<< 「西郷どん」とバイブル〜御庭方役編〜 | main | 観賞用アイヌねぎ >>
「新しい牧師さん」
0

     

     

     

     

    今朝の釧路は

    雪景色

     

    雪の中

    べちょべちょになりながら

    朝のお祈り会に

    教会へ

     

    昨日教会堂前にて

     

    釧路町にある

    「虹の教会」に

    このたび赴任された

    韓国人ご夫妻の

    牧師さん

    (写真中央)が

    ご挨拶に来られました。

     

    元インテリアデザイナー

     

    奥様が先に牧師として

    大分県で労されていて

    その時は

    ご主人が

    支えていられたそうですが

     

    このたび

    ご主人も牧師としての学びを

    札幌で

    終えて

     

    釧路町「虹の教会」への

    初のご赴任となりました。

     

    とても

    温かい

    素敵なお二人です。

     

     

    韓国人の方が

    日本語で

    神学校で

    学ばれたことに対して

    改めて敬意を

    表したいと思います。

     

    愛することは

    相手の言葉を

    学ぶこと

    知ること

    使うこと

     

    ビジネス界では

    伊藤忠商事さんが

    中国語ペラペラ社員

    1000名を養成されたことを

    発表されましたね。

     

    授業料100%

    補助されたとか

     

    宣教界でも

    東北地方の

    クリスチャンの

    ミッションスクールが

    すでに

    何年も前から

    早朝から夕方まで

    小学生から

    中国語と英語による

    バイリンガル

    授業を展開している話を

    思い出しました。

     

    これからの世界は

    とりわけ

    英語と中国による宣教が

    必須の時代になるということで

     

    ああ、わたしも

    他の国の方を愛し

    その国の言葉を

     

    学んで

    理解して

    使えるようにしたいと

    思わされました。

     

    せっかく

    学んで理解したつもりでも

    使わないと

     

    丼丼、抜けていく〜

    ので


     また私は、

    もう一人の御使いが中天を飛ぶのを見た。

    彼は地に住む人々、

    すなわち、あらゆる国民、部族、言語、民族に

    宣べ伝えるために、永遠の福音を携えていた。

    (新約聖書 ヨハネの黙示録14:6)

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

    カテゴリ:- | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585723
    トラックバック