<< 成長したね! | main | 「人生の走り方」 >>
スマホ依存脱出のカギ
0

    私が昨年東京で味わった

    「変な人?」体験

     

    2017.2.15

    ついに日本小児医師会・日本医師会が

    スマホ警告ポスターを

    作ったことを

    発表しました。

     

    このポスターでは

    図解で

    スマホの使い過ぎによって

    失うものが6つ

    あることを指摘しています。

     

    学力

    体力

    コミュニケーション能力

    睡眠

    視力

    脳機能

     

    うーむ

    しかし

    青少年たちの多くは

    これら6つのものを

    たとえ失ったとしても

    「SNS上の(偽りの)安心感」

    失いたくないと

    思っているのではないでしょうか。

    ゲーム依存や

    ネットサーフィン依存もあるでしょうが

    むしろSNS依存が深刻かも

     

    「未読」で責められ

    「既読」で返信しないと責められ

    「不在」だと責められ

    ・・・

    いつも緊張感の中で生活を

    している青少年が

    少なくないのでは・・・。

     

    そこに共通してあるのは

    「他人の評価(視線)を気にしすぎる」心

    不安、恐れ、緊張

     

    依存症からの解放のカギは

    「ハイヤーパワー」(人間を越えた力)に

    依存すること

     

    スマホに限らず

    私たち人間が

    さまざまな依存すべきでないものに

    依存してしまう根本原因は

    真に依存すべきものに

    依存していないから

     

    「Aさんが、私のことを〜と思っている。どうしよう」

    「みんなが、私のことを〜と思っている。どうしよう」

    このような反応は

     

    他者の思いに依存していること

    自分自身の人生を

    他者にゆだねきっていて

    自分の生き方をしていないこと

     

    他人が自分のことをどう思うかは、

    本来、他人の「自由」。

     

    特に「好きか「嫌いか」を判断するのは

    個々人の自由。

     

    多くの若者が

    「嫌われる」→「価値がない」→「生きていてもしょうがない」

     

    という(悪魔が作り上げる)嘘を信じているように

    思います。

     

    解決のカギは

    ハイヤーパワーの存在を

    信じることにあります。

     

    ハイヤーパワーというのは

    よくAAなどの自助グループで

    行われる12ステップで

    遣われる用語で

    人間を越えた絶対者、創造主の

    存在のこと

    その方の「ことば」を聴きながら

    生きると言うこと。

     

    人間は他の動物と異なり

    「ことば」を聴かないと

    生きていけない存在です。

     

    そこで

    果たして

    「誰のことば」を聴きながら生きていくか?

    「誰のことば」によりすがって生きていくか?

    「誰のことば」を信じて生きていくか?

    「誰のことば」を土台にして生きていくか?

    それを

    選択するのは

    私たち一人一人の

    責任

     

    青年Aさんは、朝起きて、

    真っ先にスマホを手にする生活をしていました。

    そして他の人の生き方と

    自分を比較しては

    憂鬱な気持に駆られていました。

     

    そんなAさんは

    先週から

    朝起きて、

    スマホではなくて

    真っ先にバイブル(聖書)を開いて

    まず1日の最初に

    創造主のことばを

    聴いて1日をスタートすることにしました。

     

     

    1週間たって

    「どうだった?」と尋ねると

    Aさんは

    「ずいぶんと、変わりました!」

    と喜んでいました。

     

    偉大な創造主から

    自分が

    愛され、赦され、認められていることが

    わかると、

     

    ちっぽけな人間すなわち

    目に見える人(それが少数であれ

    多数であれ)の言葉や視線が

    気にならなくなるものです。

     

     

    ハイヤーパワー

    すなわち

    創造主なる神が

    自分のことを

    愛し、赦し、受け入れて下さることを

    信じられる

    決定的な証拠は

    イエスキリストの

    十字架の史実です。

     

    イエスキリストが

    罪ある私の身代わりに

    十字架で刑罰を受けられて

    死んでよみがえられて

    今も生きておられ

    信じる者の罪を赦し

    四六時中

    眼には見えなくても

    共におられ

    永遠のいのちを与え

    からだのよみがりを

    保証して下さると言う

    ビッグ&グッド・ニュース

     

     

    自分は不幸であると思える

    無数の理由(虐待苦、病苦、経済苦、人間関係苦、・・・)をあげたとしても

    神が私を愛しているという

    一つの事実の前には

    沈黙せざるを得ません!

     

    神は、実に、

    そのひとり子をお与えになったほどに、

    世を愛された。

    それは御子を信じる者が、

    ひとりとして滅びることなく、

    永遠のいのちを持つためである。

    (新約聖書 ヨハネの福音書3:16)

     

     

    スマホ(SNS)への

    依存は

    人への依存

     

    創造主に依存することで

    人への依存からは

    解放されます。

     

    人への依存から

    解放されると

    スマホ(SNS)依存からも

    解放されます。

     

    誰からも「いいね」

    と言われなくても

    大丈夫

     

    誰も自分の記事を

    シェアしてくれなくても

    大丈夫

     

    天地宇宙を造られたお方が

    「おまえ、そのものが、

    とてつもなく

    いいんだから!」

    そうおっしゃって下さる

    主イエスを見上げて

    今日も歩みましょうか!

     

    41:10 恐れるな。わたしはあなたとともにいる。

    たじろぐな。わたしがあなたの神だから。

    わたしはあなたを強め、

    あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。
    41:11 見よ。あなたに向かっていきりたつ者はみな、

    恥を見、はずかしめを受け、あなたと争う者たちは、

    無いもののようになって滅びる。
    41:12 あなたと言い争いをする者を捜しても、

    あなたは見つけることはできず、

    あなたと戦う者たちは、全くなくなってしまう。
    41:13 あなたの神、主であるわたしが、あなたの右の手を堅く握り、

    「恐れるな。わたしがあなたを助ける。」

    と言っているのだから。

    (旧約聖書 イザヤ書41:10〜13)

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 08:29 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    もんじパパさま、コメント感謝します!スマホでバイブル読める時代なんですね。私は、いわゆるガラケーでネット機能がないものであいにくバイブルを開けません。震災ボランティアで岩手に行った時に電気のつかない真っ暗闇でスマホでバイブル読んでいる人がいて、「ああ、こういう時はスマホバイブルがほしいな」と思ったものです。お仕事慣れましたか?4月にお会いできるの楽しみにしています。その時はぜひもんじたちにも会えると嬉しいです。
    | Hiro | 2017/02/17 10:09 PM |
    スマホ準依存症・・・かな。

    スマホを開かず、聖書を開くとありましたが、
    釧路の教会にお邪魔したときは、スマホで聖書を開いておりました。

    スマホって、便利ですね。


    山形牧師さん、4月上旬ころに北海道へ帰省したいと思っています。航空券を買うだけの懐がないもので・・・
    3泊4日の予定にしてます。
    もし教会に寄れたらと思ってます。
    | もんじパパ | 2017/02/17 8:26 PM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585272
    トラックバック