<< 「二羽の小鳥」 | main | 「マットレスの上の恵み」 >>
「三時の天使」
0

    三時の天使

     

    釧路市白樺台に

    お住まいの友人から

    毎日3時になると花が咲くと言う

    「三時の天使」を見せていただきました。

    とても可憐なやさしさあふれるお花です。

     

    小さな蕾から爆(は)ぜるように花が開くから

    「ハゼラン」と呼ぶそうです。


    「蘭(ラン)」の名前が付いていますが


    松葉牡丹と同じスベリヒユ科のお花に

    分類されるそうです。


    この
    「ハゼラン」
    には別名が色々あるようで 
    「三時花」「三時草」

    「三時の貴公子」「三時のあなた」
    「午後三時の天使」「三時の乙女」

    ・・・いずれも三時に咲くことから

    「三時の・・・」とつく

    ようです。

     

    花より団子世代の私にとっては

    「三時のおやつは・・・」と

    思いめぐらしやすいのですが

     

    それにしても

    毎日同じ時刻に咲く花が

    あるなんて

    知りませんでしたので

    このような花を造られた

    創造主の素晴らしさを

    改めて

    ほめたたえるばかりです。

     

     

    3:1 天の下では、何事にも定まった時期があり、

    すべての営みには時がある。


    3:2 生まれるのに時があり、死ぬのに時がある。

    植えるのに時があり、植えた物を引き抜くのに時がある。


    3:3 殺すのに時があり、いやすのに時がある。

    くずすのに時があり、建てるのに時がある。
    3:4 泣くのに時があり、ほほえむのに時がある。

    嘆くのに時があり、踊るのに時がある。


    3:5 石を投げ捨てるのに時があり、石を集めるのに時がある。

    抱擁するのに時があり、抱擁をやめるのに時がある。


    3:6 捜すのに時があり、失うのに時がある。

    保つのに時があり、投げ捨てるのに時がある。


    3:7 引き裂くのに時があり、縫い合わせるのに時がある。

    黙っているのに時があり、話をするのに時がある。


    3:8 愛するのに時があり、憎むのに時がある。

    戦うのに時があり、和睦するのに時がある。


    3:9 働く者は労苦して何の益を得よう。
    3:10 私は神が人の子らに与えて労苦させる仕事を見た。


    3:11 神のなさることは、すべて時にかなって美しい。

    神はまた、人の心に永遠への思いを与えられた。

    しかし、人は、神が行なわれるみわざを、

    初めから終わりまで見きわめることができない。

    (旧約聖書 伝道者の書3:1〜11)

     

    人生も

     

    咲くのに時があり、

    しぼむのに時がある、

     

     

    そういえば

    主イエスが十字架で息を引き取られたのは

    午後三時ごろですね。

     

    この「三時の天使」のお花が咲くのを

    見るたびに

     

    ああ、

    主イエスの

    いのちがけの

    愛を想起させていただける

     

    我が家のお庭にも

    あったら嬉しいなあと

    思いました。

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585364
    トラックバック