<< 「勝海舟とゴスペル」 | main | 「望み得ない時の望み」 >>
「動けなくても大丈夫」
0

    朝陽を浴びて黙想中?のマリ

    心にカゼをひかれている
    Aさんからメールを
    いただきました。
    (一部変更してご紹介します。)

    「神様は、私を愛してくれるでしょうか?
    私は働くだけの力がありません。
    病気の力が強いせいか
    近くのお店には行けますが
    後はベッドで、あまり動けないです・・・。」

    私の返信
    「神様は、Aさんの存在そのものを愛しております。
    天のお父様は、
    わが子が
    活動的である時でも、
    身動きできずに
    伏せている時でも
    同じように
    大切に思って
    愛していてくださいます。

    むしろ天のお父様は
    病で苦しみ
    身動きできないでいるわが子には
    特別な関心を寄せて
    愛していてくださいます。

    身動きできない時は
    動ける時に
    感じることができなかった
    天の父の愛を
    たくさん
    たくさん
    感じて
    受け取ってよい時です。

    身動きできない時は
    天の父の優しいぬくもりを
    身近に覚えて
    天の父の静かなささやきに
    ゆったりと
    耳を傾けていい
    至福の時

    私は決してあなたを見放さず
    あなたを見捨てない

    と主イエスは
    語られます。

    わがたましいよ。
    なぜ、おまえは絶望しているのか。
    御前で思い乱れているのか。
    神を待ち望め。
    私はなおも神をほめたたえる。
    御顔の救いを。

    (旧約聖書 詩編42:5)

    今、こころに風邪をひかれて
    身動きできないでいるあなたに
    主イエスが
    語られます


    「(天地を創造し、歴史を支配し
    あなたを母親の胎で創造した)

    私の目に
    あなた
    (の存在そのもの)(私が十字架で
    いのちをかけるほどに)

    高価で尊い。
    (この地上の誰が何といおうと)
    私は
    あなたを
    (十字架でいのちをささげたほどに)
    愛している。」





    みなさまのワンクリックは
    大きな励ましとなります!



     
    カテゴリ:- | 08:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1584821
    トラックバック