<< 「今日は何日ですか?」 | main | 「踊りが祈りへ」 >>
「いのちはつづくよ、いつまでも」
0

    2019.9.7 10:30~

    釧路市北斗霊園にて

     

    心配された雨も上がり

     

    今年の5月

    主イエスのもとに帰られた50代男性

    Aさんの納骨式が行われました。

     

     

     

     

    皆さんで、讃美歌を唄い、

     

     

    皆さんで、代表の方のお祈りに心を合わせ、

     

    皆さんで、

    聖書で約束に耳を傾け

     

    イエスキリストを信じる者に

    約束されている

     

    罪のゆるし

     

    死後、なくならない永遠のいのち

     

    やがて与えられる

    よみがえりのからだ

     

    の希望について

     

    確認し合いました。

     

     

     

    「桜散る

    残る桜も散る桜」

     

    そう謳ったのは良寛和上

     

    「生くるも

    死ぬるも

    我らは

    主のものなり」

     

    そう語ったのは

    使徒パウロ

     

    仏典では

    人間は死ぬ存在であるという

    「諦め」が

    語られ

     

    聖書では

    人間は死んでもなお

    なくならないいのちがあるという

    「希望」が

    語られる

     

     

    「わたしはよみがえりです。いのちです。

    わたしを信じる者は、

    死んでも生きるのです。」

    と語られたキリストは

    私たちの罪を償うために

    十字架で身代りに刑罰を受けて

    死んで葬られた後、

    三日後によみがえられました。

     

    スポーツの世界では

    「敗者復活戦」というのがあり

    それはとてもスリリングですが

     

    聖書の世界では

    「死者復活」という

    勝利の逆転劇が

    キリストを信じる者すべてに

    平等に

    用意されていて

    最高に桁はずれにスリリングです!

     

    主のもとに憩う故人を

    偲びながら

     

    「私も、主イエスに

    身をゆだねて
    残された地上生涯を全うし

    再び

    あなたに会えること

     

    そして

    キリストとともに

    いつまでも

    いるようになることを

    待ち望んでいます」

    そんな思いを込めて

    お花をお一人お一人が

    心をこめて手向けます。

     

     

     

     

    天に帰還されたAさんには現在保育園に通う

    小さな一人のお孫さんが

    おられます。

     

    お孫さんの大好きなおもちゃは

    プラレール

     

    「せんろは、つづくよ〜

    どこまでも〜」

     

    (主イエスを信じる者に備えられる)

    「いのちは、つづくよ〜

    いつまでも〜」

     


     3:15 それは、信じる者がみな、

    人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」


     3:16 神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、

    世を愛された。それは御子を信じる者が、

    ひとりとして滅びることなく、

    永遠のいのちを持つためである。


     3:17 神が御子を世に遣わされたのは、

    世をさばくためではなく、

    御子によって世が救われるためである。
    (新約聖書 ヨハネの福音書3:15〜17)

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 17:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586349
    トラックバック