<< リハビリに励む友 | main | ターキッシュ・デライト >>
夕張メロン求めて
0

    2018.7.16

    美唄町に入院している友人を見舞いに

    釧路から車で行く途中

    トイレタイムをとろうと

     

    どっかにトイレがないかなあ

     

    探していましたら

     

    ようやく国道274滝ノ上地区に

    建物が!

     

    安堵したものの

     

    駐車している車の数の半端ない多さ

     

    しかも長蛇の列が

    建物の外にまで!

     

    こりゃ相当トイレ

    混んでいるようだねえ

     

    それにしても

    通常トイレの行列は

    女性の列が長くなるのに

     

    不思議と男女が

    混ざっているではありませんか?

    そうかあ男女兼用トイレ

    なんだあ、ここは・・・

     

    ところが

    よくよく見ると

     

    トイレはガラガラ

     

    どうやらこの列は2階に

    つながっているよう。

     

    おかげさまで

    トイレは待つことなく

    スムーズに使用でき感謝

     

    建物の正面には

    おっかなそうな

    メロンの格好をしたクマが口を

    開けているではありませんか!

     

    「巨大メロン熊」というそう。

     

    乳幼児は

    泣き出すかも・・・

     

    夕張市農協銘産センター

    長蛇の列は

    2階にある「メロンテラス」

    がお目当ての

    お客さんがた

     

    メロン収穫時期に合わせて

    夕張メロン食べ放題ランチビュッフェ

    という企画

     

    マスコミで取り上げられ

    ネットでも情報が拡散

     

    連日、多くの人が訪れ

    1日120名限定(60分制限)

     

    午前11時、12時半

    13時半、14時半

    各回とも30名

    定員を上回る場合は

    整理券が渡されて

    その日の中での

    他の回に

    使用可能

     

     

    メロン好きの方には

    たまらない企画

     

    メロンが苦手な方でも

    ビュッフェを楽しめる

    夕張JAさんの

    企画見事に当たりましたね!

     

    メロンの漬物も

     

    食べ放題だからといって
    食べすぎなければならない
    わけではありませんよね。
    こんなヘルシーな盛り付け方も
    できちゃう
    テラスからの眺望も
    なかなかのもの
    道東道の利用者が
    増えるにつれ
    国道沿いに
    それまであった店に
    お客さんが来なくなって
    苦戦を強いられているところが
    北海道には
    少なくないと
    思います。
    この夕張農協さんの建物も
    一時期は
    「入ってもいいんだろうか」
    と思われる時期も・・・
    夕張の町が
    これから
    栄えますように!
    ・・・私どもは
    トイレだけ済ませ
    結局ひとかけらのメロンも
    口にしませんでした。
    メロンより
    トイレ!
    教会も
    長蛇の列ができたら
    ・・・
    そういえば
    お隣の韓国ソウルには
    人でごった返している教会が
    あるなあ
    夕張の町に
    近い将来
    メロン型で
    グリーン色の屋根で
    十字架が
    メロンの柄のデザインで
    「メロンドームチャぺル」が
    できたら素敵ですね〜
    夕張の町に
    喜びがあふれますように!
    その町には、大きな喜びがあった。
    (新約聖書 使徒の働き8:8)
    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 09:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585857
    トラックバック