<< 究極の「明け渡し」 | main | 「人はなぜ、死ぬのでしょう?」 >>
釧路市手話言語条例制定!
0

     

    2017.3.17

    釧路市議会で

    手話が言語として条例で

    制定されることになりました!

     

    おめでとうございます!

     

    釧路市HPで

    市長さん自ら華麗な手話でごあいさつ

     

    釧路市HPで

    手話動画で

    基本的なあいさつ表現を

    学ぶことができます。

     

     

    昔インターネットが

    普及していなかった時代は

    こういうツールを使って

    学んだものです。

     

     

    私がかつて手話を学ぼうと思ったのは

    決してウルトラマンに

    感化されたからではありません。

     

    30数年前

    高校時代、

    恩師の英語教師が

    授業中、手話を使って

    ろうあ者とお友達になることの

    楽しみを話してくれたのが

    きっかけで

     

    私も大学時代

    短い間でしたが

    釧路手話の会に

    参加した時期がありました。

     

    かつて釧路駅近くにあった

    長崎屋の「ニシムラ」さんで

    ドキドキしながら

    手話を使って

    ケーキを

    買ったのも

    あの時期のことでした。

     

    城山のO金物店のご主人が

    手話の達人で

    屈託のない笑顔で

    私にとてもよく教えてくれたものです。

     

    あの当時

    手話の会には

    ざっと見積もって

    30人前後おられたでしょうか。

     

    例会が終わると

    釧路駅前の喫茶店ローリエに

    ろうあ者の方と

    コーヒーを飲みながら

    交流をさせていただいたものです。

     

    ろうあ者の方の

    豊かな身体表現にとても驚き

    感銘を受けたものです。

     

    われわれ日本人はえてして

    感情表現が乏しくて

     

    都会に行くほど

    能面のような表情で

    生活している人が

    多く、

    微笑んでいると

    「この人おかしいんじゃないか?」

    と思われかねない

    雰囲気さえあります。

     

    その点、

    私がお会いした

    ろうあ者の方々は

    コミュニケーションの手段として

    手話を用いながらも

     

    手話に頼ることなく

    手話以上に

    豊かな表情で

    体全身を使って

    コミュニケーションを

    とっているようにさえ思いました。

     

    「伝えたいと言う気持ち」が

    何よりも

    コミュニケーションでは

    重要なんだと思わされたものです。

     

    創造主なる神が

    人間にお与えになっておられる

    喜怒哀楽の表情を

    自由自在に用いておられる様子を見て

    ああ、これが本来の

    あるべき人間の姿ではないかと

    思ったものです。

     

    中学教員時代のこと

    浜中町立茶内中学校に赴任した折

    コミュニケーションクラブというものを

    生徒と立ち上げたことがありました。

     

    そこで生徒たちといっしょに

    ビデオで

    手話を学んだのも懐かしい思い出です。

    あれから二十数年たちました。

     

     

     

     

     

    インターネットが普及していなかった時代は

    こうやって学びました。

     

     

     

    今月初め札幌で行われた

    ケズイックコンベンション

    という聖書講話では

    英国人講師のメッセージを

    日本語に訳す通訳者のほかに

    手話通訳者が複数おられて

    交代交代に

    メッセージを

    手話で訳されていました。

     

    毎週日曜日

    教会での礼拝説教も

    ボランティアで

    手話通訳して下さる方が

    おられて

    ろうあ者の方々も

    ご一緒に

    神のみ言葉である

    聖書を学ぶことができたらと

    願い祈っています!

     

    ところで

    今も「釧路手話の会」が存続しているのかなあと

    思って調べてみました。

     

    ご興味の御有りの方は

    ぜひご連絡されてみてはいかがでしょう。

     

    釧路手話の会例会

    夜間部
    毎週木曜日 19:00〜21:00
    釧路市身体障害者福祉センター2階 集会室

    昼間部
    毎週金曜日 13:30〜15:30
    釧路市総合福祉センター4階 会議室


    お問い合わせは
    senntyoukyou3@ezweb.ne.jp
    090-2059-0187(清野)

     

     

    「イエス・キリスト」を表す手話表現は

    なんと万国共通だそうです!

     

    20:26 八日後に、弟子たちはまた室内におり、

    トマスも彼らといっしょにいた。戸が閉じられていたが、

    イエスが来て、彼らの中に立って

    「平安があなたがたにあるように。」と言われた。
    20:27 それからトマスに言われた。

    「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。

    手を伸ばして、わたしのわきに差し入れなさい。

    信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」
    20:28 トマスは答えてイエスに言った。「私の主。私の神。」
    20:29 イエスは彼に言われた。

    「あなたはわたしを見たから信じたのですか。

    見ずに信じる者は幸いです。」

    (新約聖書 ヨハネの福音書20:26〜29)

     

     

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!

     

    カテゴリ:- | 09:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585299
    トラックバック