<< 「小さなスゥイーツ 大きな真心」 | main | 「愛犬ジョン」 >>
「ありえないクリスマスコンサート!」
0

    「こんなにビッグな

    世界的アーティストを招いて

    無料のコンサートだなんて

    あまりにも無謀だ!ありえない!」

     

    「そもそも、チャリティーコンサートでもないのに

    世界が認める

    プロの音楽家が

    入場無料のコンサートに

    出演することを

    受諾するなんて

    ありえない!」

     

    「いったい、どういうコネを使ったの?」

     

    コネ(クション)は

    クリスマスの主人公

    イエスキリスト

    これぞ

    最高のコネ!

     

    ありえない!

    と言えば・・・

     

    天地を創造された神のひとり子が

    わざわざ

    人間の姿をとって

    この地上に来られたこと

     

    こともあろうに

    家畜を飼う

    不衛生で

    暗くて冷たい洞窟の

    飼い葉おけで

    産声をあげ

     

    ひたすら

    愛ときよさに満ちた生涯を

    送られながら

    最終的には

     

    人間たちに毒づかれて

    いじめられ虐げられ

    つばをかけられ

    こぶしで打たれ

    骨が露出するほど

    鞭で打たれ

     

    ご自分が創造された

    人間の手によって

    十字架ではりつけにされ

    素っ裸にされて

    道行く人の

    罵声、悪口雑言を浴びせかけられながら

     

    それでも

     

    「父よ彼らの罪をおゆるし下さい。」

    と祈り続けられた

     

    真実の愛

    これこそ

     

    「人類の歴史史上

    最もありえないこと!」

     

    来月の今日

    12月2日(土)

    17:00〜18:30

    釧路市東部地区コミュニティーセンター

    コア大空多目的ホールにて

    超ビッグな音楽ゲストをお招きして

    クリスマスコンサート2017

    を企画いたしました!

     

     

    愛する釧路市民の

    みなさまのために

    ビッグ・クリスマスプレゼント企画!

     

    釧路の皆さまが

    和の饗演を満喫されつつ

     

    クリスマスの

    バイブルメッセージを通して

    真のクリスマスの意味を知って

    安らぎを得られ

    幸せになりますように

    ココロからの願いを込めて

    只今準備中!

     

    「マリアは男の子を産みます。

    その名をイエスとつけなさい。

    この方がご自分の民を

    その罪からお救いになるのです。」

    (新約聖書 マタイの福音書1:21)

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     

     

    演奏されるお二人のご経歴は

    以下の通りです。

     

    新田昌弘氏プロフィール

    津軽三味線 新田流二代目

    北海道札幌市出身。父、新田流 家元「新田弘志」に影響を受け

    14歳から津軽三味線を始め、7ヶ月後に1998年津軽三味線東京大会中高生の部で優勝する。

    その後2000年、01年、02年の全国大会で連覇する。

     

    海外公演ではアメリカ、ベルギー、アイルランド、ロシア、スペイン、メキシコ、韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、ラオス、コスタリカ、トリニダードトバゴ、

    ドミニカ共和国など世界各国で演奏する。

     

    又、サウジアラビアでは国王主催の「ジャナドリア祭」に

    招待され国際交流基金を通じて国際文化芸術交流に貢献し、

    二度に渡ってサウジアラビアで演奏する。

     

    個人のみならず父とのユニット「新田親子」として

    ペンシルバニア大学からの要請で伝統文化のレ クチャーを務める。

    津軽三味線DUOユニット[OYAMA×NITTA]としては

    2011年小沢征爾氏が芸術監督をする

    「JapanNYC」inカーネギーホールで津軽三味線だけのフルコンサートを実現。

     

    翌日米国で有名な「The New York Times」の一面の載る。

    独自に研究した匠なテクニックで様々な楽器とのコラボで

    津軽三味線の魅力を多いに発揮するコラボ三味線奏者として活動する中、

    舞台音楽の作曲や編曲、

    映画出演(オーバー津軽三味線 新田昌弘 Masahiro Nittaドライブ)

    など幅広く活動する。

    教育的活動では公益財団法人日本青少年文化センターからの要請で

    十年以上に渡り全国各地の小中学校にて公演を行っている。

    インターネットでは、

    国際三味線協会「Bachido(撥道)」を発足に携わり、

    サンフランシスコや、ドイツでワークショップを開催するなど、

    海外の人向けに三味線奏者育成を行っている。

    北海道の活動では地元の小中学校の公演を始め、

    「YOSAKOI ソーラン祭り」の作曲、

    和POPバンド「Ezo'n」を結成し、

    古典的な楽曲をアレンジし若い世代に向けた音楽を発信、

    又、独自に「札幌国際三味線フェスティバル」を開催するなど、

    「伝統音楽の継承活動に力を入れている。

    昨年の12月には「嵐/RASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」

    札幌ドーム公演に三味線隊の一員として参加。

     

     

    しんた氏プロフィール

    -Shinta-和太鼓

    1985年生まれ、北海道安平町出身(安平町観光PR 雪だるま大使)。

    10才より地元の太鼓グループで和太鼓を始め、

    18才の時から「鼓童」に3年間在籍し

    2006年より北海道を中心としたソロ活動を始める。

    太鼓と踊りの関係に自分のスタイルを見いだし、

    アフリカ、ブラジル、アジア各国のダンスミュージックをアレンジした

    新しいスタイルは行く先々で大成功を収める。

    また“太鼓マスターズ”のメンバーとして、

    世界バレー総合開会式や、第1回野口英世アフリカ賞」

    の授賞式及び記念晩餐会(天皇皇后両陛下御出席)において

    歴代総理大臣をはじめ、

    アフリカ各国の大統領や国王の前での演奏。

    4回アフリカ開発会議記念コンサートでは

    アフリカン・パーカッション界の至宝

    「ドゥドゥ・ンジャエ・ローズ(人間国宝に認定)」との共演。

     

    「ヨコハマ開港150周年祝祭コンサート」、

    「木蘭 ~Mulan~上海万博/上海国際芸術祭記念日中友好歌劇、

    「韓国・麗水世界博覧会」、「ポートランド日本庭園50周年記念式典」、

    スペインイビザ島での世界最大のダンスパーティーでの演奏。

    ほかにもサウジアラビア、コスタリカ、トリニダード・トバゴ、ドミニカ共和国、

    トルコ、シンガポールなど海外でも数々の演奏を重ねる。


    道内では和ポップバンド「Ezo'n」に参加し、

    和太鼓ユニット「音鼓衆」を結成しプロデュースする。

    20142015年と「ももいろクローバーZ〜桃神祭〜」や

    ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism東京ドーム公演に

    和楽器隊として参加するなどテレビ、ラジオ、新聞、CM出演など、

    メディアにも多く取り上げられ演奏活動は多岐にわたる。

    学校や幼稚園など教育機関でも積極的に演奏を行い、

    全国ジュニアコンクール出場チーム,

    海外チームの指導など後継者の育成にもも力を注ぐ。
    北海道から世界へ、

    常に新しい太鼓音楽を発信し続けている

    「しんた」の活動から目が離せない。

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 08:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    akikoさま、コメント感謝します!標茶からおいでいただけるとはとても嬉しいです。会場となるコア大空は、市の施設で、当日も4時まで、また7時からそれぞれサークル活動が入っていて、1時間での準備、30分での撤収となり、特に音響準備がスムーズにいけるようにお祈りいただけると感謝です。これを契機に釧路で新田さん主催の三味線教室を教会で開くことを
    計画中です。どうぞお祈り下さい。太鼓の音は心臓の鼓動とも
    通じるそうで、娘さんの魂に響かれたのですね。主の十字架の福音が一人でも多くの方々のお心に届きますように・・・。
    | Hiro | 2017/11/22 9:08 AM |
    標茶でも秋にコンサートがあって、6歳の娘と一緒にたまたま見に行ったら、娘が太鼓のしんたさんの演奏に夢中になり、「和心ブラザーズ」のコンサート予定をチェックしていたら、今こちらのコンサート情報を見つけました。福音館の主催だったとは、二重の驚き、喜びです!テレビのライフラインで新田さんのアメージンググレースを聞いたことがあり、生で聴けるのが楽しみです。母(友の会でお世話になっています)も誘ってぜひ見に行きたいです。コンサートをきっかけに、たくさんの方がイエス様のことを知ることができますよう、お祈りしています。
    | akiko | 2017/11/17 9:13 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585552
    トラックバック