<< 全国初「牛乳で乾杯条例」 | main | 牧師さんたちの集い >>
「晩秋のパークゴルフ」
0

     

    日曜日の昼下がり

    メンズの有志たち(30代〜60代)で

    パークゴルフをしました。

     

    太平洋炭鉱パークゴルフ場は

    今シーズン最終日と書いてありました。

     

    釧路の秋の日差しは

    とてもまぶしくて

    戸外では

    サングラスをかけながら歩くか

    目をつぶりながら歩くかの

    選択となります。

     

    パークゴルフ場の風は結構冷たくて

    私にとっては

    マフラー必携

    帽子は亡父が82歳まで

    かぶり続けたもの

     

    何事もお祈りをもってスタート

    緑の芝生を備えたもう主に感謝

     

    Mさん

    この角度から見ると

    別人のよう

    球を上げる技術ぴか一

     

     

     

     

     

    Sさんのボールが

    割れる、という

    アクシデント

     

    ボールは割れても

    地球が割れようとも

    信仰の仲間は

    仲間割れしない!

     

    会堂に戻ると

    Tくんが

    ビスコで

    労をねぎらってくれました。

    ありがとう!

     

    それにしても

    今もあるんだ〜

    ビ・ス・コ

     

     

    ヤスコさんの存在は

    知りませんでした!

     

    ビスコ坊やの

    クラスメートかな〜

    それとも妹さんかな〜

     

    わたしは3代目のビスコ世代

    髪型も

    3代目ビスコ坊やに似ていましたね〜

     

    それにしても

    昭和8年

    戦前から

    ビスコがあったとは

    驚きですね。

     

    昭和、平成、そして新たなる元号に

    向かって

    ビスコは躍進するのですね〜

     

    ビスコは

    なぜビスコと言うか

    酵母菌のビスケットということで

    酵母ビス

    コービス

    ビスコ

    となったそうです。

     

    うまい発想ですね!

     

    ビスコのキャッチフレーズも

    ヤスコのキャッチフレーズも

    どちらも

    「おいしくて強くなる」

     

    「おいしくて強くなれる」でなく

    「おいしくて強くなる」と

    信仰的とも思える表現が

    う〜む

    なかなか味があります。

     

     

    教会の

    メンズの我々も

    肉体の鍛錬

    心の鍛錬

    霊の鍛錬

    バランスよく

    励みつつ

     

    主によって

    「強くなる!」

     


     目を覚ましていなさい。

    堅く信仰に立ちなさい。

    雄々しく、強くありなさい。
    (新約聖書 1コリント16:13)

     

    「強くなりなさい」ではなくて

    「強くありなさい」

    という表現に

    聖書独特の味が

    感じられます。

     

    神様が私たちにお与えになる

    強さというのは

     

    私たちの

    DOING

    (何をするか)という行為そのもの

    というよりも

     

    私たちの

    BEING

    (どうあるか)という態度なのですね。

     

    「強くなる」のは

    素晴らしいことですが

     

    「強くある」ことは

    さらに素晴らしいこと

     

    新約聖書のおよそ半分を

    記したパウロは

    外見は弱弱しく見られて

    軽んじられることが

    ありました。

    「パウロの手紙は重みがあって力強いが、

    実際に会ってみると弱々しく、話は大したことはない」

    と言う人たちがいるからです。

    (新約聖書 競灰螢鵐硲隠亜В隠亜

     

    今日は

    パフォーマンスの時代風潮

     

    目に見える

    人からどう見られるかに

    心を奪われ

     

    強く見られるように

    弱弱しく見られないように

     

    という動機で

     

    肉体増強に励まれる方も

    おられるようです。

     

    肉体増強そのものは

    良いことだと思いますが

    動機が肝心かも

     

    聖書では

    「外なる人は衰えても

    (キリストにあって)

    内なる人は日々新たにされる」
    約束しています。

     

    「真の強さのカギ」は

    聖書を読む限り、

    それは

    キリストとのつながり感を

    かみしめながら

    生きることに

    あるように思われます。

     

    寒さが増して

    呼吸器疾患を持つ私にとっては

    弱さを覚える季節

    となりました。

     

    ですから私は、

    キリストのゆえに、

    弱さ、侮辱、苦悩、迫害、困難を

    喜んでいます。

    というのは、

    私が弱いときにこそ、

    私は強いからです。

    (新約聖書 競灰螢鵐硲隠押В隠亜
     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 09:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585988
    トラックバック