<< 「最上のわざ」 | main | 鹿に要注意!「とびだし」と「横たわり」 >>
「氷点下二桁の釧路」
0

     

    釧路の冬

    太陽の角度の関係で

    朝日がよりまぶしく

    窓から飛び込んできます。

     

    よって、午前中南向きの窓の部屋で

    パソコンを使うときは

    パソコンの角度や位置を

    いろいろ変えなければなりません。

     

    2019.11.29

    氷点下二桁を記録した

    釧路の早朝

     

    氷都釧路といえども

    11月中に

    氷点下二桁を記録したことは

    あまり記憶に

    ありません・・・。

     

    昨日はデジカメを

    水の中に

    ボトンと

    落としてしまい

     

    慌てて掬い出して

    すかさず拭いて

     

    バッテリーと

    SDカードを取り出して

     

    乾燥させて

    なんとか再稼働の確認ができたと

    安堵していましたら

     

    今朝になって

    ふたたび稼動させようとすると、

    なかなかレンズが

    開かずに

    鈍い音がします。

     

    ああ、やはり修理が必要かと

    思いましたら

     

    どうやら

    原因は今朝の寒さのため

    だったようで

     

    その証拠に

    あたたかい部屋で

    起動させると

    異音も発しなくなりました。

     

    それにしても

    デジカメの水中での

    浸水時間が

    長かったら

    ダメージが大きかったことでしょう。

     

    掬うスピードが肝心

     

    我々人間も

    罪と呪いに満ちたライフスタイルという

    泥水に

    浸水している時間が

    長ければ長いほど

    霊肉体魂に与える

    ダメージが大きいことでしょう

     

    一刻も早く掬い(救い)出される必要あり

     

    救急医療と

    福音宣教

    どちらも迅速さが肝心

     

    前者は地上の命に

    かかわり

    後者は永遠の命にかかわる

    最大事

     

    のんびり、まったり

    していられない

     

     

    巷のキリスト教会で語られる

     

    クリスマスのメッセージ

     

    ともすると

    前置きが

    長すぎて

    いらいらすることがあります。

     

    かくいう自分も

    そういうことが

    いかに多かったことか

     

    いつになったら

    福音が

    語られるんだろう

     

    イエスキリストが

    何のためにこの地上に来て

    誰の何のために十字架にかかり

    なにゆえに死んでよみがえる

    必要があったのか

     

    そしてそのキリストが

    今どこにおられて

    これから何をなさるか・・・

     

    これらのことに

    ふれることなく

     

    イエスさまは

    私たちのところに来てくださいました。

    イエス様お誕生日

    おめでとうございます〜

    よかったですね〜。

     

    で終わってしまうクリスマスならば

    本当に残念でなりません。

     

    主イエスは

    罪と呪いの泥沼で浸水して

    死んだ状態の私たち

    本来は永遠の滅びに

    決定づけられていた

    私たちを

    救い出すために来られました。

     

    イエスキリストの十字架と復活と

    再臨を語らない

    クリスマスメッセージは

    耐えがたいものと

     

    最近感じるように

    なりました。

     

    あたかも

    浸水したデジカメを

    目の前にしながら

    この水冷たそうだなあ

    のんきに

    手を入れるかどうか

    逡巡しているようなもの

     

    デジカメは

    非生命体ですが

    わたしたちひとりひとりは

    神のかたちに似せて造られた

    神の愛の対象
     

    自分自身

    肝心かなめなことを

    語りつくせぬままに

    閉じてしまうことが

    どれほどあったことかと

    反省させられます。

     

    あなたはどんな場合にも慎んで、苦難に耐え、

    伝道者の働きをなし、

    自分の務めを十分に果たしなさい。

    (新約聖書 競謄皀藤粥В機

     

    今年のクリスマス

    主イエスの到来の目的を

    大胆に告げ知らせることができますように!

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586444
    トラックバック