<< 「夕映えが美しい」 | main | 「復旧の礎」となる人々 >>
「花を愛でるご夫妻」
0

    DSC03148.JPG

    奥様が大好きな、ダリア

    ご主人が大好きな、キンレンカ

     

    ご夫婦が

    それぞれ

    自分のお好みの

    お花を隣接して

    植えて

    共に

    育てて

    楽しまれておられます。

     

    お花を愛でておられる

    なんと

    麗しいご夫婦でしょう!

     

    DSC03128.JPG

    釧路市の花といえば

    キンレンカ

     

    そのキンレンカ普及に

    いそしまれておられる

    吉田さんは

    富士見坂キンレンカの会 

    代表をされています。

     

    お一人で

    数日かけて

    数千粒の

    キンセンカの種を

    富士見坂に

    播かれて

    多くの釧路市民をはじめ

    観光客の方々にも

    喜ばれていますね。

     

     

     

    DSC03129.JPG

    富士見坂のみならず

    興津通りにも

    吉田さんが植えた

    キンレンカが・・・。

     

    DSC03130.JPG

    一方

    こちらは興津通りのキンレンカと

    道路を挟んで

    反対側

    美しく咲き乱れる

    ダリア

     

    こちらは

    吉田さんの奥様が

    植えて

    手入れされておられます。

     

    DSC03134.JPG

    ご主人が手をかけられている

    富士見坂のキンレンカ

    も素敵で見事ですが

     

     

     

    DSC03136.JPG

    奥様の興津ダリアも

    素敵で見事であるばかりか

    豪華です。

     

     

    DSC03139.JPG

    色とりどりのダリアは

    歩行者のみならず

    車で通りかかる方々の目も

    楽しませてくれます。

     

     

    DSC03144.JPG

    私が特に

    目を引いたのは

    レモン色の美しさ

     

     

    DSC03145.JPG

    美しすぎます。

    「美しすぎて、君がこ〜わい〜」

    なんて昔の歌謡曲の歌詞がよみがえってきました〜

     

     

     

    DSC03153.JPG

    興津の吉田さんのご住宅前の

    キンレンカの葉の大きさには

    驚きましたね〜

     

     

    DSC03150.JPG

    なんと手のひらサイズの

    大きな葉っぱ!

     

    汚泥肥料を使用されて

    いるとのことです。

     

     

     

    DSC03154.JPG

    キンレンカの種は

    天気の日には

    コンクリートの上で

    地熱を利用して

    乾燥させるそうです。

     

    湿気があると

    カビが生えてしまうそうです。

     

    板の向こう側は

    朱色のキンレンカの種だそうで

    このように

    板で

    仕切って

    混じらないようにして

    翌年

    分けて植えるそうです。

     

    大地には穀物が豊かにあり

    山々の頂では

    実がレバノンのようにたわわに揺れ

    町の人々は地の草花のように

    咲き誇りますように。

    (旧約聖書 詩篇72:16)

     

    ダリアのお花と

    キンレンカのお花がきれいな

    興津地区で

     

    火力発電所が現在建設中

     

    地元の方々は

    建設反対の署名運動を

    されたそうです。

     

    石炭を運ぶトラックの

    走行によって

    家の中の振動が

    激しくて

    タンスが

    がたがた揺れて

    地震のように感じられて

    困惑された方も

    おられたとのことです。

     

    火力発電所ができても

    そこで発電される電力は

    発電所近くに居住されている方のために

    使われるわけではなく

     

    あくまでも

    建設に

    出資された会社・企業に

    流れるのだそうです。

     

    そこで生活されている

    地元の方々にとっては

    複雑な心境のよう

     

    煙突から出る排煙についても

    不安の声もあるそうです。

     

    発電所建設現場

    美しい花畑

    ああ、なんというコントラストか・・・

     

    この地に30年以上もお住まいで

    花をこよなく愛しておられる

    吉田さんにとって

     

    発電所の存在は

    どのような意味をもつか

    考えさせられました。

     

    釧路に訪れる人々から

     

    「釧路には

    いたるところに

    ソーラーパネルが

    あるね〜」

     

    と言われるよりも

     

    むしろ

     

     

    「釧路の町には

    どこを歩いても

    お花(キンレンカなど)がいっぱいで

    明るくて

    いいね〜!」

     

    そう思われたら

    嬉しいですね!

     

    吉田さんご夫妻の

    お働きがますます

    広げられ

    賛同者や協力者も

    増やされて

     

    釧路の町が

    さらに美しい町とされますように

    祝福をお祈りしています。

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585944
    トラックバック