<< 「北海道胆振東部地震」(釧路三日目の朝) | main | スパゲティ・ベジタブルソース >>
今月の釧路刑務所宗教教誨(2018.9.4)
0

    (旭川刑務所は北海道ではただ一つ

    全室個室ベッド、椅子、洗面台、トイレ

    壁掛けTV完備)

     

    (網走監獄博物館展示室)

     

    (網走監獄博物館展示室)

     

    今月の宗教教誨は

    通常行う講堂(祭壇がある)が

    使用できず

    やや狭い研修室で行いました。

     

    狭い空間のためか

    お互いの距離が接近し

    心なしか

    心も接近できたように

    感じて

    とてもよかったです。

     

    今回は

    受刑者おひとりおひとりに

    自分で制御するのが

    困難な欲望とか心理を

    分かち合える範囲で

    分かち合ってみよう

    ということになりました。

     

    Aさんは、

    アルコールに対する欲求

    それが性的欲求への引き金になること

    Bさんは、お金があると

    遣いきってしまいたくなる欲求

    Cさんは、

    過去の出来事に対する後悔の念

    Dさんは、

    将来に対する不安

    Eさんは、単調な生活の中で

    襲いかかる「退屈さ」

    Eさんは、

    仕事と家庭生活でのオンオフの

    切り替えが困難で

    思い煩いを

    引きずってしまうことなど・・・

    私も含めて

    すべての人が

    何らかの

    自分で制御困難な「課題」をおもちなんだなと

    思わされます。

     

    Fさんが

    毎晩深夜に決まって目が覚めて

    思索する時間となることを

    分かち合ってくれました。

     

    刑務所では通常

    午後9時就寝

    午前6時50分起床

    ですから

    合計9時間50分は

    床に身を横たえて生活

    することになります。

     

    およそ成人男性で

    病気療養などの理由以外で

    ふだん9時間50分

    床に身を横たえる生活を

    送られる方は

    極めて少ないと思います。

     

    それを「苦痛」と感じるか

    それとも「恵み」と感じるか

    個人差があるでしょうが

    人間として

    自分の過去を振り返り

    自分の現在を見つめ

    自分の将来を思い巡らすための

    時間は

    とても大切でしょう。

     

    パスカルが

    「人間は考える葦」という

    有名なことばを残しましたが

     

    考えるための時間が

    多く与えられているということは

    人間らしく生きる時間が

    それだけ保証されていると

    言うこともできます。

     

    私自身

    刑務所で生活されている

    受刑者のみなさんの

    思索の生活ぶりから

    とても多くのことを学ばされます。

     

    ある面では

    私が彼らを

    模範としなければならないと

    思わされます。

     

    娑婆の生活では

    毎日

    やることなすことに追われて

    それでなくても

    電話、メール、ネット、TV

    絶え間なく

    色々な音が耳や目から

    入り込んできます。

     

    その点

    刑務所生活では

    スマホやネット環境からは

    隔離されていますので

    じっくり

    自分自身と対峙することができます。


     私はあなたのなさったすべてのことを

    思い巡らしあなたのみわざを静かに考えます。
    (旧約聖書 詩篇77:12)

     

    ・・・・・

     

    2018年9月9日午前7時半現在

    先週からの地震関連で

    釧路管内でも

    お亡くなりになられた方

    がおられることは

    今朝まで知りませんでした。

    主のお慰めが

    ご遺族の皆様の上に

    ありますように。

     

    北海道内で35名

    なお安否不明の3名の方の捜索を

    不眠不休状態で

    されている捜索隊の皆さまの上に

    守りがありますように。

     

    今日は日曜礼拝日

    胆振地方の教会のために

    お祈りいたします。

     

    「こんな時に

    礼拝なんかしていられるか?」

     

    「こんな時だからこそ

    真剣に

    神を礼拝しなきゃ!」

     

    さまざまな

    事情で

    礼拝堂へ行けない方

    (刑務所におられる受刑者の皆さまも)は

    その今

    いるところで

    礼拝できます!

     

    なぜなら

    聖書の神様は

    天にも地にも

    満ちておられるから・・・


    14:7 彼は大声で言った。

    「神を恐れよ。神に栄光を帰せよ。

    神のさばきの時が来たからだ。

    天と地と海と水の源を創造した方を礼拝せよ。」

    (新約聖書 ヨハネの黙示録14:7)

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585915
    トラックバック