<< 「ママさんたちのクリスマス」 | main | 「先生、結婚しました!」 >>
「青白い砂丘」
0

    2018年12月8日

    まるで

    青白い砂丘のよう

     

    バッハのアダージョ

    BWV974のピアノ演奏の

    ユーチューブ動画も青白い

     

    心にしみすぎます・・・

     

     

    再生回数を見ると

    約200万回

     

     

    昨日断続的に降り積もった雪景色

     

     

    朝のお祈り会の後に

    約1時間除雪作業

     

     

     

    毎年12月8日には

    この本に目を通します。

     

    除雪を終え

    汗をかき

    少したっぷりめの

    朝食をとり

    あったかいストーブの熱と

    温かい日差しに照らされて

    バッハのアダージョBWV974を聴き

    この本を読んでいると

     

    まどろんできます。

     

    そして夢心地に

    ミズーリ艦艇上の降伏調印式の場面が

    目に浮かび

    そこに臨む淵田氏の心境が

    グーッとつたわってくるよう

     

    (妻が選び備えた玄関のクリスマスつりー)

     

    120円で購入した文語体聖書を

    あまり熱心に読んでなかった

    淵田美津雄氏(真珠湾攻撃総隊長)が

    粛然と起き上がって、

    聖書と取り組む

    きっかけになったのは

    ある日の新聞の

    「天声人語」でした。

     

    「聖書は、世界のベストセラーと言われている。

    人類の話すあらゆる国語に翻訳されている・・・・・。

    現代において、

    もし島流しの刑があると仮定して、

    島に流すにあたって、

    たった一冊だけ本を持っていくことを許すとの判決であったとしたら、

    世界人たちは、

    その一冊を聖書に求めるだろう・・・・。

    日本の皆さまよ、

    まだ聖書を一度も読んだことがない人がいらっしゃいますなら、

    心を開いて30頁だけでよいから読んで御覧なさい。

    必ずあなたの心を打つものがあるでしょう。」

     

    淵田氏は

    「これは、私にとって、まさしく天声人語であった。」

    述懐しながら

     

    「読みたいと思って買ってきた聖書を、

    忙しいにかこつけて

    読まないでいたものだから、天の声で

    小言を言われたのだと受け取った。」

    と語ります。

     

    そして主イエスの

    十字架の意味を知って

    驚き受け入れ

    クリスチャンになったばかりか

     

    巡回伝道者となって

    米国中を巡り歩くことになるとは

     

    本人も周囲も

    予想できなかった

    神のユニークなご計画でした。

     

    クリスマスの季節

     

    聖書に書かれている

    救い主キリストの到来の記事は

    何度読んでも

    新鮮な慰めをもって

    心に伝わってくるものです・・・

     

     

    「天声人語」といえば

    朝日新聞

     

    釧路新聞は「余塵」

     

    その「余塵」には必ず毎朝

    目を通しますが

    「余塵」の横にある

     

    「番茶の味」も欠かせません。

    今朝も

    コーヒーを味わいながら

    「番茶の味」を

    楽しませていただきました。

     

    とりわけ今週は

    釧路生まれ釧路育ちの

    釧路神愛キリスト教会牧師

    佐々木健先生の執筆

     

    誰にでわかることばで

    クリスマスシリーズを

    やさしく

    語ってくださっています。

     

    佐々木先生のやさしい

    お人柄がにじみ出いています。

     

    こんな素敵な牧師さんがいる町

    釧路はイエス様から

    つくづく愛されている町だ

    と思います。

     

     


    2:10 御使いは彼らに言った。

    「恐れることはありません。見なさい。

    私は、この民全体に与えられる、

    大きな喜びを告げ知らせます。
    2:11 今日ダビデの町で、

    あなたがたのために救い主がお生まれになりました。

    この方こそ主キリストです。

    (新約聖書 ルカの福音書2:10〜11)

     

    「救い主、救い主っていうけど

    何からの救い主なの?」

     

    「神に背を向けて生きてしまっている罪からの救い

    そして、その罪がもたらす悲惨さからの救いですよ。」

     

    「罪がもたらす悲惨さって何?」

     

    「死と死後のさばきです。」

     

    「救われたらどうなるの?」

     

    「罪がゆるされて、

     

    心に平安が与えられて、

     

    神のこどもとされて、

     

    永遠のいのちが与えられて、

     

    死後、世の終わりに

    新しい復活のからだが与えられて

     

    死後の裁きは

    無縁となり

     

    新しい天と地で

    主とともに生きることになります。」

     

    「で、どうやったら救われるの?」

     

    「心で信じて口で告白することをとおして救われます。」

     

    「イエス様、あなたは私の救い主です!」

    「神さまはイエスを死者の中からよみがえらせたと信じます。」

     

     

    イエス様が自分の罪の身代りに

    死んでよみがえられたことを

    心で信じて

    口で告白することで救われます。

     

    ぜひ今年のクリスマスは

    主イエスを

    心に信じ

    迎え入れ平安で満たされた歩みをされることを

    心からお勧めします。

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586034
    トラックバック