<< 「それが大事」 | main | 「今月の宗教教誨」(2018.8.7) >>
「ガイアの夜明け」今晩必観!
0

    https://youtu.be/8fLgrKonsP4

     

    今晩午後10時TVH「ガイアの夜明け」

    釧路湿原が紹介されます。

     

    われらがくしろっこ

    釧路湿原カヌー&釣りガイド

    高橋秀幸さんが

    紹介されます!

    ぜひ、みなさん、観ましょう!

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

     

    日本最大のカルデラ湖、屈斜路湖から

    日本最大の湿原、釧路湿原を

    貫く釧路川の案内人

    高橋秀幸氏

     

    高橋さんは

    釧路湿原を幼いころから

    体で知りつくされた

    代表的ツアーガイドさんで

    グレイス・フィールドという

    ツアー企画会社

    https://www.gracefield946.com/

    を立上げ

    多くの方々に

    ダイナミックかつ優しい

    釧路湿原という自然の

    醍醐味を紹介してくださっています

     

    会社をたてる準備に

    あたり高橋さんは

    なんと年間2500キロメートル

    釧路川をカヌーで移動され

    1日8キロコースを

    3〜4回

    回られることも

    おありでした。

     

    私は高橋さんのファミリーには

    大変お世話になっていて

     

    お父様は釧路管内の自然を

    地図に記載されていない

    細かな部分

    (たとえば

    どっから新鮮な湧水が出ているかなど)まで

    知りつくされて

    地図を携行せず

    釧路管内の山川を

    めぐりつくせる方

     

     

    1年中自然を満喫されていて

    私も

    ご一緒にきのことりに

    連れて行っていただいたり

    自然水の湧水を

    汲みに連れていっていただいたりして

     

    お世話になっています。

     

    秀幸さんは

    そのご子息として

    幼少のころより

    お父様に連れられて

    釧路湿原のあちこちの

    素晴らしさを

    体に沁み込ませて

    いただけたのではと思います。

     

    お母様は

    わたしどもの教会メンバー

    お母様の

    愛の祈りによって

    育まれた秀幸さんは

    釧路湿原を創造された

    愛とやさしさに

    満ちた創造主を知らされ

     

    釧路湿原への

    郷愁もさらに深められたことと

    思います。

    幼いころ

    教会の日曜学校へ

    顔を出していたころの

    秀幸さんのこと

     

    高校時代の秀幸さんとは

    教会堂の中で

    腕相撲したりして

    楽しんだ思い出も

    よみがえります。

    数年前

    兵庫県から60代の実業家夫妻が

    釧路を訪ねるにあたり

     

    事前に

    「釧路の自然を体感できる

    ツアーを紹介してほしい」

    と頼まれた際

     

    高橋さんの

    グレイス・フィールドを

    紹介させていただきました。

    ご夫妻は後で

    興奮されて

    大変喜ばれていました

     

    釧路湿原というと

    バスやレンタカーで

    北斗展望台、

    細岡大観望

    コッタロ湿原等を回り

    湿原の木道を歩いて

    「湿原良かった〜」と

    済ませてしまう方が

    少なくないかもしれません。

    それはそれで素晴らしいですが

     

    (とくに旅程が詰まっている方は)

    しかし

    釧路湿原を本当の意味で

    体感されたい方は

     

    湿原の内側に

    入りこむという

    ことも

    願うはず

     

    蛇行する川から湿原を

    観ることは

    外から眺める風景とは

    感じ方も異なることは

    言わずもがなでしょう。

     

    (時間は要しますが)

    人間も自然も

    本当の意味で

    「知る」には

    時間をかけなければならない

    しかも内側を知る必要がある

    ということでしょう。

     

     

    この点

    グレイス・フィールドさんは

    結構時間をかけて回って下る

    ツアー企画が満載という点で

    極めてユニークです。

     

    陸上自衛隊で鍛え抜かれた体力に加え

    ツアー客の命を守るために

    上級救命の資格を持ち、

    狩猟技術(熊にも対峙可能!?)

    と豊富な経験も兼ね備え

    大型脅鑢筏も有する高橋さんと

    ともに釧路湿原の息吹を

    堪能されたら

    素晴らしいことでしょう。

     

     

    拙ブログの読者の皆様にも

    ぜひ味わっていただくことができれば

    嬉しいです。

     

    夏休みのわが子(6歳以上)に

    生の自然を体験させたい方にも

    大変おススメです。

     

    (ゲームソフトを買い与えるよりも

    はるかに

    貴重で価値ある教育投資!)

     

     

    陸上と河川上と湖上の風速と言うのは

    異なるそうで

    高橋さんのお話によると

    湿原は

    陸上の風速の2倍から

    2.5倍になることがあるそうです。

    湖上は3倍だそうで

    こういうことも経験の中で

    身について知る「生きた知識」なのですね。

     

     

    カヌーと聴くと

    不安定で怖いというイメージを持つ方

     

    いくらライフジャケットをつけているとはいえ

    ジャポンと落ちたら

    得体のしれない湿原の生物に

    絡まれるんじゃないか

    イトウに襲われる!という

    イメージをお持ちの方

     

     

     

    ご安心ください!!

    グレイス・フィールドさんでは

    カナディアンカヌー2艇連結W艇という

    安定したものもあるそうです。

     

    グレイス・フィールドの

    お問い合わせ先、ご予約先はこちら

    ↓↓↓

    gracefield946@gmail.com

    090-8631-0946

    Fax0154-51-6400

     

     

    ちなみにグレイス・フィールドの

    「グレイス」は

    日本語では「恵み」あの

    アメイジング・グレイスの「グレイス」と

    同じ意味です。

     

     

    「恵み」とは、私たちが努力して

    頑張って得るものではなくて

    一方的に無償で、無代価でいただけるものを

    総称することばです。

     

    何かをしていただくものは「報い」

    何もしていないのにいただけるものが「恵み」

    釧路湿原の恵みは

    私たちが頑張って得たものではなく

    神が一方的な愛で

    すでに備えてくださっているまさに「恵み」に

    ほかなりませんね。

     

    わたしたちの身の回り

    わたしたちの生活の中には

    たくさんの「恵み」(グレイス)が

    満ちているにも

    かかわらず

    「これが足りない」「あれがほしい」

    と不平不満を言いやすいもの。

     

    恵みに目を留めながら生きると

    おのずと感謝が口からほとばしり出るもの

     

     

     

     

    今日一日

    恵みに目を留めて生きるなら

    あなたのいるところも

    わたしのいるところも

    グレイス・フィールドとなるに

    違いありませんね。

    (文中の写真はグレイスフィールドさんの

    HPから掲載させていただきました。)

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 10:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585880
    トラックバック