<< 「来るべき災厄に備えて」 | main | 「止まっていた時計」 >>
「祝福の空間」(開陽台にて)
0

    2019.10.28(月)

    地球が丸く見える(中標津町「開陽台」)

     

    主は私を広いところに連れ出し、

    私を助け出されました。

    主が私を喜びとされたからです。
    (旧約聖書 競汽爛┘襭横押В横亜

     

     

    空気がおいしい


    あなたは私を敵の手に引き渡さず私の足を

    広いところに立たせてくださいました。

    (旧約聖書 詩篇31:8)
     

     

     

     

    広い空間が

    気持ちを和らげてくれる

     


    主は私を広いところに導き出し

    私を助け出してくださいました。

    主が私を喜びとされたからです。

    (旧約聖書 詩篇18:19)
     

     

     

    なだらかな丘陵地帯

     

     神はまた、あなたを苦難の中から誘い出し、

    束縛のない広いところに導かれる。

    豊かな食物が備えられた、食卓での安らぎに。
    (旧約聖書 ヨブ記36:16)

     

     

     

    駐車場から開陽台へ

     


     私たちはあなたの民あなたの牧場の羊です。

    私たちはとこしえまでもあなたに感謝し

    代々限りなくあなたの誉れを語り告げます。

    (旧約聖書 詩篇79:13)

     

     

    かつてここで結婚式の司式を

    させていただいたことが

    あります。

     


    イサクはそこから移って、もう一つの井戸を掘った。

    その井戸については争いがなかったので、

    その名をレホボテと呼んだ。そして彼は言った。

    「今や、主は私たちに広い所を与えて、

    この地で私たちが増えるようにしてくださった。」
    (旧約聖書 創世記26:22)

     

     

     

     


     あなたの目は麗しい王を見、

    遠くまで広がる国を眺める。
    (旧約聖書 イザヤ書33:17)

     

     

     

    ロトがアブラムから別れて行った後、

    主はアブラムに言われた。

    「さあ、目を上げて、あなたがいるその場所から

    北、南、東、西を見渡しなさい。

    (旧約聖書 創世記13:14)
     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:36 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    残念ですが今日東京へ帰ります。いま釧路空港より

    次回は来春の予定ですが?

    | 森 泰之 | 2019/11/08 7:02 PM |
    森さん、コメント感謝します。あれ、今釧路におられるのですね。お会いしたいです。野付半島も四季折々の顔がありますね。雌阿寒岳も冠雪し、いよいよ冬将軍の到来近し、一昨日は新得町で、消防士さんが、ひとつひとつの消火栓の水抜きをしていました。ドバッと道路が水浸しになる様子を、妻の実家のミニチュアダックスちゃんと
    眺めておおーっと感動していました。
    | Hiro | 2019/11/06 9:19 AM |
    おはようございます。山形牧師さん。
    釧路からコメントです。

    開陽台懐かしです。30年以上前に行きましたが
    どういうとこだったか覚えていません。

    ほんとは開陽台でなく裏摩周で湖を直に触りたかったです。今では湖に降りることも出来なくなりましたね。

    機会があったらもう一度、野付半島へ行ってみたい。
    | 森 泰之 | 2019/11/04 10:08 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586411
    トラックバック