<< 「ゴスペルは愛、そして心のエンジン!」(ライブまであと3日!) | main | 「あれから7年」(ゴスペルライブまであと二日) >>
「炭鉱『ヤマ』の喫茶」
0

    友人から

    「コーヒーチケットがあるので、

    ご一緒にいかがですか〜」

     

    とお誘いを受けて

     

    桜ヶ岡1丁目の喫茶店

    「珈琲坂」さんへ

    まいりました。

     

    外から見かけても

    入るのは初めて

     

     

     

     

    元炭鉱マンのAさんがマスターです。

     

    細い縮れ麺の由来は

    漁師さんが早く食べるため

    とは聞いたことが

    ありましたが

     

    早く食べなければならなかったのは

    何も

    漁師さんに限ったことではなく

    炭鉱マンの方々も、だったのですね。

     

    「炭鉱ラーメン」の存在を

    初めて知ることになりました。

     

    1962年当時

    私が誕生した年の釧路川岸壁

     

    集結していた漁船の数の多さには

    驚かれます。

     

    川幅がほとんど漁船で

    埋め尽くされていますね!

    かつての繁栄ぶりがうかがえます。

     

    釧路の炭鉱の町の歴史を

    回想することができる

    郷愁漂う

    喫茶店です。

     

    こういうお店に

    来られる方々に

     

    町の歴史や

    自分自身の歩みを

    振り返りつつ

     

    次世代に

    語り伝えていこうとされる

    マスターの志に

    感銘を受けました。

     

    私も

    主イエスの十字架の

    愛の奇跡のわざを

     

    一人でも多くの人に

    語り伝える者と

    されていきたいと

    改めて思わされました。

     

     神よ私たちはこの耳で聞きました。

    先祖たちが語ってくれました。

    あなたが彼らの時代昔になさったみわざを。
    (旧約聖書 詩篇44:1)

     

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585966
    トラックバック