<< 「カナダから愛のカーペンターズ」(被災地支援) | main | 「日高町に働き手を!」 >>
「KIKIさんとおかあさん」(敬老の日によせて)
0

    昨日の私たちの教会の礼拝に

    ゴスペル歌手KIKIさんと

    おかあさまがご出席くださいました。

     

    来月のライヴに向け

    土日の

    ワークショップのため

    ご自分で札幌から

    ノンストップで運転されて来られた

    KIKIさん

     

    せっかくの機会でしたので

    がんで闘病生活を送られる中で

    主イエスから大きな励ましを

    いただいた体験のお証を

    していただくことができました。

     

    札幌でKIKIさんの

    主治医の先生が

     

    KIKIさんのコンサートに

    来られて

    聴衆の前で

    ご自身も

    クリスチャンであることを

    告白されたという出来事も

    聴くことができ

    興奮しました。

     

    (かつて釧路市の鳥取地区にお住まいになられていたことが

    おありというKIKIさんのおかあさま)

     

    この日

    札幌市内でお一人暮らしをされている

    KIKIさんのお母様も

    ご同行され

    ご一緒に礼拝にあずかりました。

     

    お母様も

    娘さんのKIKIさんと

    同じ病を患われていたことを

    初めて伺いました。

     

    母親から

    継承した病?

     

    その逆に

    娘から継承した信仰!

     

    今は

    お母様も

    KIKIさんを

    通して主イエスの福音を聴かれ

    主イエスを

    自分の罪からの救い主として

    信じて

    生まれ変わりを体験され

     

    洗礼を受けられ

     

    毎週教会の礼拝に行くのが

    最高の生きがいとなっておられるそうです。

     

    毎日、喜びと感謝を持って

    生活されています。

     

    お母様は

    さまざまな

    現在、肉体的重荷を

    かかえられ

     

    この日も杖をつきながら

    KIKIさんに片腕を

    支えられ

    来られました。

     

    先日、お母様は

    ご自宅の中で倒れて

    左腕肩関節を

    脱臼されました。

     

    現在

    週5回のデイサービスを

    受けられ

    さまざまな介助を必要とされています。

     

    そんな弱さの中におられる

    おかあさまですが

     

    今回の地震の際に

    札幌市内で

    行くあてのない

    ご高齢の方からお電話をいただき

     

    なんとお母様は

    そのお方を

    いつくしまれ

     

    ご自分の家を開放し

    寝食の場を提供され

     

    ケアされる側から

    ケアさせていただく側となられ

    しっかりと

    被災者支援をされました。

     

    「私助ける人、

    あなた助けられる人」

     

    「私助けられる人、

    あなた助ける人」

     

    そういった

    発想、構図が必ずしも

    当てはまらないのが

    災害時の

    援け合い

     

    なのですね。

     

     

     

    この日の教会ランチは

    おいしい野菜カレー

    かぼちゃの味が

    甘みを引き立ててくれました。

     

    何よりも半熟卵が

    超美味で

    感動を覚えました。

     

    KIKIさんのお母様も

    初めてズッキーニを

    お召し上がり

    になられたそうで

     

    すべて残さずに

    おいしい、おいしいと

    お食べくださり

    感謝でした。

     

    教会でのお交わり

    とても楽しんでくださり

     

    次回も

    「絶対来たい!」と

    仰ってくださり

    とてもうれしかったです。

     

    KIKIさんの

    お母様は

    KIKIさん同様

    明るくて

    愉快な方でいらっしゃり

     

    KIKIさんが

    札幌から車で運転される道中

    助手席で

    KIKIさんが眠くならないように

    努めてお話続けられたそうです。

     

    お母様が

    そのことを

    私に打ち明けてくださったとき

     

    KIKIさんは

    驚いて

    「え〜おかあさん、そうだったの?

    寝ていても良かったのに!」

     

    「そういうわけにはいきませんよ。

    せっかく長い距離

    運転してくださっている方に

    失礼ですもの・・・」と

    返されるお母様

     

    とても仲の良い

    母娘

    そして尊敬しあう

    母娘

     

    親しき仲にも

    「尊敬」あり

     

    麗しい

    母娘の関係・・・

     

    今日は敬老の日ですね・・・

     

    KIKIさんは

    お一人暮らしを

    されているお母様に

    毎日お電話をされたり

    お訪ねしたりして

    よくケアをされつつも

    「今後のことが気がかりです・・」

    とても母親思いのKIKIさんの

    やさしさが

    この日も見られました。

     

    華々しいゴスペルコンサート会場の

    ステージで

    ぴかぴかの

    スポットライトを浴び

    耳をつんざく

    拍手喝さいを

    受ける姿よりも

     

    むしろ

    ご高齢の母親を

    助手席に乗せて

    地方のワークショップに

    伴い、寝食を共にし

     

    誰が見ていなくても

    ゆっくりとした足取りの

    お母様の歩調に

    合わせて

    腕を

    支えながら

    微笑んで

    礼拝堂に向かっていく姿に

     

    むしろ何百倍もの

    信仰者としての輝き

    を感じさせられます。

     


     もしも親族、

    特に自分の家族の世話を

    しない人がいるなら、

    その人は信仰を否定しているのであって、

    不信者よりも劣っているのです。

    (新約聖書 1テモテ5:8)

     

     

    今頃、

    KIKIさんとおかあさま

    札幌へお戻りになる

    お車の中かな?

     

    私も

    来週は

    妻と、妻の実家の

    お母様をお訪ねする予定です。

     

     あなたは

    白髪の老人の前では起立し、

    老人を敬い、

    またあなたの神を

    恐れなければならない。

    わたしは主である。

    (旧約聖書 レビ記19:32)
     

     

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585932
    トラックバック