<< 「臨済宗」から「臨在宗」へ | main | 「感杯!」の恵み >>
今月の宗教教誨「舎房から娑婆へ」2018.11.6)
0

    落葉した

    栗の葉が

    マフラーのように

    我が家の玄関先のキンレンカたちを

    包み込んでいます。

    (2018.11.6撮影)

     

     

    この日は今月の宗教教誨

    釧路刑務支所で

    聖書のことばを待ちわびる10人の友に

    会えるわくわく感で

    私の心は朝から

    キンレンカたちのように

    にこにこ!

     

    ユニークな色のキンレンカ

    よくよく見るとみんなユニーク

    どの花弁のデザインも

    異なっている

     

    受刑者のみなさんの人生も

    みなユニーク

    人生色々

    だからこそ

    お互いが

    お互いから

    学び合える

     

    栗の落ち葉が

    マフラー代わりの

    キンレンカたち

     

    この日の宗教教誨で

    初めて参加されたAさんは

    愛するご家族のある方から

    差し入れで受け取った

    聖書のパンフレットを読んだことが

    きっかけで

     

    聖書を学んでみたいと

    思って

    参加してくださいました。

     

    そのパンフレットは

    Aさんにとって

    心のマフラーのよう

     

    気温が低下しても

    キンレンカの明るさには

    少しのかげりも

    見えません。

     

    わたしたちの人生も

    自分を取り巻く人々の

    視線が冷たく感じられたとしても

    いつでも

    主イエスが与えたもう

    自分色の明るさを

    キープさせていただきたいもの

     

     

    寒くても

    暖色を放ち

    見る人の心を

    あたためてくれる

    キンレンカの創造主の

    やさしさに感謝

     

    空を見上げるキンレンカ

     

    受刑者のみなさんに

    「出所後、行ってみたい国とその理由」を

    お尋ねしました。

     

    フィリピン、タイ、バリ島、

    スペイン、ポーランド

    アフリカ(サバンナ地帯)

    バチカン市国、

    アメリカ合衆国(ロスアンゼルス、ニューヨーク)

    などの国や地方が

    挙げられました。

     

    興味深いことは

     

    行ったことがあって

    再び行きたい方と

     

    行ったことがないけど

    いつか行ってみたい方の

     

    二つのグループに

    分かれたことです。

     

    もし

    聖書を読むなら

    天国は

    誰もが行ったことがないけど

    誰もが行ってみたいところ

    となるでしょう。

     

    聖書によれば

    そこは

    死も悲しみも叫びも苦しみもないところ

     

    と言う風に

     

    そこに「何が満ちているか」のみならず

    「ないもの」までも

    列挙されていることに

    心の慰めを覚えます。

     

    私たちは

    どこかに行きたいと言う時に

    「そこに〜がある(いる)から」

    という理由を挙げがちですが

     

    そこに〜がないからこそ

    むしろ安心して

    そこにいざなわれていくことができる

    それが主イエスのおられる天のみ国

     

    神は彼らの目から涙を

    ことごとくぬぐい取ってくださる。

    もはや死はなく、

    悲しみも、叫び声も、苦しみもない。

    以前のものが過ぎ去ったからである。」

    (新約聖書 ヨハネの黙示録21:4)
     

     

     

    枯れ葉に囲まれし

    キンンレンカ

     

    殺風景な景色も

    一変させてくれるキンレンカ

     

    今日お会いした

    80代のAさんに

    デイサービスに通われている

    施設のお名前を

    伺うと

     

    「きんれんかです。」

    と仰いました。

    「素敵な名前ですねえ」と

    申し上げて

    拙ブログで

    今回アップさせていただいた

    お写真をお見せしましたら

     

    大変喜んでくださいました。

     

     

     

     

    ふくよかで青々とした

    キンレンカの種が

     

    11月になっても

    こんなに

    獲れるとは思いませんでした。

     

    来年どんなきんれんかの花が

    咲くか楽しみだなあ

     

    昨日、宗教教誨で

    聖書のみことばにふれた

    刑務所の受刑者のみなさんの

    多くが

     

    主イエスを

    救い主として

    心に迎え入れるお祈りを

    されていました。

     

    主イエスのみことばの種を

    心に宿されて

     

    信じた者に与えられる

    聖霊の種も宿された

    お一人お一人が

     

    舎房という畑で

     

    また出所されて

    娑婆という畑で

     

    どんな素敵な花を

    咲かせてくださるか

    楽しみです。

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585997
    トラックバック