<< 「ただ一つの慰め」 | main | 「父の日の祈り」 >>
「パチンコから碁へ」
0

    (ご夫妻にご許可をいただいてアップさせていただきました。)

     

    夕方、ご近所の70代のAさんが

    戸外にいらっしゃいましたので

    お声かけしました。

     

     

    大きな病を通られて

    その後どうされているかと

    案じておりましたが

    お元気であられるとのことで

    安心しました

     

    どのようにしてお時間を

    費やされているかとお尋ねしましたら

    週2回

    碁を打ちに

    自転車で行かれているとのこと

     

    Aさんのお話を伺いますと

    碁仲間には

    大きな病を

    二つも三つも

    抱えている方が

    多いそうです。

     

    「もう、おれ死ぬかもしれない・・・」

    そうおっしゃって

    打ち終わって臥す方も

    いらっしゃるとのことです。


     

    「そんなに大きな

    病を抱える方々が

    どうして碁を打ちに来られるのですか」

    と伺いますと

     

    「碁を打っていると

    碁に集中して

    その間

    病の不安、心配から

    解かれるんだよね」

     

    それが心から楽しくて

    嬉しくて

    しょうがなくて

    やっているというよりも

     

    そうでもしていないと

    不安だから

    心配だから

     

    定年退職後の方々が直面する2つの

    悩み、心配、不安は

    「お金」と「健康」

    と言われます。

     

    不安から解放されるために

    心配ごとから解放されるために

    そのあえぎを

    どうやって解決するか

     

    一時でも

    不安や心配を忘れることができる

    営みの時間帯がほしい・・・

     

    Aさんのお話によると

    そのために

    まず、退職した人が

    第一選択肢として

    選ばれるものとして

    パチンコが多いそうです。

     

    必ずしも

    パチンコに行く人の

    すべてが

    パチンコが好きだから

    そこに行くのではない

    のだそうです。

    とりわけ

    ご高齢の方々の場合は。

     

    Aさんもそのお一人でしたが

    今は、碁に切り替え

    パチンコしている人に

    「碁をやりませんか」と

    碁にお誘いしているそうです。

     

    すると

    多くの人が

    「碁は難しそうだから」と

    足踏みするそうです。

     

     

    「先々のことを考えるので

    認知症予防にもなるんですよ。」

    とおっしゃるAさん

     

    「今度教えてください。」

    「ああ、いいよ。いつでもおいでよ。」

     

    急に

    目を輝かせたAさん

    会話していて

    もっともAさんが

    生き生きされたのは

    この瞬間でした。

     

    わたしどもの教会堂は

    使用していない

    時間帯が

    けっこうあるので

     

    これから碁のサークルを

    開いて

    御近所で、様々な不安や心配を

    抱えた方々の

    安らぎの場所として

     

    使っていただけたらどうかなあと

    祈りはじめています。

     

    主イエスは

    どのような方法で

    この地域の方々に

    安らぎを

    お与えになろうと

    されているのかなあ

     

    パチンコは

    ギャンブル依存症に

    なりかねないから

    やめましょう、と叫ぶだけでなく

    パチンコにまさる

    平安と喜びを

    様々なかたちで

    智恵を出し合って

    提供し合うことが

    具体的な隣人愛の実践なのでしょうね。

     

    碁を打ちに自転車で

    某会館に通われるAさん

     

    周囲を見渡して

     

    「この地域、なんもないもな〜」

    (※気軽に集って憩える場所がない)

     

    胸に刺さることばでした・・・。

     


    すべて疲れた人、

    重荷を負っている人はわたしのもとに来なさい。

    わたしがあなたがたを休ませてあげます。

    (新約聖書 マタイの福音書11:28)

     

    本日

    日曜礼拝

    皆さんのご来館をお待ちしています〜。

     

    第1礼拝 午前9時

    第2礼拝 午前10時45分

    第3礼拝 午後5時

     

    ご一緒に賛美歌を歌ったり

    お祈りしたり

    聖書のおことばを聴いていると

     

    悩み、不安の「種」を

    忘れられるというよりも

    むしろ

    平安を抱いて

    それらを

    直視できるようになります!

     

     


     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    小林塗装さま、コメントありがとうございます。
    ご高齢の方々が集いやすい環境整備のために色々とお知恵を分かち合っていただけると感謝です!
    | Hiro | 2019/06/16 6:33 PM |
    人それぞれの長年の仕事柄や生活リズムによっては、ご高齢の方の中にも新しい楽しみ方を見つけられない人が多くいるように感じます。

    僕自身は昔の地域感はわかりませんが、近所同士の繋がりはとても変化している現在、碁や将棋などで心身ともに整えていくのは良いですよね!

    空いた時間に教会堂の提供をお考えとの事なので、普段行っている事が活きた良いご提案で素晴らしいです。
    | 小林塗装 | 2019/06/16 2:10 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586259
    トラックバック