するかのよう

     

    私には

    札幌に

    母親が一人いますが

    この日

    もう一人の

    霊の母親が札幌に

    与えられました!

     

    神のファミリーが

    増えたことの喜び

    うれしい!

    うれしい!

     

    今週は

    主の一方的な恵みで

    壮年男性・・・月曜晩

    青年女性・・・木曜午後

    そしてAさん・・・土曜晩

     

    3人の方が

    目の前で

    イエスキリストを

    個人的に救い主として信じて

    信仰の告白をされる場面の

    証人とさせていただき

     

    伝道者として

    至福の喜び!!!

     

    牧師として

    いろいろ悩むことがあり

    自分自身のいたらなさを

    痛感することの

    多い日々ですが

     

    そんな私にとって

    慰めは

    やはり

    一人の魂が

    イエス様の愛を信じて

    永遠のいのちを

    いただく場面に立ち会えること

     

    自分を見つめると

    滅入りかねない私ですが

    自分の内におられる主を見つめると

    がぜん元気が出ますねえ!

     

    今週の心境は

     

    助産婦さんのような気持ちかな〜

     

    1月11日ですが

     

    天が、明けましておめでとうございます!

     

    という心境!

     

     

    お正月早々

    莫大なる霊のお年玉をいただいた

    歓喜の叫びで

    飛び上がりそう!

     

     


    あなたがたに言います。

    それと同じように、

    一人の罪人が悔い改めるなら、

    悔い改める必要のない

    九十九人の正しい人のためよりも、

    大きな喜びが天にあるのです。

    (新約聖書 ルカの福音書15:7)

     

    Aさんが

    札幌で

    通う予定の

    教会の

    牧師さんの奥様に

    Aさんのことを

    ご報告させていただくと

     

    奥様は

    わがことのように

    電話口で

    まだ見たことも

    会ったこともないAさんの

    信仰告白の

    お祈りのことを聴いて

     

    わがことのように

    「まあ、なんて主は素晴らしいお方でしょう!」

    と歓喜のお声をあげて

    お喜びくださいました。

     

    これこそクリスチャンの

    喜び共有のきらめき!

     

    クリスチャンどうしっていいなあ

    誰かが救われたこと、

    誰かがイエス様を信じたことを

    分かち合うと

    最高に喜べる仲間たちなのだから!

    ハレルヤ!ハレルヤ!

     

    たとえていうと

    赤ちゃんが誕生した時

    家族みんなで喜ぶのと

    似ていますね〜

     

    今晩は

    興奮して

    眠れそうにないな〜

     

    この興奮をキープして

    明日の日曜礼拝で

    主をほめたたえま〜す!

     

    クリスチャンは

    主イエスが共にいることが

    わかると

    どんな境遇でも

    喜び踊ることができるんですって!

    わお!

     

     

    ソーラー電飾の光は

    一晩中ついているわけではなく

    午後9時を回るころには

    すでに日中蓄えた電力が消耗し

    消えていましたが

     

    主イエスを

    信じて

    心にいったん

    ともされる光は

    永遠に消えることのない光

     

    Aさんは

    その光を心に抱きながら

    明日札幌へと旅立たれます!

    主が共におられます!

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 22:28 | comments(0) | - | - | - |
    コメント
    コメントする