<< 春の訪れ、「自然も人もみな新しい!」 | main | 嬉しい「お食事券」 >>
春の訪れ、「自然も人もみな新しい!」
0

    フクジュソウさん

    あなたの造り主

    主をほめたたえよう!

     

    今朝、教会堂の向かい側に

    フクジュソウのお花が

    楽しそうに咲いていました。

    新鮮な春のおとずれ

     

     

     

    ふきのとうさん

    あなたの造り主

    主をほめたたえよう!

     

    教会の横側には

    ふくのとうが

    平安そうに

    咲いていました。

     

    昨日の日曜礼拝

     

    生後2か月のAちゃんと

    お母さん

     

    生後4か月のBちゃんと

    お母さんが

     

    それぞれはじめて

    ご出席くださいましたので

    皆さんで

    幼子たちの

    祝福のために

    お祈りさせていただきました。

     

    わたしたちの教会は

    赤ちゃん大好き教会です。

    赤ちゃんの泣き声が

    聞こえる教会には

    いのちの輝きが

    感じられて

    とってもうれしいのです。

     

    その赤ちゃんたちを

    ほほえましく見つめて

    われもわれもと

    次々に

    胸に抱く

    姿は

    とても麗しい光景

     

    この日は

    遠くアメリカ合衆国

    アラバマ州の

    ご出身で

     

    このたび

    釧路市内の小学校で

    英語を教えられるCさんも

    HOLY BIBLE(聖書)を

    携えてご出席くださいました。

     

    Cさんは

    ちょこっと

    日本語もお話しできます。

     

    英語で簡単な自己紹介を

    してくださる中で

     

    「私は、英語を教えるためにきましたが、

    私は、人生の中で

    神様を第一にしています。

    それで

    教会の礼拝にやってきました。」

     

    礼拝後

    昼食もご一緒くださり

    感謝でした。

     

    ネットで

    教会を検索して

    スマホで位置を確認して

    来てくださったのです。

     

     

    新しい出会いは

    人であれ

    自然であれ

    嬉しいもの。

     

    人も自然も

    キリストのうちに

    あって見るときに

    新しい輝きを

    放つもの

     

    老いも若きも

    みなキリストに

    あって

    新しい

    ハレルヤ!

     

    ですから、

    だれでもキリストのうちにあるなら、

    その人は新しく造られた者です。

    古いものは過ぎ去って、

    見よ、すべてが新しくなりました。

    (新約聖書 競灰螢鵐硲機В隠掘

     

     

    まだガラケーを使っている

    私で

    つい先月

    簡単ケータイに替えた

    ばかりなのですが

     

    新しい人との出会いの中で

    スマホに変えようか

    検討中

     

    新しく出会った方々との

    連絡のとり方で

    最も良い方法を

    模索中

     

    ラインで

    連絡とりあえると

    メールのやりとりで

    発生する費用を

    抑えることができるそうで

     

    そちらのほうが

    相手にとっても

    自分にとっても

    より経済的なのかなあ・・・

     

    利用料金の仕組みが

    まだよくわからないでいます。

     

    近々auショップの

    方に

    相談に行こうか

    逡巡中

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     

    カテゴリ:- | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585729
    トラックバック