<< マリ天国へ | main | マリの追悼その2(春夏秋冬いっしょ) >>
マリの追憶その1(長男より)
0


    マリは4人兄弟でした

    (一番右側の白いわんちゃん)

     

     

     

    お母さんの名前は

    オリーブちゃん

     

    マリはとっても

    甘えんぼで活発な女の子でした

     

    幼いころから

    愛くるしく

    やさしさあふれたマリ

     

    長男から妻のラインに送られてきた

    メッセージを

    ご紹介します。

    妻のipadを見ながら

    息子の文章を

    pcに打ち込んでいますが

     

    涙で

    キーボードが

    ビチョビチョに・・・

     

    ああ、涙が止まらない・・・

     

    「真理との思い出を振り返っていきます。

     

     

    真理はイエス様の幼少期のように

    神と人とに愛された歩みを

    この地上において全うしたんだよなあと思います。

     

     

    僕が帰省した先月、

    真理と散歩した時、

    僕が懸垂をしたくなって

    真理のリードを木に

    くくりつけました。

    その間、真理は

    じっと僕の方を見つめたまま

    お座りをして

    僕の懸垂を眺めていました。

    僕も神様という自分の主人の前に

    従順な姿を示していきたい。

    そう思いました。

     

     

    真理は

    常に僕を励ましてくれる存在です。

    中学校の多感な時期において

    ちっちゃい真理は

    中学生の僕の腕の中で

    寒さをしのいでいました。

    あの光景はいつまでも忘れません。

    何に変えても真理を守ってやる。

    そう誓いました。

     

     

    高校の時

    勉強に疲れた僕を

    真理は励ましてくれました。

    時間を忘れて日光浴をする姿から

    自分は

    あるがままが受け入れられている。

    愛されている。

    何度教えられてきたことか。

     

     

    そして真理は

    突然神様のもとへ

    帰って行った。

     

     

    いつ絶えるかわからない自分の命

    限られた時間を真理のように

    自分に与えられた務めを全うしたい。

     

     

    世の終わりが盗人のように来るように

    いつ命がとられても

    神様に捧げきれる人生を歩みたい。

     

     

    そして

    天国に行った時に

    地上で過ごした真理との思い出よりも

    たくさんの時間を真理と共に

    過ごしたい。

    そして一緒に神様を

    ほめたたえたい!

     

     

    ヨブ記1章21節

    主は与え、主は取られる。

    主のみ名はほむべきかな。

     

     

    神様、この地上において

    真理との楽しい時間を備えてくれて

    本当にありがとう!

     

     

    そして真理!

    今度天国で再会するときには

    いくらでも

    ほっぺをなめていいからな!

    絶対に離さないからな。

    真理!天国に行った時には、

    僕が久しぶりに

    家に帰った時のように誰よりも早く

    一番に迎いに来てくれよ!

    ずっと離さないからな!!

     

     

    真理、本当に愛している。僕と出逢ってくれて

    本当に

    ありがとう!

    最高の思い出をありがとう!」

     

    息子たちの

    信仰成長にとって

    どれほど

    真理(マリ)の存在が大きかったことか・・・

    神の恵みの使者のよう

     

    長男が大学の卒論審査が

    無事通ったことが

    告げられた日に真理は

    この地上の生涯を閉じました。

    あたかも

    安堵する長男を祝福してから

    天へ行ったかのよう・・・

     

    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!
    カテゴリ:- | 08:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1585255
    トラックバック