<< 都会のミステリー | main | 金曜のキンレンカ >>
おかえりなさい
0

    2泊三日関東地方へ行き

    帰宅して

    妻の「おかえりなさい」は

    最上の癒しであることは

    言わずもがなですが

     

    加えて玄関先で

    私が不在中に

    咲き始めた釧路市民の花

    キンレンカの

    「おかえりなさい」も

    これまた嬉しいものでした。

     

    上の写真の錆びた鉄の棒は

    灯油タンクの脚です。

     

    我が家の庭で

    最も殺風景な場所が

    最も明るくなるようにという願いを込めて

    今年で2年目

     

     

    昨日はたんちょう釧路空港に

    信仰の友がお迎えに来て下さいましたが

    今日はたんちょう釧路空港へ

    私が神戸からの信仰の友を

    お迎えに参りました。

    信仰の友を我が家のランチに

    お迎えしましたら

    キンレンカの笑顔を写真に収めておられました。

     

    かつての我が家で

    灯油タンク付近を訪問客が

    写真に収めるなんてことは

    予想だにできないことでした。

     

     

    神戸では30度近いそうです。

    ひさしぶりの再会

    ご本人は、「今年で〜才になりましたのよ〜」と

    行く先々で

    お述べになられるそうですが

    年々お若くお見えになるご様子で

     

    これは神様からの使命をいただいて

    その務めにまい進されて

    歩まれている方は

    日々新鮮にされているのだなと

    改めて思わされました。

    とっても励まされます。

     

     「四十、五十は洟垂れ(はなたれ)小僧
      六十、七十は働き盛り
      九十になって迎えが来たら
      百まで待てと追い返せ 渋沢栄一」

     

    渋沢栄一氏は

    更生保護の父

    キリスト者原胤昭の働きの

    良き理解者であり

    支援者のお一人として

    神が用いられた器です。

     

    渋沢氏の言葉によれば

    まだ私は

    鼻たれ小僧です。

     

     ですから、私たちは落胆しません。

    たとえ私たちの外なる人は衰えても、

    内なる人は日々新たにされています。

    (新約聖書 競灰螢鵐硲粥В隠供

     

     

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586284
    トラックバック