<< 「祈りの輪」 | main | 「納豆に関する常識・非常識」 >>
「士幌町・愛のぽてち」
0

    2018.5.27

    早朝、まだ誰も来ていない教会堂の前で

    写真を撮られている

    素敵な紳士

     

    あら〜

     

    十勝管内士幌町から

    午前9時の第1礼拝に

    ご出席のため

     

    車を運転されて

    来られたAさんではありませんか!

     

    お久しぶりの再会

     

    士幌町名産

    ポテトチップスを

    どっさり

    ダンボール複数個

     

    教会のみなさんへの

    お土産として

    ご持参くださいました。

    感謝

     

    第1礼拝のみならず

    第2礼拝にも

    ご出席くださり

     

    礼拝メッセージ2回分

    お聞きくださり

     

    昼食も

    ともにいたしました。

    楽しい語らい

    クリスチャンどうしの会話って

    不思議と

    話題が尽きることが

    ないんですよね〜。

     

    アルコールを介さなくても

    盛り上り続けられるし・・・

    本音を分かち合えるし・・・

    楽しすぎます!

     


     彼らはいつも、

    使徒たちの教えを守り、

    交わりを持ち、パンを裂き、

    祈りをしていた。
    (新約聖書 使徒2:42)

     

    どんな

    ぽてちかなあと思い

    開けてびっくり!

     

    なんと地産地消で

    地元士幌町の

    ふたつのお店

    「道の駅」「Aコープ士幌店ASPO」だけで

    販売しているもの

     

    とりわけ

    段ボールものは

    地球上で

    唯一

    Aコープ士幌店ASPOでしか

    購入できない

    超レア商品!

     

    今日

    amazon使えば

    なんでも

    入手できる?

    錯覚をもちやすい

    わたしたち

     

    地産地消の

    コンセプトは

     

    地元の消費者と

    地元の生産者と

    「顔が見え、話ができる」

    関係づくりだそう

     

    釧路市では

    いかがでしょう。

     

    インバウンド観光立国めざし

    各種インターネット事業の

    展開にも

    本格的に力を入れようと

    されていますね。

     

    祝福されるように

    願うと同時に

     

    「灯台もと暗し」と

    ならないようにも

    願います。

     

    観光事業は

    気をつけないと

     

    短期間で

    多額の経費をかけることを

    それほど苦としない

    富裕層旅行客を

    ターゲットにしかねません。

     

    そうなると

    地元の人と

    観光客との

    「乖離」現象が

    おきかねないのも事実。

     

    「観光客向けの店と

    地元の人向けの店・・・」

     

    「そんなに高い金額をかけられない」

    ということで

     

    地元人が

    せっかく

    地元だからこそ

    体験できる

    アクティビティーに

     

    参加することに

    足踏みすることも・・・。

     

    たとえば

    阿寒川のリフティングとか

    釧路川のカヌーとか

     

    やったことがない

    釧路人は

    少なくないのも事実

     

    地元の人も

    観光客も

    どっちも

    交流しやすい

    空間づくりという

    視点も加味されたら

     

    なお素晴らしいですね。

     

     

    ぽてちを

    ながめながら

    いろいろ

    考えさせられて

    います。

     

    人とモノの接近

    人と自然の接近

    人と文化の接近

    これらは

    確かに

    魅力的ですが

     

    人と人との接近

    これこそ

    最も魅力的

     

     

    釧路が真の意味で

    観光立国になるためには

     

    釧路人である

    私たち自身が魅力的な

    人生観

    自然観

    世界観を抱いて

    魅力的な生き方を

    していくことなのでしょうねえ。

     

    「釧路の人って

    魅力的だ」って思われたら

    素晴らしいですものね。

     

    士幌産・愛のぽてち袋を

    眺めながら

    そんなことなどを

    思いめぐらしています。

     

    ジャア

    どいうやったら魅力的な人生を

    送れるか

     

    お金も体力も時間も人脈も大切でしょうが

    最も大切なのは

     

    魅力的な人は「こんな人だ」

    というモデルを見続けることでしょうか!

     

    わたしにとって

    最も魅力的なモデル

    それは主イエス

     

    主イエスが行くところ

    どこでも

    黒山の人だかり

     

     

    それもそのはず

    魅力的すぎたから・・・


    こうして大勢の群衆が、

    ガリラヤ、デカポリス、エルサレム、

    ユダヤ、およびヨルダンの川向こうから来て、

    イエスに従った。

    (新約聖書 マタイの福音書4:25)

     

    なにはともあれ

    士幌町の

    ジャガイモ農家のみなさんの

    上に祝福が

    ありますように!

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585796
    トラックバック