<< 「泣いている人は幸い」 | main | 「みんな2重国籍」 >>
「背中を洗い合うこと」と「サウナ・水風呂」
0

     

    今日は

    久方ぶりに

    帰省中の

    二男坊と

    温泉に

    浸かりました。

     

    我が家では

    長男坊とであれ

    二男坊とであれ

    親子で

    温泉に入る際は

    決まって

    親子で

    背中を洗い合う習慣が

    あります。

     

    それは

    息子が

    20代になった今も

    続いています。

     

    まず父親が

    息子の背中を

    洗い

    次に息子が父親の背中を

    洗うという順序です。

     

    息子の背中を

    ごしごし

    洗いながら

    肩幅が年々がっちりしてきたり

    逆三角形で

    筋肉がもりもり

    ついてきていると

    おお、筋トレで鍛えているなあ

    という手ごたえを感じられますし

     

    息子は息子で

    私の背中を洗うたびに

    背中が

    小さくなってくる様

    を通して

    父親の「老い」というか

    「衰え」を

    痛感している

    かもしれません。

     

    互いに

    服を身に着けている時には

    気づけないことが

    裸になることで

    気づき合えるという点で

    背中を洗い合うことは

    とっても

    いいことかなと

    思います。

     

    これから

    互いに

    年をとっても

    背中を

    洗い合う関係は

    続けていけると

    嬉しいなあ、

    そう思っています。

     

    背中を

    洗い合いながらの

    コミュニケーションは

    楽しいものです。

     

    私と

    父親の場合も

    そうでしたねえ。

     

    山形家の

    伝統として

    代々受け継がれれば

    嬉しいなあと

    思います。

     

    そういえば

    主イエスも

    まず

    自分の方から

    弟子たちの足を

    洗いましたねえ〜。

    次に

    サウナで親子二人で並んで

    座って

     

    熱さを

    約10分間

    耐え忍び

    一緒に汗びっしょりになり

     

    水風呂に

    二人

    浸かって

    冷たさを耐え忍び

    一緒に震え上がり

     

    たとえ火の中

    水の中〜

    ・・・を3回繰り返しました。

     

    「こうやると、血管が弛緩、収縮を

    繰り返して

    血のめぐりが良くなるらしいぞ〜」

    と言うおやじと

    「へ〜そーなんだ」と静かに返す息子

     

    不思議と

    息子と一緒に

    サウナに入っていると

    一人で入る時よりも

    長時間居られるような

    感じ・・・

     

    また

    息子と一緒だと

    水風呂も

    長時間浸かるのに

    耐えられるような

    感じ・・・

     

    言い方を変えると

    同じ時間、サウナの中や水風呂に

    いても

    短く感じられるのです。

     

    聖書の中で

    神様は耐えられない試練に

    私たちを

    遭わせない

    とおっしゃって

    おられることの

    意味の一つは

     

    愛といつくしみに富む

    神様が共に

    おられることが

    信じられると

    試練に直面することはあっても

    その試練を

    短く感じられるということ

    なのでしょうね。

     

    あなたが水の中を過ぎるときも、

    わたしは、あなたとともにいる。川を渡るときも、

    あなたは押し流されず、火の中を歩いても、あなたは焼かれず、

    炎はあなたに燃えつかない。

    (旧約聖書 イザヤ書43:2)

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586074
    トラックバック