<< 太陽が止まる奇跡・太陽が戻る奇跡 | main | TRIALオープン! >>
傷ついた夫たち妻たち
0

     今日は
    50代男性Aさん宅を
    うかがい
    お話をうかがいました。

    奥さんを
    殴ったことが
    きっかけになったというか
    決定打になったというか

    Aさんは
    妻子を失い
    仕事を失い

    現在は
    お1人暮らし

    精神的に
    追い詰められて
    朝から叫んだり
    自らの腕をかじる
    自傷行為に
    及んだり
    して
    心の苦悩を
    吐き出す場が
    ない混乱した状況に
    ありました。

    かつて
    奥さんに
    暴力を振るう
    典型的男性の
    イメージとして

    お酒を飲んで
    酔っ払って
    暴力に及ぶ
    男性のイメージや

    ギャンブルや
    女遊びに
    ふけって
    暴力に及ぶ
    男性のイメージ
    をもったことがありましたが

    Aさんは
    お酒は一滴も飲まず
    ギャンブルも皆無
    まして女遊びも皆無

    まじめで
    社会的にも
    尊敬される
    立場の
    男性です。

    光熱費を節約するために
    日没後は
    布団にくるまり
    懐中電灯での生活が
    続いているAさんです。

    かつては
    雨水さえも
    貯水し
    それを
    トイレの排水用に
    用いて
    水道代の節約に
    努めた事もあるAさんです。

    東北地方の
    話ではありません。

    奥さんを殴ってしまった
    Aさんは

    殴るまでの
    長い間

    その怒りの
    積算量は
    徐々に
    増えて

    まさに
    福島原発
    周辺地域の
    放射能積算量のように

    ある時

    ついに
    危険値を越えて
    しまったようです。

    奥さんに暴力を振るう男性は
    「とんでもない悪党」

    というイメージを
    もたれがちですが

    Aさんは
    自分自身の怒りを
    コントロールするために
    相当の努力を
    してきたようです。

    感情を制御しきれない
    自分が
    何をしでかすかわからない
    不安に
    かられたAさんは

    ある時に
    深夜に
    家中の包丁類を集めて
    鍵のついた
    所に
    隠してしまった
    こともあったそうです。

    それほど
    自分の内側に
    蓄積される怒りの
    積算量の大きさに
    恐れを抱いたのです。

    温厚そうで
    まじめな男性なのです。

    なぜこの人が・・・
    と思われるかも
    しれません。

    今までのお話をうかがうと
    小さい頃から
    緊張感の漂う
    家庭環境の中で
    感情を押さえ込まれたような
    生活のなかで
    育てられて
    少年時代を
    送られてきたようです。

    怒りをふくめた
    いわゆる否定的な感情を
    押さえ込んで
    それらを
    表現する場がなく

    いわゆる
    我慢
    我慢の
    連続の生活を
    送ってこられたようです。

    「あの時
    もっと怒っても
    よかったのに・・・・」

    という場面がいくつも
    あったように
    思います。

    怒ってもいい時に
    飲み込んでしまい

    いつの間にか
    それが屈折した形での
    表現として
    爆発してしまったようです。

    今の日本の法律では
    殴ってしまったら
    たとえ夫婦であっても

    もう「悪者扱い」
    「犯罪加害者扱い」
    されてしまいます。

    そして
    それまで
    親しかった人々も
    去ってしまいます。

    夫婦問題と言うのは
    必ずしも
    どちらが
    加害者
    被害者
    と色分けする事が
    困難な場合もあります。

    ある場合は
    どちらも
    当事者といったほうが
    いいかもしれません。

    そして
    夫も
    妻も
    傷ついた心が
    あるので

    どちらも
    癒される必要が
    あると思います。

    DV男性が
    共通してもちがちな

    生い立ちの中で受けた
    癒されきっていない
    心の傷の問題や

    生育歴の中の
    父親
    母親とのかかわりの中で

    握りしめてしまったかもしれない
    歪んだ
    人生観や先入観や
    隠れた怒り、
    隠れた悲しみ
    隠れた憎しみ
    などが

    結婚生活の中で
    形を
    変えて出てきたようにも
    思います。

    それにしても
    問題が
    大きくなる前に
    何とか
    Aさんご夫妻が
    周囲から
    サポートを
    受けられなかったものか
    と残念で
    なりません。

    日本では
    夫婦間の
    問題を
    第三者に
    分かち合うことに対して
    羞恥心が
    働きます。

    まして
    社会的に
    ある程度の
    立場や
    職責のおありの方の場合
    問題を
    知られることに対する
    恐れも働きます。

    いつの間にか
    孤独になってしまいます。

    自分の苦悩を
    シェアできる
    仲間が
    本当に
    必要ですよね。

    暴力を振るわれた
    妻の側は
    不安と恐怖で
    びくびく状態にあると
    思いますので
    安心して生活できるように

    誰かがかくまってあげる
    必要があると思います。

    そして
    癒されるように
    手助けが
    必要です。

    それと
    同時に
    一方暴力を振るってしまった
    夫の側も

    自己嫌悪と
    怒り
    と罪責感で
    おどおど状態にあると
    思います。

    誰かが
    話を聞いてあげたりして
    癒しのプロセスを
    とおる必要が
    あるように思いました。

    誰もが傷ついて
    痛んでいるのだなと
    思いました。

    「落ちぶれてしまった・・・・」

    「何のために
    生きているのか
    わからない・・・」

    「体が
    動かなくて
    便秘状態・・・」

    と何度もため息をつく
    Aさんは

    生活の糧を得る
    手段も
    失い

    途方にくれておられました。

    その悲嘆にくれた
    表情が
    頭から
    離れないでいます。

    慰め主なる
    イエス様が

    Aさんと
    その奥さまを
    癒されますように

    イエス様は

    私たちの
    の罪と傷を背負って
    十字架で
    身代わりに
    痛みを受けて
    死んで
    よみがえられました。

    イエス様は
    この地上で
    もっとも
    傷ついた方ですので

    この地上で
    どんなに傷ついた人の
    傍らにもこられて
    同情し
    理解し
    慰めることが
    おできになります。

    ああ、私は悲しい。
    この傷のために。
    この打ち傷はいやしがたい。
    そこで、私は言った。
    「まことに、これこそ私が、
    負わなければならない病だ。」
    (旧約聖書 エレミヤ10:19)

    にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 釧路情報へにほんブログ村

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村















    カテゴリ:- | 23:00 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    Mスクエア様
    コメント感謝します。「人間は裸で、1人で生まれてきた・・」至言ですね。聖書の中で、愛する子供たちを失い、財産を失い、健康も失った苦難の人ヨブは次の様に告白しています。「私は裸で母の胎から出て来た。また、裸で私はかしこに帰ろう。主は与え、主は取られる。主の御名はほむべきかな。」〈ヨブ記1:21)
    | Hiro | 2011/06/01 7:01 PM |
    山形牧師様

     おはようございます。

    今回のブログ、5/16の「限界値」の時と同じように、拝読いたしました。

     限界値の時もそうでしたが、夫婦間でのトラブルは、「所詮は小さなこと。」が原因で、大きく果ては離婚・最悪の場合、殺人とつながっていくものですよね。
    やはり、相手とお話をして、日々、ガス抜きをされていればよかったのかなあと思います。
    まだ、Aさんは、別れただけだから良いです。

     トラブルの原因はいろいろでしょうが、やはり、普段からお互いをわかる努力をして、しっかり話をすることが、大事だと思います。
    夫婦にしても、恋人にしても、雇用者と労働者にしても、やっぱり赤の他人で、自分の考えを十分伝えないと、やはりうまくいきませんよね。
     
     今回、Aさんは不幸な状態に陥っておられますが、まだ、お互い元気で生きておられる、それだけで十分じゃないですか。

     これから、まだまだ、やり直せます。
    人生の最終章になったとき、ご自身が「いい人生だった。」と言えるように、これから、頑張って欲しものです。

    人間は、裸で、1人で生まれてきたんです。
    だから、生きている限り、失うものは何もないんです。

    私はそう思いますよ。
    | Mスクエア | 2011/06/01 11:30 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://yamagata.fukuinkan.sunnyday.jp/trackback/1582372
    トラックバック