<< 猛禽類とオトモダチ | main | 「マフラーは長いほうがいい」 >>
「糖代謝」
0

    年に一度の健康診断で

    糖代謝の項目で

    HbA1c(NGSP)の値が

    初めて基準値を越えて

    天地がひっくり返ったような

    驚きを覚えました。

     

    糖代謝とは

    食事として摂取したエネルギーを各臓器が消費して活動し、

    余分なエネルギーは飢えに備えて蓄え、

    必要なときに利用するというサイクルのこと

     

    3年前の血圧の値138は

    食生活で塩分を控え目にすることを

    心がけて

     

    2年前125

    昨年123

    今年は100台まで下がる

    ことができて喜んだ

    矢先のことでした。

     

    「塩分控えめ」は

    効果が出ているようですが

    これからは「糖分控え目」

    にという新たな

    課題ができました。

     

    管理栄養士の方から

    上の表を手渡されて

    「気をつけてください。」

    との指導を受けました。

     

    とは言っても・・・

     

    そもそも

    血糖値と

    HbA1cは

    どう違うのか

    全く今まで知りませんでした。

     

    HbA1cは

    1〜2か月の血糖値の

    平均値のことだそう

     

    学校の定期テストは

    教科によっては

    一夜漬けで

    普段の勉強不足を

    補うことが

    ある程度可能かもしれませんが

    健康診断の

    HbA1cは

    そういうわけにはいきません。

     

    まさに普段の生活習慣が

    そのまま正直に数値に出るもの

     

    管理栄養士さんから

    こと細かく生活習慣とりわけ

    食生活について

    尋ねられました。

     

    そのお若い管理栄養士さんは

    自ら糖質制限をかけて

    おられるそうで

     

    毎日夕食時に

    炭水化物を摂らないにも

    かかわらず

     

    結構高い数値が出ているそうで

    「遺伝的な特質」も

    あるとのことです。

     

    憂鬱な気持ちで

    帰宅して

    10キロランをしましたが

    あまり心が晴れません。

     

    普段は見ないテレビですが

    昨日に限って

    「血糖値を下げる」トピックスを

    とりあげていたので

    食い入るように見てしまいました。

     

    おそらく今日はどこのお店も

    舞茸がバカ売れすることでしょうね・・・。

     

    私は今日から

    食生活と運動の記録を

    とろうかと思案中

     

    とりあえず

    1.30回噛んでから飲みこむこと

    2.野菜、タンパク質、炭水化物の順に食べること

    3.食後少し間をおいてから有酸素運動すること

     

    この3本柱を堅持し

     

    そして多めに食べる可能性がある時

    (特別なイベント時など)

    もしくはデザート菓子などを特別摂取する時には

     

    極力事前に

    4.舞茸を摂取すること

     

    このほか

     

    5.1日30回のかかと落としをすること

     

    6.睡眠時間

    というか床についている時間を

    最低7時間をキープすること・・・

     

     

    などを思案中

     

    あれもこれも

    完璧にこなそうとすると

    ストレスとなり

     

    周りの人にも

    窮屈な思いを

    与えかねないので

    気をつけつつ・・・

     

    何よりも

    大切なのは

    主にあって

    喜んでいること!

    喜びを生活習慣としていることが

    何よりも大切!


     喜んでいる心は健康を良くし、

    打ちひしがれた霊は骨を枯らす。

    (旧約聖書 箴言17:22)

     

    糖代謝と信仰の関係について

    思いめぐらしています。

     

    糖分の摂りすぎは問題ですが

    聖書のみことばの摂取は大いに結構

     

    摂った糖分を

    エネルギーとして

    用いることが大切

     

    聴いた聖書のみことばを

    実践の中で生かすことが大切

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585914
    トラックバック