<< 第46回釧路湿原マラソン(まとめ感謝編) | main | 釧路の夏を彩るローズ・ガーデン >>
炎天下の墓参り
0

    2018.8.1

    阿寒町共同墓地にて

    Aさんとお墓参り

     

    この日の阿寒地区の

    予想最高気温が35度

     

    めっちゃ暑くて

    さすがに炎天下の

    時間帯ですから

     

    墓地には

    私たちしかいませんでした。

     

    昨年のこの日

    Aさんが約25年間連れ添った

    40代半ばの愛する奥様が

    病に倒れた日

     

    そして数週間後に

    天に召され

    この写真の墓地に

    納骨されました。

     

    Aさんは

    奥様と昨年

    「今年は、銀婚式だから

    知床旅行でも行こうか〜」

    と旅行を楽しみに

    されていました。

     

    お墓の4ツ角には

    緑の支え棒と

    テングス糸が張られ

    カラスが寄りつかないように

    されていました。

     

    Aさんは

    「これねえ、特許とったんだよ!」

    屈託のない笑顔で

    ユニークに説明される

    Aさん

     

     

    お墓の前で

    Aさんの今は亡き奥様を

    ともに偲びつつ

    聖書のことばを読み上げて

    お祈りさせていただきました。

     

    クリスチャンだって

    墓参りするんですよ〜!!!

     

    クリスチャンの

    墓参りには

     

    故人をしのぶことと

    故人にいのちを

    与えられた創造主を

    拝することという

    二つの目的があります。

     

     

    Aさんは

    愛する奥様が生前はめておられた

    結婚指輪を

    同じ指にはめて

     

    心は今も一つであることを

    確かめる日々を

    送っておられます。

     

    Aさんは

    誰もが認める

    愛妻家

     

    人工透析を

    週3ペースで行い

    暑い中でも

    1日300ccしか

    水を飲めない奥様の心

    を気遣って

     

    どんなに

    自分自身がのどが渇いても

    あえて奥様の前では

    水を飲みませんでした。

     

    Aさんの御自宅で

    25年前の

    Aさんご夫妻の

    ご結婚写真を拝見

    させていただきました。

     

    思わず「Aさん、かっこよかったんですね〜」

    Aさん「やまがたさん、それって、思いっきり過去形だね〜」

    ふたりで大声で「ハハハハハ〜」

    「いやあ、それにしても俳優さんのようですね。

    道行く人が振り向いたんじゃないですか〜」

    「手紙は、時々もらったかな〜」

    再びふたりで「ははははは〜」

     

    30度を超えてもエアコン、扇風機は使わず

    家じゅうの窓をすべて開放するだけで

    結構、風が入り心地よい中

    二人の大声が

    窓の外へ響き渡るよう・・・

    笑って冗談を言い合える関係って

    いいですね〜

     

    Aさんの御了解が得られたので

    今回ブログで婚礼お写真シェア

    させていたきました。

     

    Aさんの御自宅で

    Aさんのお母様にもお会いして

    お話することができました。

     

    お母様は現在93歳

     

    耳の聞こえは

    ややご不自由ですが

    大きな声でお話かけると

    しっかりとお答えくださいます。

     

    お母様は

    テレビのボリュームを

    100にされて

    イヤホンを耳に当てて

    それで

    ようやく聴きとれる程度

    だそうです。

     

    お母様の

    ご思考は極めて明瞭で

    よくクイズ番組を

    ご覧になるそうです。

     

    お嫁さんにあたる

    Aさんの奥様から

    献身的な

    介護を受けて来られたお母様に

    お会いできて

    とても感謝でした。

     

    お母様は

    とてもにこにこ優しい笑顔

     

    平安そのものという

    表情でした。

     

    その笑顔を見るにつけ

    お嫁さんにあたるAさんの

    奥様が生前

    どれほど真心こもった

    介護をされてきたか

    伺い知ること

    推し量ること

    ができました。

     

    Aさんの奥様は

    おしゅうとさんの

    晩年にもよく介護された

    そうです。

    その献身的な態度に好感をもたれた

    おしゅうとさんは

    「今日は〜ちゃんは来ていないのか?」

    とわが子以上に

    お嫁さんである

    Aさんの奥さまのことを

    いとおしがっておられたという

    お話も伺うことができました。

     

    現在

    Aさんは

    お仕事が不規則なため

    寝たきりのお母様のことで

    行政福祉サービス制度は

    あえて利用されず

     

    Aさん自ら

    1日3食お母様のお食事を

    作られたり

    お風呂に入れたりされています。

     

    特に暑い夏の時期には

    食中毒にならないように

    細心の注意を払いながら

     

    お母様のお食事の準備に

    あたられています。

     

    とっても親孝行なAさんの

    献身的な愛の姿勢から

    私自身

    多くのことを

    学ばされます。

     

    Aさんにとって

    愛する奥様を

    失われた悲しみは

    このようにして

    奥様が生前懸命に

    仕えておられた

    お母様に

    自らが

    お仕えすることで

    慰められているようにも

    感じました。

     

    主の慰めがAさんと

    Aさんのお母様の上に

    豊かにありますように

     

    キリストを信じて

    召された者に対し

    聖書が約束している

    罪のゆるし

    永遠のいのち

    からだのよみがえり

    そして

    信じる者同士が再会できること

     

    これら

    4点セットの希望を

    かみしめさせていただくことで

    お墓参りされる方の

    心に色あせることのない

    慰めが満ちていきますように・・・。

     


    神は、どのような苦しみのときにも、

    私たちを慰めてくださいます。

    それで私たちも、

    自分たちが神から受ける慰めによって、

    あらゆる苦しみの中にある人たちを

    慰めることができます。

    (新約聖書 2コリント1:4)

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    カテゴリ:- | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585876
    トラックバック