<< 春採湖「只今、氷解中」 | main | ハッピー・イースター! >>
「本物確認」
0

    釧路市内の某レストラン

    店内の一角に

    「睡眠中」と書かれた表示の下の

    まあるいベッドに

    かわいらしい猫ちゃんが

    丸まって

    気持ち良さそうに

    横たわっていました。

     

    写真を撮って

     

    静かに近づいて

    そっと

    触れてみると

    なんと木でできたお人形でした。

     

    私も私の隣にいた息子も

    「本物かどうか」

    触るまで

    見分けられませんでした。

     

    今春から

    神学校で学び始める息子と

    昼食をとりながら

    「歴史神学」の話を

    しました。

     

    過去の歴史は

    現在、キリスト教界で

    起こっているさまざまな

    「新しい教え」が

    本物かどうか
    判別する

    一つの手掛かりとなる・・・と。

     

    興味深いことに

    どんなに

    新しい異端といえども

    歴史的に見ると

    古い異端の「形を変えた焼き直し」である場合が

    多いように思います。

     

    翻って、今日の世界情勢

     

    朝鮮半島が緊迫度を増し

    聖書の終末預言を

    彷彿させるような

    世界のあちこちから

    伝わってくる

    戦争や戦争のうわさ

     

    今日、世界は「情報戦」の様相を呈し

    情報もリソース次第で

    本物かどうか

    確かめるのが困難な時代

     

    猫の置物が本物かどうか

    「触るまで」わからなかったことで

    深刻な事態に

    陥ったわけではありませんが、

     

    「触ってから」気づくのでは遅い、

    「触ったら」命取りに

    なるような危険な「偽物」が

    私たちの周囲に

    ないわけではありません。

     

    わが国で

    一時期(2002年から2008年まで)

    「本人確認法」という法律が

    施行された時期が

    ありました。

    (その後、廃案になりましたが)

     

    「本人かどうか紛らわしいので

    確認するための」金融分野での

    法律でした。

     

    本人確認が

    困難な

    時代に入っていることは

    確かなようです。

     

    「見て」「聴いて」「触れて」「味わって」

    そこで初めて、確認できる

    「ほ・ん・も・の」があるはず!

     

    本物の「愛」

    本物の「いのち」

    本物の「ことば」

     

    皆が「本物」を探し求めている時代・・・

     

    私たちに

    本物の

    喜びを与える

    究極のリアリティー

    それが

    主イエス・キリスト

     

    これ以上の

    「ほんもの」はありませんね!

     

    新年度スタート

     

    ほんものとの出逢いを

    求められてやまない方と

    ご一緒に

    聖書を学べたら嬉しいです

    (ご希望の方はご連絡くださいね

    0154−91−5729

    09068746372)

     

    1:1 初めからあったもの、

    私たちが聞いたもの、

    目で見たもの、じっと見、

    また手でさわったもの、

    すなわち、いのちのことばについて、
    1:2 ――このいのちが現われ、

    私たちはそれを見たので、

    そのあかしをし、

    あなたがたにこの永遠のいのちを伝えます。

    すなわち、御父とともにあって、

    私たちに現わされた永遠のいのちです。

    (新約聖書 1ヨハネ1:1〜2)

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 09:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    Mスクエア様、コメント感謝します。一見して写真の猫が本物でないことにお気づきになれたとはすごいですねえ。私はどう見てもわかりません。世界情勢が緊迫を深める中、日本国内でも悲しい出来事が多いですね。「誰も信じられなくなる」状態だけは避けたいものですね。小さな信頼関係が大きな一歩につながるようにお祈りするばかりです。
    | HIro | 2017/04/07 8:21 PM |
     山形牧師様

     写真の猫、確かに本物ではないですね。 一見して分かりました。

    が、最近は、牧師様のような清く正しい人だけでなく、「悪意を持って騙す人」も増えて来ましたね。

    確かに、私も仕事柄 本人確認の際に、免許証の提示を求めることがありますが、それが本物か否かさえ疑う時代ですものね。
    やはり、その人を見て、聞いて、確かめて、五感を使って対応するしかありませんね。

    それでも、騙されるんですから、やはり、この世は難しいです。
    この日本ですらそうですから、海外では・・・・

    もっと、牧師様の仰るような世界が、人が 上手く行くような時代は来るのでしょうか?
    | Mスクエア | 2017/04/07 7:57 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585319
    トラックバック