<< 最後のランナー | main | 「母の日」礼拝 2018 >>
透き通る花弁
0

    今朝の釧路は

    とてもあたたかい

    気持ちの良い朝です。

     

    我が家の庭のチューリップも

    開花間近

     

     

    昨年の秋に植えて

    永い冬を越えて

    ここまで成長

     

    我が家の桜の木も

    つぼみが

    (釧路のあちこちでは

    すでに咲いているところが

    ありますね〜)

     

    こちらは

    夏の開花を控える藤

     

    我が家で

    現在咲いているスイセン

    朝陽を浴びて

    花弁が透き通るさまが

    美しすぎます

     

    まるで花弁そのものが

    光を発しているかのよう

     

    私も

    今日キリストの光を

    映し出す者とされたいです

     

    スイセンの花弁は

    光が透っても

    一点のシミも

    ないようでした。

     

    人体に例えると

    レントゲン写真を撮って

    どこも影がない状態のよう

     

    私の心は

    主の聖なる光に

    照らされると

    このスイセンの花弁とは異なり

    しみだらけで

    とても「推薦」でみるものでは

    ありません。

     

    それでも

    主イエスの十字架の血で

    洗い清められて

    シミのない者へと

    造りかえられることを

    信じて

    感謝するばかりです。

     

     ですから、愛する者たち。

    これらのことを待ち望んでいるのなら、

    しみも傷もない者として平安のうちに

    神に見出していただけるように努力しなさい。

    (新約聖書 競撻謄蹌魁В隠粥
     

     

    先日友人からいただいた

    マリーゴールドの種

    いよいよ

    今日、蒔かせていただきましょうかね〜

     

    そして

    主イエスの福音の種を携えて

    出てまいります!


    126:5 涙とともに種を蒔く者は

    喜び叫びながら刈り取る。
    126:6 種入れを抱え泣きながら出て行く者は

    束を抱え喜び叫びながら帰って来る。

    (旧約聖書 詩篇126:5〜6)

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

    カテゴリ:- | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585779
    トラックバック