<< 雨降って地固まる | main | 「テーピングの恵み」 >>
「子育ての勘所」(ママサロン)
0

    2017.6.8

    外は雨、会堂では

    ママさんたちの小さなおともだちの元気な

    声が響きます。

    今月のママサロンは

    楽しいパンケーキパーティー

     

    クリームに

    パイナップルや

    イチゴや

    ブルーベリーや

    オレンジを

    のせて

    美味しく食べました!

     

     

     

    食べる時は黙々と・・・

     

     

    おいしくほおばって・・・・

     

    遊びながら・・・るんるん

     

     

    ママさんたちと

    夫婦の子育てについて

    10分間の学びのときをもちました。

     

    (マタイの福音書18:10

    あなたがたは、この小さい者たちを、

    ひとりでも見下げたりしないように気をつけなさい。

    まことに、あなたがたに告げます。彼らの天の御使いたちは、

    天におられるわたしの父の御顔をいつも見ているからです。

     

    (伝道者の書4:9〜10

    ふたりはひとりよりもまさっている。ふたりが労苦すれば、

    良い報いがあるからだ。どちらかが倒れるとき、

    ひとりがその仲間を起こす。

    倒れても起こす者のいないひとりぼっちの人はかわいそうだ。
     

    子育ては

    夫と妻の共同作業


    父親と母親が

    同じ基準で子育てに当たることが大切

    (これがなかなか難しい)


    子どもの前では

    夫婦はお互いを批判し合わない!


    特に、子どもの躾や、

    教育の仕方について

    意見の相違を、

    子どもの前では

    論じ合わない!


    夫が子どもを指導している最中に、

    妻は、その場で異論をとなえない!


    また、妻が子供に指導している時も

    夫は妻の指導を尊重する!

     

    繊細な子どもたちは

     

    「ぼく(私)のせいで

    お父さんと、お母さんはけんかをしている。

    ぼく(私)はいけない子なんだ」

    と不必要な罪責感を抱いたり

     

    父母の力関係を想像したり

     

    「顔色をうかがいながら」

     

    「ぜったいてきなものってないんだな・・・」

    と考え

    信頼するものを得られない

    不安感を覚える可能性があります。

     


    父母の

    お互いの意見の食い違いは後で、

    子供の居ないところで、

    夫婦で話し合い意見の調整をすることが

    賢明です!


    「そんなことしていると、大人になるとお父さん

    (お母さん)のようになるよ!」は禁句

     

    ママたちへ

    こどもを愛すると言うことは

    第一に

    その子の父親を敬うと言うこと

     

    パパたちへ

    こどもを愛すると言うことは

    第一に

    その子の母親を大切にすると言うこと


    (エペソ人への手紙5:22-25

    夫は妻のかしらであって、

    妻たちは夫に従うべきです。

    そして夫は自分の妻を愛しなさい。

     

    ・・・・

    ここまでお読みくださって

    振り返ってまずかったな〜と

    心当たりのおありの方は、

    たとえば以下のように

    お祈りなさることを

    お勧めします。

     

    「神さま、子どもの前で妻につらくあたってしまった

    私をおゆるし下さい。」

     

    「神さま、子どもの前で、夫にガミガミ小言を言ってしまった

    私をおゆるし下さい。」

     

    「神さま、子どもたちの前で、口げんかしてしまった

    私たち夫婦をおゆるし下さい。」

     

    私が

    札幌在住の

    中学時代

    2年上の先輩は

    クリスチャンホームの

    一人っ子でした。

     

    先輩は

    学力優秀で

    後に

    東大現役合格し

    医学部で精神医学を

    勉強され

    現在、看護大学の先生で

    保健体育の教科書づくりや

    メンタルヘルスの分野の第一線で

    貢献なさっておられます

    (この、夏、釧路に来られるかも!)

     

    その先輩から伺った話ですが

     

    父親と

    意見が合わない時

    たとえ先輩の意見の方が

    筋が通っていたとしても

     

    母親は

    必ず夫である父親を尊重する

    態度を取られたそうです。

    そして、

    父親に対して

    不遜にふるまうことがないように

    先輩をたしなめたそうです。

     

     

    「クリスチャンホームに

    流れる

    聖書の家庭観って

    この世と違って

    よくわかんないけど、

    すごいなあ」と、

     

    仏教の家庭で

    生まれ育った私が

    クリスチャンホームに

    あこがれというか

    興味を抱いた

    最初の思い出です。

     

    (創世記2:24)

    男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となる


    夫婦が尊び合うことこそ、

    健全な子育ての土台

    子供自身が幼い時から、

    親に対して尊敬の念を抱けることは

    幸いなこと


    目に見える親への尊敬は、

    目に見えない神に対する尊敬へと

    育っていくことが

    期待できます

     

    過去の歴史で

    「神はいない」と唱えた

    唯物論者の方々の中には

    生い立ちの中で

    父親の愛というか父性愛というか

    絶対的な規範や

    無条件の愛を

    受けられない痛みを

    通られた方々が

    少なくないようです。

     

    悪者は高慢を顔に表わして、

    神を尋ね求めない。

    その思いは「神はいない。」の

    一言に尽きる。

    (旧約聖書 詩篇10:4)

     

     

    子どもたちよ。主にあって両親に従いなさい。

    これは正しいことだからです。
     「あなたの父と母を敬え。」

    これは第一の戒めであり、

    約束を伴ったものです。すなわち、
     「そうしたら、あなたはしあわせになり、地上で長生きする。」

    という約束です。
     父たちよ。あなたがたも、

    子どもをおこらせてはいけません。

    かえって、主の教育と訓戒によって育てなさい。

    (新約聖書 エペソ人への手紙6:1〜4)

     

    子育てのゴールは

    どこにあるのかな?

     

    「一人前の人間に成長する手助けをすること」

     

    と答えることが

    できるかもしれませんが、

     

    では「一人前」とは?

     

    それは、

     

    「絶対者である神を恐れ愛し

    自分と同様に隣人を愛する」ようになること・・・

     

    成長させて下さるのは

    神様!

     

    次回、7月のママサロンは

    7月6日(木)午前10時半〜

    (場所:釧路キリスト福音館

    釧路市桜ケ岡7−42−4

    電話:0154−92−0607)

     

    10分間の

    子育てについて聖書からのトークタイムも

    あります。

    ベビーシッターのご奉仕をしてくださる

    優しさに満ち溢れた

    先輩ママさんたちがいらっしゃるので

    心強いですよ!

    初めてのママさんも

    大歓迎!

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 10:16 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    Edelさんコメント感謝します。こどもたちと共に礼拝をささげられることは何と幸いなことでしょうね。
    | Hiro | 2017/06/17 2:32 PM |
    主の御名を賛美します。
    子どもたちの元気な声が響き渡る教会は幸いですね。
    私たちの教会も他の例に漏れず
    高齢化の波の中にありますが
    子どもたちが元気を分け与えてくれます。
    抜け目のない神に感謝!
    | Edel | 2017/06/15 9:15 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585392
    トラックバック