<< 「小さなコミュニティ」 | main | 「朝暖房、紅葉スタート」の釧路 >>
「あったかいまなざし」(妖精さん)
0

     

    心温まる

    FBの記事に出会ったので

    拙ブログでシェアさせて

    いただきま〜す。

     

    ・・・・引用ここから・・・・

    【妖精さん 〜障害という個性〜】
    副都心線。
    左隣に座っている可愛いらしいOLさんが

    鏡をみながら化粧直しをしている。

    山下清風な青年がドアに向かいながら

    「次は〜〜 ○○〜○○〜、××線と△△線はおノリ替えです〜。

    ぷしゃーーー ぶ〜〜ん ガタンガタンガタンガタン」と

    車内アナウンスより早く完璧な実況中継をしている。

    ...

    青年がこちらにやってきた。

    激しく瞬きをしながら、OLさんに尋ねた。
    「お化粧してるんですか?お化粧してるんですか?」
    彼女が答えるより早く、2回続けて。

    OLさん口紅を持ちながら固まっている。

    代わりに私が答える。「お化粧だよ」

    青年「親子ですか?親子ですか?あなたがお母さんですか?」
    私「親子じゃないよ。知らない人」
    青年は「オヤコじゃない、シラナイヒト」と復唱しさらに尋ねた
    「お母さんはどこにいくのですか?」
    私「渋谷」
    青年「お母さんは、渋谷。シラナイヒトはどこに行くのですか?」
    OLさん「渋谷です。。。。あと、電車の中でお化粧してすみませんでした」
    青年「二人ともシブヤ、けど、お母さんとこの人はシラナイヒト」

    そう言ってまた彼はドア付近に戻り次の中継を続ける。

    OLさん「私がお化粧していたので、すみませんでした」
    私「彼はあなたを注意しようとして言ったんじゃない。

    単に『何してるのかな?』ってそれだけだよ。邪心のない天使なんだ」

    そこから私と彼女は5分ほどお互いの仕事の話をした。
    彼女ははちみつを売る仕事をしていて、

    それは私がとても関心のある話で、

    2人でミツバチの話で盛り上がった。

     

    青年がまたやってきた
    「次の駅で、僕、降ります。またね」と

    私たちに握手をして彼は電車を降りた。
    それから、私たちの姿がみえなくなるまで手を振った。

    とっても嬉しそうに。

     

    OLさんが言った
    「彼のおかげで私たち知り合えましたね。

    彼は妖精みたいな人です」

    電車の中で独語を吐く人を見ると誰でも怖いんだけど。
    こうして会話すると、彼らは悪気もないし、

    むしろ私たちより邪気がないことがわかる。

    素直なんだ。だから好きなことは覚えちゃう。
    そして気になることはすぐに聞いちゃう。
    そして、知り合った人にすぐにこころを許しちゃう。

     

    妖精さんたちが当たり前にいる社会であるといいな。

    私は妖精さんが繋いでくれたOLさんの働いている

    はちみつ屋さんに今度行ってみるつもりだ。

    ・・・・引用ここまで・・・・

     

    私が30年以上前

    新卒教師として

    最初に赴任した中学校

    (釧路市立鳥取西中学校)で

    私が受け持ったのは

    情緒障害児学級「むつみ学級」の

    4名の生徒

     

    このお話に出てくる「妖精さん」のような

    少年たちの

    ことを思い出しました。

     

    あの妖精さんたちは

    現在40代後半になります。

     

    どこでどうしているかな

    妖精さんたちに

    再会してみたくなりました。

     

    あの時の4名と

    一緒に

    同窓会ができたら

    嬉しいな〜

     

    この記事を書いてくださった方は

    精神看護学の先生

     

    こういうまなざしをもった先生に

    ご指導いただける

    生徒さんたちにも

    やさしいまなざしが広がって

    いくのでしょうね。

     

    釧路の町にいる

    知られていない

    たくさんの

    妖精さんたちとの

    出逢いが

    今日与えられたら

    嬉しいな。

     

    この先生のような

    温かいまなざしを私たちが

    共有することで

     

    妖精さんたちは

    もっと、自由に

    もっとのびのびと

    公共の交通機関を

    ご利用できるに違いありません。

     

    そうすれば

    私たちと触れ合う機会も

    ふやされていくに

    違いありません。

     

    ひととひととは

    触れ合うことが

    大切なんですよね〜

    触れ合う機会がないと

    理解し合うことも

    ままならない・・・

     

    今日はこれから

    釧路空港へ

    ピーチで関西から

    帰還される友人を

    迎えにまいりま〜す!

     

    空港で

     

    妖精さんに

    会えたら嬉しいな〜

     

    障害のあるなしにかかわらず

     

    わたしたちはみな

    神のか・た・ち

    神にあるがままで

    あいされているひとり、ひとり

     

    そう

    今日私が出会う人、接する人は

    すべて、一人残らず

    主イエスが

    いのちを

    おしまずにささげたほど

    尊いひとりひとり

     

    その視点を忘れないで

    出て行きたい・・・

     


    わたしの目には、あなたは高価で尊い。

    わたしはあなたを愛している。

    だから、わたしは人をあなたの代わりにし、

    国民をあなたのいのちの代わりにする。

    (旧約聖書 イザヤ書43:4)
     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 09:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585884
    トラックバック