<< KiKiさん、再び釧路へ! | main | 「まだ見ぬものを待ち望みて」 >>
「宝にあふれた町!くしろ!」
0

    今朝の釧路新聞1面記事

    16万という数字が

    目に飛び込んできた時は

     

    「やばいんでないかい、釧路」という

    ブログテーマにしようか

    と最初は思いました。

     

    記事本文では「釧路市は雇用拡大を柱とした定住促進などに

    取り組んでいるが

    少子高齢化による人口減少に歯止めが掛けられない状況だ」

    と危機感を募らせる結び方となっていますが・・・。

     

    統計上

    社会減(転入数よりも転出数が多いこと)よりも

    自然減(出生数よりも死亡数が多いこと)が

    大きくなっているそうです。

     

    超高齢化社会のくしろ

    「高齢化」がいけないかのような

    イメージをもちがちな

    私たち

     

    医療福祉が充実して

    平均寿命、健康寿命が延びることは

    ある意味で、素晴らしいこと

     

    むしろ問題なのは

    「少子化」

    もっと産みたいのに

    産める環境が整っていない

    と思われていると

    いうことが

    はるかに大きな問題

     

    民生委員をさせていただいている

    恵みの一つは

     

    地域を訪問させていただき

    そこで

    数々の出会いが与えられること

     

    私の居住する

    釧路市橋南東部地区は

     

    釧路では

    最も高齢化率が大きい所

    となっています。

     

    言いかえると

    歴史の宝が最も

    多く見出せるところ

     

    たくさんの

    人生経験豊富で

    人格的にも

    素敵なご高齢の方々に

    お会いすることができて

     

    多くのことを

    学ばせて頂ける事を

     

    感謝しています。

     

    これらの諸先輩の

    汗と涙の滲むような

    ご労苦の上に

     

    釧路は発展し

    今日私たちは

    その恩恵に

    あずかっていると言っても

    過言ではないでしょう。

     

    大切なのは

    その先輩たちを

    下支えさせていただくための

    環境作りのために

    知恵を出し合うことですよね〜。

     

     

    わたしがあなたとともにいるので、

    あなたを襲って危害を加える者はいない。

     

    この町には、

    わたしの民がたくさんいるのだから。

    (新約聖書 使徒の働き18:10)

     

    新聞記事では

    道内6位の帯広と

    「差が詰まっており、

    近い将来の順位の入れ替わりも

    現実味を帯びている」

    と記していましたが、

     

    大切なのは

    「順位」云々ではないかなあ

     

    町の健康度の指標は

    「人口数」とは異なる

    違った物差しがあるはず

     

    それを定めて

    診断して

    対策を立てていく必要が

    あるかなあ・・・
     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1586013
    トラックバック