<< 「天の慰め」 | main | 天国は「カムイコタン」 >>
「祝宴の家」より「喪中の家」へ
0

     

    偲びつつ

    後生を共に

    歌はむと

     

    〜太英子〜

     

    「幼い頃からの数少ない想い出をたどりながら

    この縁を来世に繋ぎ

    その時は一緒に楽しく存分に歌いたいですね。」という

    願望の句です。

     

    故人Aさんの葬儀に

    寄せられた

    FAX

     

    釧路は昨日終日雨天

    涙を流し続ける1日かな〜

     

    告別式

    出棺

    火葬前式

    拾骨

    偲ぶ会

     

    5つの機会に

    それぞれ聖書のおことばに

    耳を傾け

    お祈りする時を持ちました。

     

    特に今回の葬儀で

    ユニークだったのは

    午後の火葬で

    後に続く火葬予定者が

    たまたまおられなかったため

     

    すなわち

    せかされる必要がなく

     

    火葬場の担当者の方の

    御許可をいただいて

     

    炉の前で

     

    会葬者みんなで

    棺を囲んで

    覚えたばかりの

    別れの歌を

    歌うことが

    できたということです。

     

    火葬場を

    私どものグループだけで占有させて

    いただけたことになります。

     

    火葬場全体に響き渡る声で

    賛美をささげ

    聖書のことばを大声で読み上げ

    みんなでお祈りの後アーメンと

    さけぶことができたことは

    釧路町の葬儀場設立以来

    初めて

    前代見聞の出来事だったに

    違いありません。

     

    そうしたくても

    できるものではありません。

    (何せ釧路中の葬儀場から

    ご遺体が運ばれてくるわけですから)

     

    たいていさまざまな

    多様な宗旨の方々が

    混在している中では

    声や音は

    控えめにしなければなりません。

     

    そういう意味では

    昨日は悲しみの中にも

    神の慰めが満ちた

    葬儀の日となりました。

     

    炉に入る直前の棺に

    私が手を置くと

     

    私が何を申し上げなくても

     

    そこに集われた20名以上の方々が

    サーっと

    一斉に手を置く一体感

    故人を偲ぶ半端ない連帯感に

    身震いするほどでした。

     

    その火葬の炉の前に集う

    20名以上の方々

    Aさんから見て親、兄弟姉妹、子どもは

    一人もいません。

     

    Aさんをただ慕うために

    集まった方々

    しかも

    お互いに知らない者同士が

    結構いるのです。

    珍しい光景

    これもAさんを通して

    神が備えたもう

    ご縁の恵み

     

    通常

    火葬場に行くのは

    ご遺族や近親者のみが

    多いでしょう。

     

    葬儀後に

    「あとは(ご遺族)近親者のみで」

    というフレーズが

    使われます。

     

    今回の葬儀では

    全員が「近親者」意識

    全員が「遺族」意識を

    お持ちでした。

     

    そもそも

    前夜式の時も

    告別式の時も

    喪主の席に

    座られていたのは

    血縁関係のないご友人Bさん

     

    そもそも

    喪主とか

    施主という用語そのものさえ

    今回

    一言も使いませんでしたし

    聞かれませんでしたし

    問われもしませんでした。

     

    BさんはAさんの生前

    血縁関係が

    ある方々以上に

    ねんごろにAさんを大切にされて

    おられたことは

    周知の事実でした。

     

    ですから

    誰一人

    「なんであなた(あの人)が

    そこに座っているの?」

    と問う人が

    一人も

    いませんでした。

     

    今回の葬儀は

    私の葬儀経験の中でも

    極めて異例づくめの連続でした。

     

    それでも

    神様が望まれる

    葬儀って

    本来

    こういうものなのかもしれない

    そう思わされました。

     

     

    手弁当でも火葬場へ行く!

    自ら運転してでも火葬場へ行く!

     

    (火葬場での昼食は各自が手弁当で!)

     

    「神父さん(わたしは牧師なんですけど・・・)もおにぎり食べて!」

    差し出されたシャケの

    おにぎりのありがたさ

    「神父さんもお漬物どうぞ!」

    こういう光景ってとっても

    心温まるものでした。

     

    土砂降りの中でも

    行って、Aさんの拾骨をする!

     

    そういう意識を持った方々

    ばかりが

    どっと火葬場へ

    向かわれました。

     

    会葬者の中に

    半端ない一体感、絆、連帯感を

    感じさせられました。

     

    Aさんを通して

    Aさんを知る者同士の

    新たな絆が生じることができたことを

    神様、そして天に帰られたAさんに

    感謝したいです。

     

    火葬場から帰って

    教会堂で偲ぶ会を

    終えて

    最後の最後まで

    お残りくださった

    20数名の方々に

    フルーツティーを

    ふるまわせていただきましたら

    皆さんとても喜んで

    「これ、何の味ですか?

    おいしいですね〜」

    と喜んでくださいました。

     

    今回の会葬者の大多数90%以上が

    まだクリスチャンではない方々

     

    キリスト教葬儀参列は

    初めてという方々ばかり

     

    にもかかわらず

    口々に

    「キリスト教の葬儀は、感動的ですね。」

     

    「自分は仏教の家庭だけど、

    自分の葬儀はキリスト教でやってもらいたい。」

     

    「今度、教会の礼拝にも行ってみたいけどいいですか。」

     

    などなど

    好意的なありがたい

    ご感想をたくさん伺うことができて

    感謝でした。

     

    JR釧路駅前には

    キリスト教結婚式専用チャペルが

    ありますが

     

    これから

    釧路のどこかに

    キリスト教式葬儀専用チャペルも

    できたらいいなあ〜

    と思いました。

     

    多くのまだクリスチャンではない方々が

     

    キリスト教結婚式

    チャペル・ウエディングを

    選びとる昨今ですが

    (東京の約80%約札幌の約50%と聞いたことがあります。)

     

    多くのまだクリスチャンではない方々が

    キリスト教葬儀

    チャペル・フューネラルを

    選び取ることができたら

    素晴らしいな〜

     

    知恵のある者の心は喪中の家にあり、

    愚かな者の心は楽しみの家にある。

    (旧約聖書 伝道者の書7:4)
     

     

    ウエディングチャペルは

    全国に山ほどありますが

     

    フューネラル・チャペルは

    まだ聞いたことがありません。

     

    全国初の

    フユーネラル・チャペルが

    釧路に誕生し

    聖書が

    信じる者に約束している

    罪のゆるし、永遠のいのち

    からだのよみがえりの希望が

    慰めとなって

    この町を覆うことができますように

     

     

    結婚する祝福は

    必要としている人もいれば

    必要としていない人もいる

     

    しかし

    天国の慰めについては

    必要としていない人は一人もいない!

     

     


    喜んでいる者たちとともに喜び、

    泣いている者たちとともに泣きなさい。

    (新約聖書 ローマ書12:15)

     


    祝宴の家に行くよりは、

    喪中の家に行くほうがよい。

    そこには、すべての人の終わりがあり、

    生きている者がそれを

    心に留めるようになるからだ。

    (旧約聖書 伝道者の書7:2)

     

    今回の葬儀

    急きょ教会堂で行われたのですが

     

    桜ヶ岡みどり町内会の方々が

    たくさんお見えになり

    ご協力くださいました。

     

    なんと町内会のご婦人が

    「なんでも手伝わせてください!」と

    進み出て

    玄関でプログラム用紙を配られて

    会葬者の方々を

    お迎えくださいました。

     

    教会と

    町内会の親近感というか

    心の距離が

    今まで以上に

    ぐっと近くなる機会と

    されたことも

    神様、そして天にお帰りになられたAさんの

    お陰と感謝!

     

    私たちも

    この地上をお暇する時

     

    Aさんのように

    誰かと誰かの

    橋渡しができたら

     

    つながりの起点となれたら

    どんなに素晴らしいかなと

    思わされました。

     

    主イエスは

    十字架にかかり

    死んでよみがえり

    この地上を離れることで

    信じる

    わたしたちと

    父なる神との橋渡しと

    なられましたね〜

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 09:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585898
    トラックバック