<< 「鶴居グリーンパークでクリスマス会」 | main | 「FMくしろ」にて >>
「あふれる灯油!」
0

     

    あーあー

    ファン式ストーブの

    灯油が切れ

     

    物置のポリタンクから

    給油しようと

    早朝

    一生懸命

    手でポンプを握っては放し

    握っては放しを繰り返すうちに

     

    ジャパーッと

    給油口から

    灯油があふれてしまいました。

     

    あ〜

    もったいないことを

    してしまいました。

     

    一滴たりとも

    むだにしたくない

    と思っていたのに・・・

     

    今朝5時半

     

    氷点下15度以下

    我が家の居間のガラスの内側のヘリに

    氷がたくさん付着して

    結露も一杯!

     

    聖書を読んでお祈りしようと

    ストーブを

    つけた途端

    いきなり

    給油サインの赤ランプが

    点灯!

     

    動きたくないタイミングで

    動かざるをない

     

    動きたいとき

    停止を余儀なくされる

    とかく、人生で起きがちなこととはいえ

     

    こういうタイミングで

    灯油切れサインが出ることの

    実に多いこと・・・

     

    灯油のにおいが

    いまだ離れない手を動かしながら

    PCをたたいています。

     

    昨晩は

    寒いので

    ついには

    毛糸の帽子をかぶって

    布団にもぐりこみました。

     

    「えっ!帽子かぶって寝るの??」

    と妻も驚く。

     

    就寝中

    深夜に

    ゴトンと音がして

     

    湯たんぽを

    落としてしまっても

     

    拾うために

    起き上がることすら

     

    寒くて

    難儀して

    そのままにしておきやすい

    この頃です。

     

    12月からこんなに寒くなるのは

    珍しいです。

     

    今の時期は

    キリスト教の暦では

    「待降節」(アドベント=「到来」という意味)

    と呼んで

     

    クリスマスまでの4週間

    毎週日曜日に1本ずつ

    キャンドルをともすという

    習慣があるのですが

     

    寒さに堪えている

    私の正直な気持ちとしては

     

    クリスマスよりも

    むしろ

    来年のあったかい春を

    待ち望む気持ちの方が

    より強いかなあ〜

     

    待ち望む間のつらさは

    到来したときの

    喜びによって

    すべておおわれるもの

     

     

    今朝

    灯油缶から

     

    油があふれ出ましたが

     

    私の心の缶から

     

    今日

     

    聖霊による

    感謝と愛が

    あふれ出ますように

     

    周囲の人に

    灯油臭ならぬ

     

    キリストの香りが
    広がっていきますように!

     

    しかし、神に感謝します。

    神はいつでも、

    私たちをキリストによる凱旋の行列に加え、

    私たちを通してキリストを知る知識の香りを、

    いたるところで放ってくださいます。

    (新約聖書 2コリント2:14)

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586036
    トラックバック