<< ホーリー・サタデー(Holy Saturday)の史実 | main | 今日はイースター・マンデー(Easter Monday) >>
イースター・サンデー(復活祭)の史実
0

    教会スタッフの方が

    準備してくださった

    ギフト用イースター・エッグ

     

    本日、キリストの復活記念礼拝に

    お越しいただく

    釧路市民の

    皆様にキリストからの

    愛をこめて!

     

    今日はイースター・サンデー

    キリストの復活を

    お祝いする祭り、イベントが

    全世界で繰り広げられます。

     

    クリスチャンにとって

    クリスマス以上に

    大きなお祝い!

     

    それもそのはず

    クリスマスは主イエスの

    ご降誕をお祝いする日ですが

     

    主イエスが

    この世にお生まれになった

    目的は

     

    まさに

    私たちの罪を背負って

    十字架で

    死んでよみがえるため

     

    つまり

    復活するために

    この世にお生まれになられた

    といっても過言ではありません。

     

    さっそく

    復活の出来事を

    聖書のマタイ福音書から

    見てみましょうか・・・

     

    おっと

    その前に

     

    「そもそも聖書は、

    信頼できるんですか?

    山形牧師は、聖書では〜、聖書では〜

    と言うけど・・・

    後の時代の人が

    自分たちに

    都合のよいように

    書き換えたんじゃないの?」

     

    と訝る方のために・・・

     

    聖書の信頼性については

    1.書誌学的検証

    (写本の信ぴょう性の検証)

    2.内的検証(記述内容の統一性等の検証)

    3.外的検証

    (考古学的遺跡、証言、他の史書との照合などの検証)

    3つの角度からの検証

    をへて

    最も信頼できる歴史書

     

    フレデリック・ケニヨン氏は

    大英博物館館長兼主席司書を務め

    古代写本研究の大御所と言われる人ですが

    次のように語っています。

     

    「(聖書の)原本が書かれた年代と、現存する最古の写本の

    年代との隔たりは

    無視してしまってよいほど小さい。

    したがって聖書が本質的には書かれたままの形で

    伝達されてきたことを

    疑う根拠は、もはや存在しない。

    新約聖書各書の真正性と

    全体的完全性は最終的に確立されたと言えるだろう。」

    (The Bible and Archaeology:p288~289)

     

    英国ケンブリッジ大学上級特別研究員を務めた

    クレッグ・ブロンバーグ氏は語ります。

     

    「新約聖書の本文は古代のどの写本文献よりも数が多く、

    また注意深く保存されている。

    新約聖書の原文は97〜99%再現できている。

    これについては合理的な疑問をさしはさむ余地がない。」

    (The Historical Reliability of the New Testament p236)

     

    ・・・などなど・・・

     

    なにはともあれ

    信頼できる歴史書

    新約聖書マタイの福音書28章で

     

    イースターサンデーと

    それ以降の出来事について

     

    次のように

    記録しています

     

    28:1 さて、安息日が終わって週の初めの日の明け方、

    マグダラのマリアともう一人のマリアが墓を見に行った。

     

    28:2 すると見よ、大きな地震が起こった。

    主の使いが天から降りて来て石をわきに転がし、

    その上に座ったからである。


    28:3 その姿は稲妻のようで、

    衣は雪のように白かった。

     

     

     

     



    28:4 その恐ろしさに番兵たちは震え上がり、

    死人のようになった。

     

    28:5 御使いは女たちに言った。

    「あなたがたは、恐れることはありません。

    十字架につけられたイエスを捜しているのは分かっています。
    28:6 ここにはおられません。前から言っておられたとおり、

    よみがえられたのです。

     

     

    さあ、納められていた場所を見なさい。
    28:7 そして、急いで行って弟子たちに伝えなさい。

     

    『イエスは死人の中からよみがえられました。

    そして、あなたがたより先にガリラヤに行かれます。

    そこでお会いできます』と。

    いいですか、私は確かにあなたがたに伝えました。」

     


    28:8 彼女たちは恐ろしくはあったが大いに喜んで、

    急いで墓から立ち去り、

    弟子たちに知らせようと走って行った。

     

     

     


    28:9 すると見よ、イエスが「おはよう」

    と言って彼女たちの前に現れた。

    彼女たちは近寄ってその足を抱き、イエスを拝した。


    28:10 イエスは言われた。

    「恐れることはありません。

    行って、わたしの兄弟たちに、

    ガリラヤに行くように言いなさい。

    そこでわたしに会えます。」

     

     


    28:11 彼女たちが行き着かないうちに、

    番兵たちが何人か都に戻って、

    起こったことをすべて祭司長たちに報告した。


    28:12 そこで祭司長たちは長老たちとともに集まって協議し、

    兵士たちに多額の金を与えて、
    28:13 こう言った。

    「『弟子たちが夜やって来て、

    われわれが眠っている間に

    イエスを盗んで行った』と言いなさい。
    28:14 もしこのことが総督の耳に入っても、

    私たちがうまく説得して、

    あなたがたには心配をかけないようにするから。」
    28:15 そこで、彼らは金をもらって、言われたとおりにした。

    それで、この話は今日までユダヤ人の間に広まっている。

     


    28:16 さて、十一人の弟子たちはガリラヤに行き、

    イエスが指示された山に登った。
    28:17 そしてイエスに会って礼拝した。

    ただし、疑う者たちもいた。
    28:18 イエスは近づいて来て、彼らにこう言われた。

    「わたしには天においても地においても、

    すべての権威が与えられています。
    28:19 ですから、あなたがたは行って、

    あらゆる国の人々を弟子としなさい。

    父、子、聖霊の名において彼らにバプテスマを授け、
    28:20 わたしがあなたがたに命じておいた、

    すべてのことを守るように教えなさい。

     

    見よ。わたしは世の終わりまで、

    いつもあなたがたとともにいます。」

     

     

    わたしはよみがえりです。いのちです。

    わたしを信じる者は

    死んでも生きるのです。

    (新約聖書 ヨハネの福音書11:25)

     

    本日午前10時より

    私どもの教会堂で

    キリストの復活記念礼拝

    を行います!

     

    皆さんとお会いできることを

    楽しみにしておりま〜す!

     

     

     

     

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 06:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585737
    トラックバック