<< 「北海道胆振東部地震」(釧路二日目) | main | 今月の釧路刑務所宗教教誨(2018.9.4) >>
「北海道胆振東部地震」(釧路三日目の朝)
0

    2018.9.8

    釧路新聞朝刊の1面写真は

    水圧が低下した桜ヶ岡と白樺台の世帯に対する

    給水活動の写真が掲載されていました。

    我が家の近くです。

     

    札幌市内で

    私の友人牧師たちの

    以下の三つの教会では

    給水

    充電サービスを提供していますので

    どうぞ

    ご近所の方

    ご利用ください。

    また情報拡散希望します!

     

    札幌福音自由教会

    〒062−0034

    札幌市豊平区西岡4条8丁目4−21

    電話011−855−5844

     

    グレースコミュニティ

    〒006−0832

    札幌市手稲区曙2条2丁目4−15

    電話011−683−5523

     

    札幌キリスト福音館

    〒001−0027

    札幌市北区北27条西15丁目1−28

    電話011−758−4937

     

    『あなたの隣人を

    自分自身のように愛しなさい』

     

    (新約聖書 マタイの福音書22:39)

     

    今日も安否不明者の方々の

    捜索活動が

    守られますように。

    (私の親戚の自衛隊員の方も

    捜索活動にかかわっています。)

    主の守りと平安が

    北海道民の上にありますように!
     

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 07:54 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    Mスクエアさま、コメントありがとうございます。節電を心がけたいと思いました。「日本は(不必要な部分において)明るすぎる」のかもしれませんね。10月末に、教誨師の大会で広島へまいります!
    | Hiro | 2018/09/09 7:50 AM |
     山形牧師様

    ご無事で何よりです。
    この夏から今にかけて、西日本の大水害、台風での関西被害、そして北海道の大地震と日本を災害が見舞っています。
     北海道の多くの山が崩れた写真を見た時には、正に終末を描いた映画の様に感じてしまいました。

     幸いにして私の所は平穏な日々を過ごしておりますが、これだけ続くと、生きているのが辛くなったり、自暴自棄に走ったり、はたまた迷惑な終末を唱える邪教の類もたくさん出て来ます。

    やはり、平時から安全や防災、命を守るための知識をしっかり身につけていかないといけませんね。
    もし参考になるようでしたら、小冊子にもなっていますが「東京防災」は、都民に限らずHPで無料公開されていますので、災害時のバイブルとして、ダウンロードされ一読されることをお勧めいたします。

    困難な日が続くかもしれませんが、健やかにお過ごし下さい。
    災害(さいがい)も幸い(さいわい)も、一字違いで大違いです。
    災害のないことが、何と奇跡な幸いなことだと、感じずにはおれません。
    災害を通して、幸いが再び もたらされますように。!
    | Mスクエア | 2018/09/08 4:41 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585918
    トラックバック