<< 男たちのクリスマス2018 | main | 「和」を尊ぶ教会(ジャボンズ48!誕生) >>
いつもあなたのそばに
0

    釧路市文苑にお住まいのAさんは

    米寿を過ぎても

    見事免許更新され

    (認知症検査も、路上検査もパス!)

    毎週、元気に

    運転されて

    教会の日曜礼拝に

    お見えになります。

     

    昨日のクリスマス

     

    愛犬アイちゃんを助手席に伴って

    訪ねてくださいました。

     

    アイちゃんはいつも

    Aさんの寵愛を受けています。

     

    いつもそばで見守っているかのよう。

    飼い主にとっても従順なアイちゃんです。

     

    「男の人は嫌いでネエ

    男の人には、

    普段は吠えるんですよ。」

     

    でも

    私にはまったく

    吠えません。

     

    3つの理由を思いめぐらしました。

     

    1.Aさんと私が信頼関係にあることを

    察知しているので

    吠えて、ご主人を守る必要がないとわかったから

     

    2.私が、弱そうに見えて

    吠えなくても大丈夫そうだと

    判断したから

     

    3.アイちゃんの

    姉妹犬が

    我が家でかつて

    飼っていた

    今は亡きマリであることを

    覚えていて

    私を

    義理の叔父のように

    思っていてくれているから

     

    いずれにしても

    久しぶりに

    マリにあったような

    懐かしさに心癒されました。

     

    今年のクリスマスプレゼントかな

     

     

    飼い主がやさしいと

    飼われている犬も

    やさしくなるのですね。

     

    日本では飼い猫の数が

    飼い犬の数を超えたというニュースも

    目にしましたが・・・

     

    私は、猫の毛のアレルギーも

    あってか

    やっぱり

    犬の方が近づきやすいですし

    犬の方も近づいてきてくれます。

     

    神様と私たちの関係にも

    似ているかな

     

    神に近づきなさい。

    そうすれば、

    神はあなたがたに近づいてくださいます。・・・

    (新約聖書 ヤコブの手紙4:8)

     

    アイちゃんは

    Aさんに愛されて

    とても穏やかで

    幸せそうです。

     

    クリスマスは

    過ぎましたが

     

    主イエスは

    私の横を

    決して通り過ぎません。

     

    信じる人の心の中に

    1年中とどまってくださいます。

     

    ともにおられる

    イエス様に

    愛されていることを

    覚えられると

     

    穏やかに

    この年末・年始も

    過ごすことができますね。

     


     恐れるな。わたしはあなたとともにいる。

    たじろぐな。わたしがあなたの神だから。

    わたしはあなたを強くし、あなたを助け、

    わたしの義の右の手で、あなたを守る。
    (旧約聖書 イザヤ書41:10)

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586053
    トラックバック