<< 人生とは「準備の連続」 | main | 「青白い砂丘」 >>
「ママさんたちのクリスマス」
0

     

    昨日、私どもの教会堂では、

    ママサロンの皆さんの

    クリスマス会がありました。

     

    ママさんたちが、

    ハンドベルで聖歌の練習に励まれ

     

    ご披露してくださいました。

     

    ハンドベルの音色はとてもきれいです。

     

    上のお子さんたちが

    幼稚園や小学校へ通っているという

    ママさんもおられましたし

    来月ご出産予定のママさんも

    おられましたよ。

     

    創造主がつくりたも

    いのちをおなかに宿して

    はぐくむという

    尊い使命を果たすべく

    日ごろから労苦されている

    ママさんたちへ

    心から尊敬と感謝をこめて

    救い主イエスの誕生は

    人類にとって

    すなわち

    ママさんたちにとっても

    喜びのしるし

     

    クリスマスの時期

     

    ママさんたちは

    一番大忙し

    そんなママさんたちが

    まず、誰よりも

    喜んで、憩っていただきたいと

    願います!!

     

    10分間のショートメッセージで

    次の三つのことを

    ママさんたちに

    お話しいたしました。

     

    聖書の神様はどんな神様か?

     

    1.約束を果たされる神様!

     

    キリスト誕生前に書かれた

    旧約聖書では

     

    実に驚くべきことに

    約350か所で

    救い主降誕の知らせが

    預言されています。

     

    どこで生まれるか?

    どんな民族、血筋、家系から生まれるか?

    どんな母親から生まれるか?

    どんな生涯を送られるか?

    どんな死に方をするか?

    死んだあとにどんなところに葬られたか?

    などなど

     

     

    すべてが綿密に約束されていて

    しかもその預言は100%

    寸分たがわ実現されました。

     

    人は

    約束を守ってもらえると

    愛を感じるものですね。

     

    神様は約束を守られる

    忠実なお方であることが

    わかります。

     

    神様は、まず救いの計画を立て

    そして準備をしっかりとされながら

    時至って、

    その準備したことを

    確実に100%

    実践されるお方

     

    ママさんたちがご家庭で

    クリスマス、正月、こどもの誕生日など

    お食事のメニューや

    飾りつけなどについて計画を練り

    準備に時間を費やし

    そして実践されることを通して

    「愛を家庭で現わされている」様子は

    まさに神様のありかたの

    反映のようで

    感動させられます。

     

    2.共におられる神様

     

    ある方が言いました。

    「慰めようとしないでください。

    ただそばにいてくれるだけでいいんです。」

     

    主イエスが神のあり方を捨てて

    人間として私たちの間に住まわれたのは

    私たちとともにおられることを

    示すためでした。

     

    「の」の字の哲学のお話を紹介しました。

    誰かが

    何かを言ったらオウムがえしに

    言い返しながら

    さりげなく「の」をつけることで

    共感の思いを伝えられるということ

     

    夫や子供が

    「やだな〜」と言ったら

    「やなの〜」という感じで

     

    主イエスが

    幼子の姿で

    お生まれになったのは

    幼子に寄り添うため

     

    他の死刑囚とならんで

    十字架につけられたのは

    自分の罪の故に

    死にゆく人に寄り添うため

     

    3.恐れを締めだす神様!

     

    愛は恐れを締めだす

    という聖句があります。

     

    こどもを「恐れさせる」ことを通して

    しつけをすることは

     

    心を不自由に

    させてしまいます。

     

    強迫観念を与えてしまい

     

    それは

    情緒面での

    健全な成長を妨げます。

     

    怒鳴りながら叱るのが

    よくないこととも

    通じます。

     

    最近は

    子育てアプリ

    しつけアプリとして

    こどもに恐怖心を

    与えて

    しつけしようという試みが

    あります。
     

     

    効き目があるから利用しよう

    ということで

    安易に利用することで

     

    こどもたちの心に

    ゆがんだ恐れが形成されて

    しまうことを危惧する

    心理専門家たちの声を聞きます。

     

    大切なのは

    怖いと感じた時に

    身近に

    抱きしめてくれる

    父親か母親の存在が

    あるかどうか

     

    こどもは

    誕生の際

    必ず

    母親の胎内から

    胎盤の

    へその緒を切られて

    生れてきます。

     

    ご出産おめでとうと

    周囲は祝福しますが

    生まれてくる赤ちゃんにとっては

     

    母親とのきずなを

    「切られる」という

    深刻な恐怖体験を

    通るという大試練

     

    それゆえに

    すべての幼い子供の心には

     

    「見捨てられる」

    「見放される」

    「断絶される」

    ことへの恐れが

    あると言われています。

     

    また子供たちは

    たいてい

    みな暗闇を怖がり、恐れます。

     

    私などは

    高校3年生まで

    闇を怖がりました。

     

    それは暗闇が象徴する

    死後の世界に対する恐れが

    心の中に存在するから

    と言われています。

     

    しかし主イエスを信じると

     

    主イエスがともにおられることが

    わかり

    罪ゆるされて

    永遠のいのちが

    与えられていることが

    わかり

     

    見捨てられる恐怖からも

    死後の恐怖からも

    解放されて

    恐れないで

    安心することができるのです。

     

    イエスキリストを信じることで

    神以外の人や霊や死を

    恐れたりびくびくすることが

    なくなり

    極めて力強く生きていくことが可能となります。

     

    ママさんたちが

    今年のクリスマス

    イエスを救い主として信じて

    永遠のいのちの希望と平安にあふれた

    生活を送られて

    こどもたちにも

    その希望や平安が

    流れていきますように!

     


    1:30 すると、御使いは彼女に言った。

    「恐れることはありません、マリア。

    あなたは神から恵みを受けたのです。
    1:31 見なさい。あなたは身ごもって、

    男の子を産みます。

    その名をイエスとつけなさい。

    (新約聖書 ルカの福音書1:30〜31)

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586033
    トラックバック