<< 「出所間近?」 | main | そこでしか味わえない「甘さの極み」 >>
筋の通った「蕗」
0

    ご近所でお一人暮らしをされているご婦人から

    おいしい蕗のおすそ分けをいただきました。

     

    ご親切に

    すでにゆでて、

    ゆがいてくださったので

    さっそく晩に

    お味噌汁に入れて

    食べさせていただきました。

     

    みずみずしてくてとても

    おいしかったです。

     

    私は東京で生まれ

    小学校2年生の時

    上野発の夜行列車と

    青函連絡船を乗り継ぎ

    北海道に渡って

    上芦別について

     

    そこで

    生まれて初めて「蕗」を食べた時

    のことは今でも忘れられません。

     

    くさくて苦くて、

    とても抵抗を

    覚えたものです。

     

    北海道で生きていくって

    なかなか大変なことだと

    思った瞬間でした。

     

    少年の私は

    「北海道」の人は

    こんなまずいものを

    にこにこしながら

    「分けてもらった!」と

    喜んで

    よく食べられるなあと

    感心してしまったものです。

     

    しかし不思議なもので

    食べ慣れていくうちに

    徐々に食べられるように

    なってまいりました。

     

    蕗が体に良いものであることを

    知ったのは、

    ずいぶん後になってからのことでした。

     

    少年時代の私は

    蕗は北海道にしかないものなんだろうと

    思い、

    「きっと、北海道の人は

    食べるものがなくて

    そこらへんの草を

    摘んでやむを得ず食べるんだろうなあ・・・」

    そう思ったものです。

     

    ところで

    蕗は日本原産の山菜

    なんですってねえ。

     

    100グラム中97.4%は水分だそうで、

    下記のものが

    微量ですが含まれているそうですね。

     

    ・B-カロテン
    強い抗酸化作用があり、細胞を修復させたり、

    若返りを促す効果がある。動脈硬化を防ぐ役割も。

    また、ビタミンAとして働くこともあるため、

    夜盲症などを防ぐ効果も。

     

    ・ビタミンB2
    脂質や、炭水化物、タンパク質の代謝を促す。

    細胞の若返りや、ダイエットになくてはならない栄養。

     

    ・ナイアシン
    脳神経が、正常に働くことへの手助けをしたり、

    皮膚の粘膜の健康維持を促す。

     

    ・クロロゲン酸
    クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で、

    活性酸素を抑えるための強い抗酸化作用があり、細胞の若返りを促す。

    また、免疫力を高める効果があるため、

    風邪などの病気を予防したり、

    動脈硬化などを予防にも♪

     

    ・フキノール酸
    これも、ポリフェールの一種です。

    ふきの苦みの成分がフキノール。

    強い抗酸化作用があるため、活性酸素を抑え、

    細胞細胞の若返りと促す。

    良薬口に苦しとは

    まさにこのことですね。

    それにしても

    蕗のフキノール、覚えやすいですね!

     

     

     

    ・フキノリド
    ふきの匂いの成分。このフキノリドは、

    消化液を出すのを助けるため、

    胃腸の働きをととのえ消化を促す。

    私がこども時代、辟易した匂いの正体が

    このフキノリド!

    消火液を助ける素晴らしい働きを

    しているんですね!

    蕗のフキノリド、

    これも覚えやすい!

     

    ・カルシウム
    骨や歯を作るうえで必要不可欠な栄養。

     

     

    ・マグネシウム
    カルシウムと連携して、歯や骨の形成を促す。

    さらに、糖質や脂質などのエネルギーの代謝に必要な、

    酵素の働きを促す力がある。

     

    ・カリウム
    とりすぎたナトリウムを、

    体外に排出する。むくみ予防にも。

     

    蕗(100グラム中)に含まれる

    無機質成分を比較すると

    カリウム230ミリグラム

    ナトリウム22ミリグラム

    カルシウム34ミリグラム

    マグネシウム5ミリグラム

    リン15ミリグラム

    ・・・なので

    このカリウムが割合的には

    けた外れに多いですね。

     

    カリウムのおかげで

    塩分を排出して

    高血圧予防になるのですね。

     

    また唄にも出てくる

    「筋の通〜った蕗!」

    の食物繊維は

    100ミリグラム中1.1ミリグラムで

    これは他の野菜と比べると

    多いようです。

    多くの野菜は100ミリグラム中

    わずか1ミリグラムにも

    満たないそうです。

     

    便秘予防になり

    大腸がん予防にもなるようです。

    今日のお通じが

    良いのは

    もしかすると・・・・

     

    そのほか民間療法で

    蕗は咳を

    和らげる効果もあるのだそうです。

     

    こういうふうに蕗をながめて見ると

    少年時代

    「なんでこんな美味しくないものを

    食べるのか?」という

    疑問が「ふき」とんでいくようです。

    かつては毛嫌いした蕗ですが

     

    今では

    さまざまな疾病を

    未然に「ふき」とばしてくれる蕗を

    食料として賜る神様に

    心から感謝しています。

     

    我が家の「ふき」んにも

    たくさん見かけますね〜。

     

    ところで

    「お弁当ばこの唄」の歌詞

     

    「すじのとぉったふ〜き!」

     

    息子たちが

    幼少時代

    一緒によく唄ったものです。

     

    われわれ人間がなすわざは

    筋が通らないことが

    しばしば

    あるものですが

     

    創造主なる神様が

    なさることは

    いつも筋が通っていらっしゃる

    のですね。

     

    私の知人の父親で

    神主さんだった方が

    クリスチャンになられた話を

    思い出します。

     

    その神主さんは

    「人間は死んだら神様になる」と

    教えていたのですが

    罪深い人間が

    死ぬだけで

    どうして

    きよい神になれるのか

     

    自分が教えていることについて

    「筋が通っていない」

    「道理に合わない」と

    ひそかに煩悶されておられたそうです。

     

    その神主さんの

    息子さんが

     

    ある時

    聖書に出会い

    キリストを信じて

    クリスチャンになり

    神主である父親に次のように語ったそうです。

     

    「罪深い人間の罪を背負って

    罪のない主イエスが

    身代わりに刑罰を受けるべく

    十字架に架かられたんだよ。

    主イエスを信じることで

    主イエスの流された血に免じて

    罪が赦しきよめられ

    立場上

    神の子とみなされて、

    それで

    きよい天国へ入ることができるんだよ・・・」

     

    お父さんの神主さんは

    その話を聞いて

     

    「赦し、きよめられてそして・・・」

     

    「それなら、筋が通っている!」

    「道理にかなっている!」

    そして主イエスを信じて

    クリスチャンになられたそうです。

     

    その神主さんの息子さんは

    やはり別の神主さんの娘さんで

    クリスチャンの方と

    ご結婚されて

    牧師さんになられるのですが

     

    この息子さんの父親だけでなく

    そのお嫁さんのお父様の神主さんも

    同様にクリスチャンになられたそうです。

     

    神様のなさることは

    本当にいつも

    筋が通っておられます。

     

    しばしば

    私たちのちっぽけな頭で考えると

    「神様!筋が通っていないんじゃありませんか!

    なぜ、こんなことが起こるんですか!」

    と混乱することが

    あります。

     

    それは

    あたかも

    少年時代の私が

    「こんなに匂いも味も

    美味しくないものを食べるなんて

    筋が通っていない!

    道理に合っていない」

    と幼い感覚で

    反応したのと似ています。

     

    神様のなさる「筋」「道理」を理解するには

    ある程度、時を隔てることも

    必要のようです。

     

    また神様ご自身が

    気づかせて下さらないと

    分からない類のことでもあるようです。

     

    6月は

    蕗が美味しい季節

    蕗の透きとおった筋を眺めつつ・・・

     

    今日私たちが

    直面するあらる出来事の中にも

    神様が通される筋が

    少しでも

    うっすらとでも

    透けて見えたら嬉しいですね!

     


     

     

    私は心を転じて、知恵と道理を学び、

    探り出し、捜し求めた。・・・

    (旧約聖書 伝道者の書7:25)

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 10:01 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    もんじパパ様、コメント感謝します。おいしそうな食べ方ですね。塩漬けのチャーハン、ぜひ、食べてみたいものです。あく抜きをした上で色々な味付けが可能なのですね。ぜひ試してみたいです。それにしても蕗を食べたせいか、腸の働きが快調で、ガスがよく出て、腸内が一掃されて、感謝です。
    | Hiro | 2017/06/01 9:28 PM |
    山形牧師、私も東京育ちですが、「蕗」はよく食べました。青い状態でなく醤油で煮たのか茶色くしてたのを覚えています。夏になると蚊と闘いながら「ミョウガ」を庭先からとったものです。あと、大葉なのですが穂紫蘇の実を塩漬けのも覚えています。この塩漬けをチャーハン風にするととても美味しいです。
    | もんじパパ | 2017/06/01 8:58 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585380
    トラックバック