<< 「母の日」礼拝 2018 | main | 「自分を造った方に目を留める」 >>
「釧路の海が消えた!?」
0

     

    釧路の海が消えたって?

     

    まじかよ?

     

    誰かモーセの杖持ってきたの?

     

    世界びっくり仰天ニュース?

     

     

    先週末

    釧路川河口で

    西に傾く太陽の

    輝きを

    撮りましたら

     

    陽光の眩しさゆえに

    水平線が消え

     

    まるで天と地が

    つながり

     

    水平線付近の

    海が消滅したかのような

     

    幻想的光景に

    息を飲みました。

     

    釧路川河口の写真といえば

    夕焼け

    夕陽が

    脚光を浴びがちですが

     

    水平線が消える瞬間も

    趣があって

    感慨深いもの

     

    新約聖書の

    ヨハネが観た幻を

    思い出します。

     

    また私は、

    新しい天と新しい地を見た。

    以前の天と以前の地は

    過ぎ去りもはや

    海もない。

    (新約聖書 ヨハネの黙示録21:1)

     

    黙示文学において

    「海」という言葉は

    ひととひとを

    隔てる象徴として

    使われることがあります。

     

    つまり

    上の聖句を読んで

     

    「え?天国には、海がないんだったら

    海釣り好きな人は

    天国へ行きたくないんじゃないか?」

     

    って心配する話では

    全くないっていうことです。

     

    この地上には

    人間の罪の結果

    ひととひとの間の「隔たり」が

    無数に存在していて

    それが多くの悩みの種とも

    なっていますね。

    (いじめ、虐待、差別、各種ハラスメント・・・)

     

    ところで

    「隔たり」という点で

     

    私たち人間にとって

    最も

    深刻で真っ先に

    解決されなければならない「隔たり」は・・・

     

    創造主との「隔たり」

     

    その隔たりを

    埋めるために

    この地上に来られたのが

    主イエス

     

    主イエスが十字架で死んで

    よみがえられたのは

    私たち一人一人と

    創造主との「隔たり」を

    埋めるため

     

    主イエスを通して

    私たち人間は

    はじめて

    創造主にアクセス

    できるんですよ!

    っていうのが

     

    最大のゴスペル!(良い知らせ)

     

    そのことを伝えているのが

    バイブル!

     

    多くの人が

    「天国」と聴くと

    信仰をもった人が

    死後

    「行くところ」でしょ、と

    イメージしやすいのですが

     

    主イエスは

    むしろ

    その「天国」が

    私たちの方に

    「来ますように」

    つまり実現するように

    祈るよう、教えられたんです。

     

    「天国へ行けますように」

    祈るっていうのではなく

     

    「天国が来ますように」

    祈るっていうこと

     

    驚くべきことに

     

    「どうか私(あの人)が死んで

    天国へ行けますように

    よろしくお願いします」

     

    ってお祈りは聖書の中に一つも

    出て来ないのです。

     

    そもそも天国っていうのは

    「行き(行かせ)たいんで

    よろしく!」

    って言って

    行くところでなく

     

    イエス様を自分の罪からの救い主として

    「信じることができて

    行けることを感謝します」

    って言って

    導かれるところ

     

    ただし、もっと

    大切なことは

     

    行くことよりも

    その天国がやがて

    この地に来ること

     

     

     

    人類に

    エンドレスな平和が訪れるって

    いうことなんです。

     

     

    主イエスが教えた祈りは・・・

     

    「み国が来ますように

    み心が天で行われるように

    地でも行われますように・・・」

     

    KINGDOM COME(み国が来る!)

    私の友人が主任牧師をしている英国の教会で

    わくわくするイベントが今週金曜ありますが

    遠すぎて行けないな〜

     

    いつか釧路でも

    KINGDOM COME

    やりたいですね〜

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585781
    トラックバック