<< いのちの息吹、霊の息吹 | main | 「病む人の傍らにおられる主」 >>
「卵かけご飯」のタンパク質吸収率
0

    医療テレビドラマ

    ブラックぺアン第2話で

    主人公が

    田舎の母親から送られてくる

    お米でご飯を炊いて

    卵かけご飯を

    食べるシーン

     

     

    テレビの中の話とはいえ

    天才外科医が

    卵かけご飯を食べるシーンを見てしまうと

    「医者が食べているんだから

    健康にも良さそう」というメッセージが

    勝手にすり込まれてしまった

    私は

    今朝

    テレビドラマの再現をするように

    直接ご飯の上に

    卵を落としました。

     

    ドラマでは

    片手で

    私は両手で

    殻を割り

     

    タレは

    麺つゆを使いました。

     

    確かにおいしい

    箸が止まらない

     

    ところで

    生卵を

    食べる民族は

    世界では極めて

    少ない。

     

    世界の多くの人々からは

    「ゲテモノ食い」と

    見なされるよう

     

    豪華客船に乗って釧路港に

    寄港する

    外国人たちがもし

    釧路のレストランに入って

    われわれ日本人が

    卵かけご飯を

    食べるシーンを見たら

    まず、たいてい

    腰を抜かして

    カルチャーショックを起こすか

    珍しがって

    スマホで撮影して

    「日本人は生卵を食べる不思議な民族」

    とツイッターで

    挙げられそう

     

    何はともあれ

    おいしいものはおいしい

     

    生卵の方が

    調理した卵よりも

    よりナチュラルだから

    よりタンパク質吸収率が高いはずと

    思いきや

    意外にも

    生卵は51%

    加熱卵は91%

     

    ということで

    加熱卵に軍配!

     

    朝食に

    生卵とゆで卵の

    どちらを選択したら

    ヘルシーか

    ゆで卵!ってこと

     

    英国留学中

    中国人の友人が

    ゆで卵持って

    外出していました。

     

    日本人は

    おにぎり持って遠足

    英国人は

    サンドイッチ持って遠足

    中国人は

    ゆでたまご持って遠足

    ところ変われば

    習慣も変る。

     

    ところで今回のブラックペイン(2話)

    でえらい教授さんが

    おいしそうな豆大福を

    食べていて

    「あんなにカロリーありそうな

    お菓子バクバク食べて

    大丈夫か」

    とテレビの中のこととはいえ

    案じてしまいました。

     

    年齢とともに

    基礎代謝量も

    変化してくるので

    用心しながら

    食生活を

    楽しみたいもの

     

    ご近所に

    お住まいの

    友人住職さんは

    修行中は

    精進料理で

    お肉やお魚は

    ご法度だそうです。

     

    ちなみに

    クリスチャンには

    ヒンズー教や

    ユダヤ教、イスラム教のように

    食物規定は

    ないので

    何を食べてもOK

     

    ただし

     

    食べるにも

    飲むにも

    何をするにも

    神の栄光を

    現わすように・・・

     

    と命じています。

     


     彼らは結婚することを禁じたり、

    食物を断つことを命じたりします。

    しかし食物は、信仰があり、

    真理を知っている人々が感謝して受けるように、

    神が造られたものです。

    (新約聖書1テモテ4:」3)
     

    感謝して

    いただくことが

    大事なのですね

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 08:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585766
    トラックバック