<< 「阿寒湖に秋」 | main | 「支える」から「おつきあい」へ >>
「浸らせていただく恵み」
0

    ビューティフル!

    美しすぎて〜キミがこ〜わい〜

    (野口五郎さん)

     

    2019.9.12(木)

    本日、教会で行われた

    ママサロンで

    ママさんたちが作られた

    ハーバリウム

     

     

    キレイなお花を

    オイル漬け(ミネラルオイルかシリコンオイルで)すると

    1年以上も

    美しさを保つそう

     

     

     

     

    観ているだけで

    心癒されます。

     

    ママさんたちは

    ハーバリウムをつくる前に

    「きょうだいの子育て」というテーマで

    とりわけ「きょうだいげんか」について

    ちょこっと

    分かち合い

    学び合いました。

     

    ママさんたちも

    子どもたちも

    日ごろから

    「愛に浸されている」感があると

    不要なけんかを

    避けることが

    できることでしょう。

     

    ハーバリウムの花が

    長期間美しさを保てるのは

    オイルにどっぷりと

    全身が

    浸かっているから

     

    私たちの心が

    長期間きよらかさを保つ秘訣は

    聖霊(ホーリー・スピリット)

    という油(オイル)に

    浸らされること

     

    ハーバリウムのオイルは

    瓶の中のドライフラワーの一部分ではなくて

    全体を浸らせている

    必要があります。

     

    私たちも

    神様の愛と力ときよさに

    全身全霊が

    どっぷりと

    浸らされたいものです。

     


     また、ぶどう酒に酔ってはいけません。

    そこには放蕩があるからです。

    むしろ、御霊に満たされなさい。

    (新約聖書 エペソ5:18)
     

     

    全身が浸らされることを

    聖書のことばでは

    バプテスマ(浸礼)というギリシア語で

    表現します。

     

     

    浸礼式のときに

    全身が浸かるのは

    それを象徴するためですね。

     


    バプテスマにおいて、

    あなたがたはキリストとともに葬られ、

    また、キリストとともによみがえらされたのです。

    キリストを死者の中からよみがえらせた神の力を信じたからです

    (新約聖書 コロサイ2:12)
     

     

    今、停電が長期化している

    千葉県の

    ある町では

     

    ご厚意で

    無料で入浴提供されている

    施設が紹介されていました。

     

    猛暑が続く中

    お風呂のお湯に浸かることを

    切望されている

    皆さんにとっては

    どれほどありがたく

    癒されることでしょう。

     

    一刻も早い

    電力の復旧が

    実現しますように。

     

    北海道に住まう私たちも

    昨年のブラックアウトを

    体験した教訓を生かしながら

     

    一時の安逸に「浸りきる」ことなく

    神の愛と使命に

    「浸りきる」者と

    されたいです。

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586355
    トラックバック