<< 釧路運転免許試験場にて | main | 訊ねてみないとわからない「予想」と「真実」 >>
「あと2年は・・・」
0

     

    Aさん「今63、

    あと2年は生きたいな〜」

     

    Bさん「えっ、あんたの

    おやじさん

    幾つで亡くなったんだい?」

     

    Aさん「おやじは68でした。」

     

    Bさん「親よりも早く逝くのは

    親不幸ってもんだよ〜」

     

    先日

    ある懇親会で

    同じテーブルの中で

    交わされた会話の中身ですが

    記憶に鮮明に残りました。

     

    二つの驚きがありました。

     

    ひとつは

    63歳の方が

    「あと2年生きたい」

    とおっしゃったこと

     

    「あと20年は生きたい」

    というなら

    平均寿命を意識した

    願いということで

    さもありなん

    とうなづけますが

     

    2年とは、あまりにも

    生きることに対する

    思いが少なすぎやしないか・・・

    と思ったものです。

     

    あと2年とおっしゃいながらも

     

    Aさんは

    毎日春採湖周辺を1万歩以上

    歩き

    医師の勧めに従って

    普段はアルコールを

    控えておられます。

     

    この日も会場まで40分以上かけて

    歩いて来られました。

     

    もうひとつの驚きは

     

    親の寿命まで生きないと

    親不幸という考え方

    があるということです。

     

    よく

    親よりも早く亡くなったら

    親不幸という言葉ならば

    よく聞きますが・・・。

     

    今回、懇親をともにした方々は

    皆さん60〜70代で

    年上

     

    私が最年少でした。

     

    かつて、釧路はこうだった

    ああだった

    という話が

    乱れ飛んで

     

    私は、終始うなづき通し

    もっぱら聞き役

    そして

    質問役に

    徹しました。

     

    とくにお酒が入ると

    話し好きの方は

    止まりません。

     

    実は、この懇親は

    名義上は「研修会」だったのですが

     

    講師の方が

    風邪でダウンされたこともあり

    懇親会のようになり・・・

     

    それでも

     

    一見無駄かな

    と思える

    雑談の中から

    見いだせる宝は

     

    意外にも

     

    用意周到準備された講義から

    得るものよりも

     

    はるかに多く

    しかも記憶に残り

    教訓も多いものだなあと

    つくづく思いました。

     

    日本酒を飲む方

    赤いビールを飲む方

    ワインを飲む方

    黒いビールを飲む方に交じって

     

    私は

    お〜いお茶を

    何杯も飲みながら

     

    聞き役、ひたすら聞き役に

     

    釧路の歴史を学ぶには

    最適な環境でした。

     

    先に生まれたと書いて

    「先生」ですが

    まさに先生たちに囲まれて

    幸いなひとときでした。

     

    ああ、今ごろAさんは

    春採湖の周囲を

    歩くにあたって

    身支度を整えておられるのでしょうねえ

     

    あと2年といわず

     

    主イエスを信じて

    永遠の希望を抱いて

    歩まれながら

    この地上でも長生きされて

    後世の方々に

    たくさんの埋もれかけた

    釧路の歴史を

    掘り起こして

    語り伝えていってほしいと

    願います。

     

    神は、実に、

    そのひとり子をお与えになったほどに

    世を愛された。

    それは御子を信じる者が、

    一人として滅びることなく、

    永遠のいのちを持つためである。

    (新約聖書 ヨハネの福音書3:16)
     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586023
    トラックバック